FC2ブログ

次男坊との会話

6月12日 木曜日
次男坊との会話。

寛:『今日風呂で髪を洗う時にリンス使ったけ~ん』
父:『え~っ』
  内心(お前の髪で…)
寛:『父さんの洗顔で顔も洗ったけ~ん』
父:『え~っ』  『なんで~?』
寛:『明日は誕生日やけん、誕生日はきれいにしとかな。』
父:『そうだな。誕生日を迎える朝はきれいにせんとな。』

しばらくして・・・

寛:『中学校行ってもボール受けてくれる?』
父:『なんで~?』
寛:『いやあ~ピッチャーやってみたいけん』

・・・今年に入ってから中学いったら硬式野球をやりたいとおねだり中…

父:『ほんとにやってみたいと~』
寛:『やってみたい』
父::『そんなもん監督さんが決めるとよ~』
寛:『わかっとる。でも、やってみたいっちゃんね~』
父;『そんじゃ~、おれもスラッガーのキャッチャーミットをオーダーしようかね。』
寛:『ちょっと待って~できんかったら、もったいないけん、中2になったら買いいよ。』
父:『そんなんやったら買わんでもいいやん。』
寛:『ピッチャーできんでも、自主練でピッチャーの練習やるけ~ん。』

しばらくして…

寛:『どうやったら、うまく投げれると~』
父:『まずは基本やね。』
そこから、身振り手振りで・・・
寛:『そうか~』

ってか、毎週ソフトの練習で言っとるやんけ~。
お前、そのたんびに『あ~だ、こーだ』・・・
口応えの連発。
言い訳の連発。

普段の練習じゃ~
寛:『今日は速いやろ~』
父:『ピッチャーは、コントロールやって』
  『もっと真剣にやらんか~』
寛:『やっとるやん。』
って、
もう嫌気がさすだろうな。って思いながらも、
都府楼ファイターズのピッチャーをやらせたのだから、
本人は渋々だが、
指名した監督として
ピッチャーを任せられた一父親として
半分以上無理矢理にやらせていた。

でも
今日、『中学いっても、また受けてくれる?』
って言われた時には・・・
嬉しかった。
本当に嬉しかった。

ここ2年グランドでは監督と選手、それもピッチャー。
家では親子だが、試合前と試合後は監督と選手。
家庭内でも険悪ムードの原因のひとつ。
夫婦喧嘩の原因のひとつ。
もう~や~めた。っと思ったことも、山ほど・・・


でも、思いもしなかった今日の一言は
嬉しかった。
スポーツマンとしてはてんでダメ。
だけど未熟な小学生の純粋な気持ちは真っ白。

今日は芋焼酎ではなく、冷酒。

いや~もうちょっとこの気分を味わいたい・・・

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR