FC2ブログ

ボタ山カップ  優勝

8月20日 日曜日
ボタ山カップに参加させて頂きました。

リンク戦
0-4 〇
0-8 〇
準決勝
4-0 〇
決勝
5-0 〇

この日、口酸っぱく言った事は
『準備』と『集中』

ここひと月の不甲斐なさの根源は
『意識』の無さと『甘えた気持ち』。

この時期になると最上級生には
『努力』することに関する事はほぼほぼ言いつくしてきた。
あとはいかに『気づく』か?ということ。
そして『野球観』をどう教えていくか?ということ。
もちろん試合を楽しむも良し。スポーツをやる以上当然だ。
でも、せっかくやるからには上を目指してほしい。

所詮小学生。
具体的な目標、目的を与えてやるのが小学生スポーツの指導でもあるし、
そして、自主性や自覚を持つように即して
それに付随する大切なことを指導することが大事である。

今回素晴らしい成績を選手たちは残しました。
決してこの日に特別に上手くなったわけではありません。
良いも悪いも普段通り、集中して持てる力を発揮した成果だと思ってます。
しっかり準備して、最後まで集中して・・・
その結果が運よく優勝ということだったと思います。
勝負ごとなんて紙一重。

当然、勝者に値するには大変な努力が下支えとなっている。
しかし、その努力に対する『意識』が適当なものであれば
どれほどの時間を割いても白黒つける勝負の世界においては
ほぼほぼ敗者にまわる。

この日の都府楼はここ最近にないほど
しっかり準備をして集中して試合に臨めたと思う。
その結果、最高のものとなった。
もし、勝敗における結果が満足いかないものであっても
この日の選手たちは素晴らしい行動、活躍をしたと思う。

これが続くかは半信半疑である。
それは実力がどうこうではなく、高い『意識』を持ち続けられるか?
そしてそれをどう指導できるか?・・・
都府楼ファイターズのベストを知っているがゆえに・・・
今年初めてプレッシャーを感じた一日でした。



この日素晴らしい活躍をした選手が多くいました。
どのチームもそうだと思うが主力と言われる選手がいます。
その選手は厳しい見方をされ、活躍を期待されて当然。
この日、キャプテン康生、副キャプテン大夢、蒼希は主力としての
活躍を十分にしてくれました。

もちろん主力の活躍も嬉しいですが、
この日は俗に言う伏兵の活躍?
言葉は悪いですが、伏兵の『気持ちのこもったプレー』が最高でした。
今の都府楼は6年生が9人います。
しかし競争は歴代最高に厳しいです。
そんな競争が厳しい中、出場機会が少ない康平、壮吾がチームプレーに徹してくれました。
数少ない打席、そりゃ打ちたい。と思うが、
その場面場面、たったの一打席がバントになることもある。
この日もネクストバッターズサークルで
『〇○が出塁したらバントだぞ。』と指示を与えると
『はい』
そして一球で決めた。
そのバントを決めて最高の笑顔でベンチに戻ってきて
そして、チームメイトが最高の賛辞の声をかけて・・・

勝利するチーム、勝利する試合の象徴的なシーンでした。

そしてもう一人・・・
湧心・・・
やったね・・・
満塁から走者一掃のタイムリーツーベース。
(阿部コーチ、最高ですね…)
決勝戦でのあの世界のイチローをしのぐぐらいのファインプレー。
最高でした。
(湧心いわく、米倉コーチのノックの方が難しいですよ。って・・・米倉コーチ最高ですね。)

この日の6年生はそれぞれの1シーンで一人一人が主役になってました。


5年生以下も出場機会があり、それぞれ成長を思わせるプレーをしてくれました。
・・・
・・・碧・・・
練習頑張ってるのは十分わかってる。
あとは勇気をもってプレーしろ。
勇気を持ってボールに向かっていけ。
必ずできるよ。


勝負に徹する。ってことに賛否両論あるが、
決してそれだけに徹しているわけではない。

勝負に徹し、勝敗を分けるには技術だけではないし、
こと小学生においてはそれを凌駕するものがある。と確信した一日でした。


20170822.jpg

20170822-1.jpg


都府楼ファイターズ
優勝、おめでとう!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR