FC2ブログ

駅伝大会とソフトボール教室

1月19日(日)
太宰府市スポーツ少年団交流駅伝大会がありました。

都府楼ファイターズにとってはソフトボールで1勝する以上に大変なこと…
毎年後ろから…金、銀、銅メダル???

今年は覚悟した金メダル。
襷がつながるかさえ…

でもやっちゃたね!!
驚きの19位!!
参加チーム270チーム…


ちがうか…
27チームだった。

それでもすごい!!
真郷、成梧、心南、飛翼、雄大
5人が…
全てを出し切っての完走。
みんな全力を出し切りました。

今年は会場が変更となって
前半は下り坂のみ。
後半は登り坂オンリー。
コースを見たとき登ってこれるだろうか…
6年生に交じって競う中、心南なんか4年生。
周回遅れも覚悟したが…
でもみんな頑張った。
都府楼ファイターズの駅伝大会の中ではとんでもなく素晴らしい成績。
駅伝チームとして代表の5人、全力を出し切りとても頑張りました。◎◎!!

オープン走の弘美。
3年生部門で出場しました。
実は僕の中では一番期待してました。
が…
スタートは5,6番。
そして4,5番手まで上がったところで
痛恨の転倒。
擦り傷を負うってしまい残念ながら…
でも懸命にゴールまで走ってきた。
弘美がファイターズに入団してきたのは
駅伝大会の1週前。しかも1年生の時。
その年の駅伝大会では、スタート間もなく大泣き。
係員さんも心配する中、お母さんに引きつられて泣きながらのゴール。
それからすると…やっぱり成長を感じた。
来年こそは入賞を目指して頑張ってね。

そして、もう一人のオープン走出場の雄也。
駅伝チームと同様に心配していた一人。
前日まで足首を捻挫して『痛みがあるなら走らなくてもいいよ』って言っていたが
本人が『走ります』っと力強く言ってくるので…
まあ~ね、万全であっても決して得意とは言えない競技。
駅伝チーム、弘美の時はスタート、ゴール地点で待つことにしたが、
雄也の時だけはスタート間もないみんなが応援するところまで行き
待っていると…
なんと…

正月の箱根駅伝には『山の神』という表現があるが…


雄也は『下り坂の神』だった。
折り返しまでの下り坂…
あの体格をいかし…(体重のせて…)
全力疾走、そして鬼の形相で快走!!
なんと2位。しかも先頭の選手に肉薄。それ以降はかなり後ろ…
お~っと思いながら、もしかしてと思いながら、でもな~と思いながら
慌ててゴール地点に戻り帰ってくるのを待った。

さあ~こい。
さあ~こい。
もう、くるか?
もう、くるだろう?
どうした???

すると死にそうな表情でドッタドッタして、今にも倒れそう。

『下り坂の神』だった。

でも全力を出し切ってがんばりました。


膝の故障で参加できなかった寛太、康太。
『走れるかもしれません』と言ってきたが
どう見ても走らすわけにはいかなかった。
来年期待するからね。

そして望夢。
インフルエンザで残念ながら参加できなかったけど
君の代わりにみんな頑張ったよ。
望夢の駅伝にかける思いは僕には十分に伝わっていた。
空手の行事よりも駅伝。
12月に駅伝の5人に選ばれてから冬休みの自主練でランニングに重きを置いてた。
走れないという悔しい思いをしたと思うけど、僕は駅伝を頑張ろう。という思い、
そしてそのために努力したことを称える。
インフル治ったらビッシビッシやるからまたソフトも頑張ろうぜ!!

チームにとって、とても苦手な駅伝大会。
みんな頑張りました。


その午後は藤本索子さんのソフトボール教室。
藤本様ありがとうございました。
いろいろな話を子供たちにわかりやすく講演いただき
そして世界に15個しかない金メダルに触れる機会をいただき
子供達には思い出に残る時間となりました。
子供に便乗して僕もしっかり両手で持たせていただきました。
主催いただいた連盟の皆様、ありがとうございました。

打撃講習の中で3つのこと。これからも教え続けていこうっと。
一つはパワーポジション。
講習後
キャプテンに聞くと
パワースポット…
(テレビの見すぎでは…)
副キャプテンに聞くと
パワーポイント…
(パソコン???)

今のチーム状況はとても『試合をするぞ~』って雰囲気はないが(泣)
『どんなチームにも、いつものプレーで…』って雰囲気はないが(大泣)
今後にいきていく時間。(指導する側とすれば教材となる時間)でした。

今週末の試合、今後の教材になるんだろうな…(現実)
いやいや…驚かせてもらえるか…(夢)
いずれにせよ ワクワク…

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR