FC2ブログ

一つの壁を越えたかな?

都府楼ファイターズのとある選手のことを・・・

4年生の時は怖いもの知らずで伸び伸びと・・・
昨年のチーム事情からすれば下級生はそこまで
重圧も責任もなく、6年生の叱咤激励の意味で出場が多かった。
そんな気楽?な中ですごい活躍をしていた。

ところが、今年に入って主力の立ち位置に入ってから絶不調。
当然こっちから求める事も上がる。
もがいていた。
苦しんでいただろう。
しかし簡単には思うようにいかない。
やってもやってもうまくいかない。

そうこうしているうちに後輩も増えて
後輩の勢いに押されることも・・・
勝負、競争の世界において調子の悪い選手をいつまでも使い続けることはできない。
チーム内において昨年までの環境とは一変した。

考えすぎかもしれないが、
いつの頃かソフトボールが嫌になっていた時があったのではないだろうか?
練習に参加しているときの表情もいつものあいつらしくない日々が続いた。
時間に遅刻することもあった。
体調不良を起こし休むこともあった。

たまたま都府楼ファイターズという少年ソフトボールチームでの出来事だが
何かをやるにおいて、またこれから中学、高校そして社会人になってから
いろんなステージの中で必ず経験するというか、ぶつかる壁にぶつかっていた。
(考えすぎか???)

チーム内で多くの選手?を預かっている以上
一人一人の選手が迷い、立ち止まっているときに
手を差し伸べて後押しすることは我々の義務である。
しかし、特定の選手を甘やかすことはできない。

時間はかかるかもしれないが必ず乗り越えて欲しいと思っていた。


努力したのだろう。
努力を続けたのだろう。
(まだまだだけどね・・・)
多分その選手は一つの壁を乗り越えたと思う。
夏前ぐらい?
夏真っ最中?
まあ、とにかく少しずつ結果も出始めて表情も変わってきた。
一つ成長したな。って思う。


その選手に言いたい。
走るときに肘まげてまっすぐ走れば速いものを・・
走るときに横向かずに前向いて走れば速いものを・・・
もっともっと自信持ってやればよいものを・・・
そして、その苦しかった時に・・・
そして、今も・・・
どれだけお父さん、お母さんが君のことを応援しているかを・・・
ソフトボールノートに赤ペンでアドバイスもしてくれてるんだぞ。
焼酎飲んでいたからじゃないぞ。
頑張ってほしいからだぞ。
感謝しなきゃ。
わかるか?
わからんなら、俺がぶっ叩く。

今ようやくEランク到達したから、これからもっと厳しくいくぞ。
へこたれるなよ。

卒団するまでにはっきりと大きな声で自分の考えが言える選手に
鍛えてやる。
打てなくてもいい。
ずっとベンチでもいいじゃないか・・・
覚悟しておけ・・・フ・フ・フッ


今、都府楼ファイターズの中でいろんな親子物語があります。
最高です。
こんなこと書くとまたか・・・なんてなるかもしれないが
親子の環境で応援してみたい。

いや~焼酎で酔っぱらった。
赤ペンでもするか・・・
チャンチャン・・・




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR