FC2ブログ

筑紫地区女子大会 ~感動~

2月23日(日)は筑紫地区女子大会でした。
女子大会なのですが太宰府は女の子の選手が少なく
うちの弘美もインフルエンザで結局6年生一人、
5年生一人、あとは2年生以下の男の子17名の
計19名で出場。
僕もコーチとして参加しました。

このチームが初召集されてからのチームとしての成長。
近い将来太宰府リーグの主役となる2年生以下の活躍。
来年のエースであろう5年生の活躍。
いろんなことが印象に残ったが、やっぱり…
一番印象に残ったのはたった一人の6年生、キャプテンMさん。

5年生のころから見てきていてほんと素晴らしい選手だ。と思っていた。
昨年の太宰府オールスターでも女の子ながら選抜チームのキャプテンを務めた。

この試合がキャプテンMさんの小学生ソフトボールでのラストゲームだった。

初召集の頃は試合になるだろうか?
そこから始まった今年の女子チーム。
ところがこの日の2試合は素晴らしい試合をした。

もちろん勝負事だから勝ち負けも大事だ。
でもそれ以上に大事なものがあることを痛感した2試合だった。

勝敗… 点差…
そんなことを忘れさせてくれた。

一投一打に自然と出てくる『声』
雄叫びのような声。
いつしかその一声一声に身震いするほどの感動をしていた。
ホームへ気迫のこもったスライディング。
自然と球審にセーフのアピールをする。
真剣に、一生懸命にソフトボールと向き合っていた。
2年生以下のチームメイトがミスをしても『ドンマイ、ドンマイ!!』
大げさかもしれないがフィールド内では一人で相手チームと互角の雰囲気を作っていた。
彼女の頑張りに僕もベンチでできることはやった。
彼女の頑張りが太宰府チームの応援のボルテージを上げていた。
彼女のプレーに心を動かされた。
この日集まった女の子の中で間違いなくMVPは彼女だ。

過去にライバルチームの選手で今後の活躍が楽しみだなあ。と思った選手は何人もいる。
でももう少し見ていたい。もう少し一緒にやってみたい。と思った選手は初めてだった。

ほんとは気の利いた事や思ったことを話ししようと思ったが
最近涙腺が弱く勇気がなかった。
でも最後に一言声をかけ握手をしてもらった。

キャプテンMさん。
最後に同じチームで試合ができたことを嬉しく思っています。
ありがとう。
中学校に行ってもソフトボール頑張って!!


夕方、都府楼に帰ってチョイ悪わんぱく軍団にも報告した。
一人でもそんな選手が育ってほしいと思った。

貴重な体験をした1日でした。
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR