FC2ブログ

岡本杯

11月23日 木曜日(祝日)
岡本杯。

今年も早くから声をかけてもらい、参加させて頂きました。
当初はドリームマッチと重なっており出場を迷いましたが
いろんな想いがあり、主力抜きでの出場。

20171124-2.jpg


20171124-1.jpg


まずは開会式直後のホームランキング争奪戦。

都府楼からはこの選手・・・

20171124-3.jpg

彩楽のお兄ちゃんの壮吾。
そしてトスを上げるのは彩楽のお母さん。(壮吾のお母さん)

時間さえあれば親子で自主練をしていました。
息子を思い、一緒に練習してきた母親とそれにこたえる息子・・・
いい表情です。

もしかすると緊張のあまりバットが振れなくなるんではないか?
と一抹の不安もありましたが・・・
成長したよね・・・

一年前の岡本杯、壮吾が調子悪い時にこの場所でお母さんに
壮吾の育成方法について話をしました。
その時は本当に意を決して話を切り出したのを覚えている・・・
一年前からするとすごい成長を実感した。


では本番・・・

20171124-6.jpg

豪快すぎる・・・
お~い・・・

20171124-5.jpg

すぐさま修正して・・・
息の合ったトス・・・
ホームランとはなりませんでしたが、
いい当たりを連発しました。


さて会場を移しての試合の方は
ビックホークスさん 1-7 ●
酒殿ジュニアソフトボールクラブさん 12-2 ○
残念ながら予選敗退。


都府楼には9人の6年生がいる。
競争があるし勝負の世界にいる。
今まで9人が全てレギュラーということはほとんどなかった。
下級生の突き上げもあるし、日頃の練習も含めて勝負に臨んできた。

競争や、勝負・・・もちろんそれだけではないが
スポーツを通じて学んでほしい事が多々ある。

そんな中、この大会は4人の6年生がチームの主力となって
チームを引っ張る大会。

キャプテンを任した湧心。
去年の副キャプテンだったこと。
その時後輩からの得票数が一番多かったこと。
お兄ちゃんの心南がキャプテンとしてどうしていたかを見ていたこと。
夏場前から負傷続きでモチベーションも下がり出場機会が減っていたが、
そして、ここにきて自らマンションの横で素振りを必死にやっている。
自主練しだしたからとかではなく、その気持ちの変化を買った。
すると2試合で3安打。
不恰好なものもあったが、スイングスピードは抜群だった。
慣れないセンターでも出足よく突っ込んでファインプレー。
すごい活躍でした。

康平、壮吾、知希も・・・
お~い・・・
とか
いつも見るやん・・・そのプレー・・・その顔・・・
なんてことあったが、一生懸命頑張ってたな・・・

康平、横っ飛びでライナーキャッチ。
やるじゃないか・・・

壮吾、途中サッカーやった場面もあったが、
第一試合で痛烈なタイムリーヒット。
ナイスバッティング。

知希、おーい、どこに動いとんねん・・・なんとこともあったが、
それを取り返そうと必死の形相で打席に立っていた。

この大会にあたり岡本杯組の6年生には
なんとか頑張って決勝トーナメントを全員で戦おうと
言ってきたが、そう簡単ではなかった。
でも、主力となってチームを引っ張る姿は今までにないところを見せてくれたし
本当に頑張りました。

ここにきて6年生には勝ち負けも大事なんだろうが、それ以上に
学んでほしい事や感じてほしい事がある。
ドリーム組もいい経験もしただろうし岡本杯組もそうであってほしい。

この世代が入ってきた時に甘太郎と言ってきたメンバー・・・
時々その一面も見せるが・・・
本当にチーム一丸となって頑張ってきたこの一年。
ラストまで卒団するまでまだまだ・・・


20171124-4.jpg


今年の岡本杯も印象に残る大会となりました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR