FC2ブログ

大津守杯

7月5日土曜日。
大津守杯。
都府楼ファイターズ、初の雁ノ巣ソフトボール専用球場での試合。

ここ最近、どうも下り坂の雰囲気。
特に6年生。
毎年あることだが、『オーラ』とか『覇気』とか
『絶対勝つぞ~!!』って雰囲気がない。
結果以前の部分。
『気持ちがたらん!!』とか『変わらんか~!!』とか・・・
いろいろ言ってきたが、
やっぱり選手がその気にならないと…
それに自分達から気が付かないと…

今の状態の選手にこっちがガ~ンガン言っても
伝わるどころか、さらに引くのではないか???

今日、大会の目標と別にもう一つ。
『自分たちでやってみよう』を掲げた。

試合前の準備・・・
ん~・・・と思うとこがあっても
ぐっとこらえて…
お尻をさするようなことを言って・・・

言われてやるのは三流。と言ってきておきながら、
自分から行動を起こすような機会をなかなか与えられなかった。

大丈夫か???
いや、危ないな…
でも・・・我慢。
変わるきっかけになれば…

さあ、第一試合。
四球、バント、四球、四球、四球・・・
ワイルドピッチも絡んでノーヒットで2失点。
あ~このまま大崩壊か…
ぐっと我慢。
じ~っと我慢。
するとこの2失点でなんとか踏ん張った。
チームの雰囲気もそこまで沈んでない。
声もまずまず出ている。
その裏の攻撃。
さあ~反撃だ~。
と思いきや・・・
1,2,3番 3者連続三振。
・・・うっ・・・
・・・やばいか・・・
次の守りは立ち直り3者凡退に切って取る。
次の攻撃。
痛烈な一打で雰囲気をガラリと変えてくれた。
この日サードのポジションについたクマのプーさん。
20140705-1.jpg

都府楼が誇る歴代NO.1の4番。
たった一打で雰囲気を変える。
これがやっぱり4番やね。
この回1点返し、次の守り1点追加されるが、
最後の攻撃で上位陣がチャンスを作り、
またプーさんの痛烈な一打で同点。
20140705-2.jpg

ここから流れが都府楼にきて、なんと逆転サヨナラ勝ち。
試合開始直後の20分からは考えられないサヨナラ勝ち。


勢いの乗っていきたい第二試合。
初回にトント~ンと勢いに任せて2得点。
この勢いで~・・・
とはいかず・・・
1点、また1点と追いつかれ、
結局2-2の引分け。

でも、リンク決勝のタイブレークがある。
1試合あけてのタイブレーク。
ちょうど審判担当となり選手たちを見てやることはできなかったが、
『自分たちでやってみよう』にはうってつけ。
(ちょっと任せすぎか…)
審判担当の試合が終わり、選手を呼びに行かなきゃ。と思っていると
自分たちでグランドに入ってきた。
(あたりまえか・・・)
ユニフォームを取りに行って帰ってくると
準備完了の選手達。
(あたりまえか・・・)

タイブレーク。
先に2点を先行される。
ん~。と思うミスも絡んだが、
そこを言うことはせずに我慢。
雰囲気は悪くない。
なんとか1点返して、なおもツーアウト、2,3塁のチャンス。
一打サヨナラのチャンス。
バッター、せいちゃん。
努力は都府楼でも1,2位。
頑張れっ!!
1球目、空振り。
そして、涙目・・・
すかさずタイム。
『昨日の笑顔で自信持って、フルスイングしなさい。』
表情の硬さは変わらなかったが、どんどんタイミングがあってきた。

よく粘ったよな~。
最後のチェンジアップにバットが空を切った。

惜しかった。
あの場面で成梧に回ってきたこと。何か意味があるんだろうな。

1勝1分、タイブレークでやぶれ、予選リンク敗退後
20140705-3.jpg

少しだけ長いミーティング。

この日だけで一気に変わるとは思ってないが
変わるきっかけになれば…
明日また逆戻りしても、変わるために指導しなきゃ。

ガ~ンガンこっちが言えるぐらい、
グイッ、グイッ喰らいついてこい。

まってるよ・・・





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR