FC2ブログ

西日本小学生筑紫地区大会

5月11日(日)
西日本小学生筑紫地区大会。

土曜日の練習、そしてこの日。
自業自得だが気が重たかった。
多少の不安もあった。

土曜、日曜の練習。
選手の取り組む姿勢に『喝!!』を入れないといけない時間帯も
普段通りには『喝!!』を入れられない。

でも試合では選手たちが頑張りました。
(打つ方はこの際置いといて…)
よく守りました。

ショート 真郷。
セカンド 望夢。
ライト  心南。
練習でできることを試合でもしっかりやりました。

練習でできないことは試合でできない。
練習でできても試合ではできない時もある。

この日は練習通りにしっかり守りました。
打球に対する出足が良かった。
躊躇することなく足が動いてナイスプレーの連続。
この日の2試合は守備力で勝ちました。
『守り勝つチーム』の試合をしてくれました。

もちろん寛太も満点の出来ではなかったが、
この試合をむかえるにあたっての気持ちや精神面を考えると
よく踏ん張った。
寛太は良いも悪いも気持ちがボールに乗り移る。
両方極端に出る。
淡々と、飄々と投げるタイプではない。
だからと言って良いとも悪いともいうわけではない。
この日はやっぱりベストの覇気ではなかった。
でも、なんとかかんとか試合を作った。
もちろんバックのナイスプレーも相乗効果を生み出していた。

よかった。

いつもは結果よりも内容や試合に対する姿勢を重視するが
この日は『勝った』『勝てた』という結果が最も大事だった。
地区大会だったからではない…

選手がこの日の僕が懐いた多少の不安を吹き飛ばしてくれた。
感謝。
やっぱり少しずつ成長しているのか???
(打つ方はこの際置いといて…)

長所、短所は相反する。
でも
良いところを伸ばすこと。

悪いところを直していくこと。
は別次元。
この部分をこれから指導していけるか?
自信はないが、僕一人でやっているわけではない。
選手に感謝。
コーチ陣、お母さんたちに感謝。
他チームの皆様に感謝。

西日本小学生筑紫地区大会2勝。
そして3大会連続県大会出場決定。
チョイ悪わんぱく軍団、おめでとう。
お前たちはすごいね。


この日もう一つ嬉しいことを…

6年生で昨年11月に入団してきた康太。
実は先週、この日を持って退団する意思を伝えてきていた。
あの日の帰りに言われた僕もじっくりと話をすることはできていなかった。

日曜日午前の練習後と
試合が終わって都府楼グランドで話をした。

本当に生真面目に康太なりに考えて
もちろん勇気もいっただろう。
まずは話を聞いた。
でも僕としては最後まで続けてほしい一心で話をした。
伝わったかはわからない。
本人が悩みぬいたことだから『やっぱり』となるかもしれない。
が、話の最後に『もう少し頑張ります』と言った。
嬉しかった。
最後の挨拶の時に選手全員にこの話をした。
当然6年生の仲間は知っていたから。
仲間が悩んでいるときに『思いやり』をもってほしい。
今は15人のチーム。
その15人が『思いやり』をもてたら、
もっともっと都府楼ファイターズは強くなる。
康太、頑張れ!!


最後に楽しかったことを…
この日の最後の挨拶の時、康太の話も終わって本当の最後。
『母の日』について話をした。
皿を洗ったり、洗濯ものたたむとか、肩をもんでやるとか
何かをしなさい。と…
6年生はもう照れくさいだろうが
『お母さん、ありがとう』と言いなさい。と…
すると選手は『え~』とか『別に~』とか…
すかさず、
お前たちの誕生日はどうだ?
お前たちの子供の日はどうだ?
と返すと
『普通~』
じゃ、クリスマスは?
って…

このところ大事な試合が続いて選手には厳しい顔して
『はっぱ』をかけることばかり言ってきていたが
この時ばかりは僕も笑顔で一列に整列した選手も
小学生の笑顔で話をしていた。
ほんのちょっとの時間だったけど、久しぶりに楽しい会話でした。

そういえば湧心『今日は父の日じゃないと~』って。
笑わせてもらった。


寛太。
見えない傷は簡単には治らないが頑張るしかない。
父さんも頑張るから。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR