FC2ブログ

カミナリ

2月9日(日)
この日は練習試合に誘っていただいて諸田グランド。
怪我やインフルでギリギリ9人で参加しました。
入部間もない康太。3年生の弘美もフル出場で4試合。
試合内容は毎度、毎度の負けパターン。特徴でもある爆発的な雰囲気での勝利。
良いも悪いもあったが、そんなの大した問題ではない。

もちろん勝負の世界にいるのだから、勝敗は大事。
選手達と一緒に勝てるチームにしたい。

でもそれ以上に大事にしたいこと。
都府楼ファイターズとして、少年スポーツ団体として
どうしても。っというところがある。

よく打てる。遠くまで飛ばすことができる。
速いボールを投げることができる。守備が上手。
もっと言えば今年は強いのだとか弱いのだとか。
そんなのは二の次。
そんなのは毎年続くことはない。
そんなことよりチームとして普遍的な物を作りたいと思っている。
だから30番を背負ってからチーム方針の4つは変えていない。

挨拶や感謝の気持ち。
少しずつ良くなってきている。
4つの方針以外にも道具を大事にする。ってことは随分良くなってきている。
いろんなところが良くなってきている。

そして昨年から、今のチョイ悪わんぱく軍団には
他のチームの見本となるような行動、チームを目指そうと言ってきている。
一年一年の積み重ねの上で一つ大きなものを残そうという気持ちがある。
他のチームの見本となるような行動。
それを言い続けて約1年。
そしてそれを一つの目標と言ってくれた今の5年生。
正直随分変わってきている。
どこかへ出かけての試合前の準備や気持ち、心構え、そして行動。

でも1日続かない。
昨日の練習試合、会場に到着してから試合終了まで。
そして他チームより1時間早く終了して自チームの道具の片付け。
それまではまずまず良かった。
そのあと指示したグランド整備…

他のチーム選手はトンボをかけている。
確かにチョイ悪わんぱく軍団も指示した部分はかけていた。
でも気がついた時には隅っこで遊んでいる。
お父さんたちの手伝いをしていたのも見ていた。
でもそれが済んでからもずっとそこから動かない。
他のチームの選手とグランド整備をして遠目にずっと見ていて
沸々と怒りが込み上げてきた。
他のチームの選手がグランド整備をしている。
もしくは帰りの準備をしている。
でも…
都府楼は水遊び…
これで上手になるはずがない。
強くなるはずもない。
良い選手になれるはずもない。

もう限界に達した。
呼んでも聞こえない場所にいる選手を
お母さんに電話をして呼び出した。

今年一番の大声で怒鳴った。
多分監督してからベスト3に入るぐらい。
(僕の記憶の中では2回目)
自分の息子に怒鳴りると同じ勢いでみんなに言った。

言われたことはやりました。

他のチーム選手がやっていることは見てました。

でも言われたことはやりました。
もう済みました。
帰るだけです。

中には言い分のある選手もいるかもしれない。
でもチームの一員だ。
そんな気持ちを持つ選手がいる以上真のチームワークは生まれない。
団体競技の中にいる以上、〇〇君はという見方はない。
〇〇チームという見方しかない。


子供らしくて…
という所もあるかもしれないが…

どうしても見るに見かねる一場面だった。

暗くなって都府楼グランドに到着して
今度はわかりやすく、大切なことなんだ。ということを
話をしたつもり。
伝わっただろうか???

一年一年、一つ一つ何かを残し、引き継いできた。
今年それを勝敗という結果だけではなくもっと大きな形として
残していこうと思う。

僕も反省しなければならない。
まだまだ指導不足な面がある。
それを改めて知る
2月9日の練習試合終了後の…
ほんのわずかの時間だった。

本当に大きな大きなカミナリを落としたが
練習試合を通して意味のある一日でした。


ちょっとだけ試合のことを…
康太。
4試合緊張もあり、随分レベル以上のことを厳しく言ったけど
なんとかやってやろうと一生懸命やっていた。
必ず一歩ずつ一歩ずつ上手になるから頑張れ。

心南。
センター前のクリーンヒット。
ナイスバッティング。
そして2試合目の登板にして先発完投の初勝利。
おめでとう。
(大トロ食べたか?)

最後は賢志。
不慣れなキャッチャー。
1試合目はどうなることやら。と思ったが、
4試合よく頑張った。
最後の心南への掛け声、あれが本当の掛け声。
やればできる!!


明日は牛頸杯。
試合に出れる選手は9人ギリギリ。
明日の朝そろうかな・・・


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR