FC2ブログ

天満宮杯と選手権大会

8月、都府楼ファイターズは4大会にエントリー。
そのうち2大会終了。

天満宮杯
リンク2勝してパート決勝タイブレークで敗退。
2日目に進めず・・・

選手権大会
1,2回戦なんとか勝利しパート決勝、最終的に
2イニングのタイブレークで敗退。
2日目に進めず・・・

この2大会何とも不甲斐なさが目立った。
少しは勝てるからいい?
勝ったからいい?
負けたから悪い?

そんなことではい。

一生懸命なミス、全力を尽くしたミスは全く問題ない。
ミスをしてしまった本人は悔しさも残るが必ず次につながる。

気の抜けた、集中力を欠いたミスは次につながるのか?
大抵次も同じことを繰り返す。
現に同じことを繰り返している。

試合においてはそんな一つ一つのプレーがクローズアップされて
そこに対していろいろ言ってしまうが、実際はその前の段階が重要だ。
最近の練習・・・
それがこの結果・・・
道具を大事に扱っているのか?
挨拶、返事がきちんとできているのか?
支えてくれているお父さん、お母さんに本当に感謝の気持ちを持っているのか?
もちろん5年生以下もそんなところは不十分であるが
全ては6年生に対する苦言だ。
先輩としての自覚・・・
後輩のお手本となる行動・・・
あ~だ、こ~だ。と言い訳や甘えたこと言う前に行動で示せ。
なにも難しいことを言うわけではない。
下級生が全力で走れて、
下級生が体力使い切るまで必死になって、
下級生が道具の出し入れ2度3度駆け足でやって、
何故6年生ができない。

でもスタメンはほぼ6年生。
それを決めるは僕であり、自分自身矛盾してるし、
甘さもある。
不甲斐ないプレーの根底もわかっているが指導しきれてない。

もちろん???
あたり前だが個々を見ると良いところもあるし伸びている選手もいる。
でもチームとしては停滞している。
この2大会は本当に悔しさしかない。

昨夜ふと思い出されたのが
2年前の3人の6年生。
心南、愁冶、温人。
当時は試合をしてもなかなか勝利というものに手が届かなかった。
でも3人は悔しさや辛さを乗り越え、必死になって
成長を続け、最後は自慢の6年生になった。

そして昨年、6年生たったひとり女子キャプテンとして
苦しみながら、涙を流しながら最後まで6年生として頑張った弘美。

そんな先輩達と一緒に過ごしてきた今の6年生。
勝敗というただの数字においては今の方が良いかもしれないが
スポーツマンとしてはどうだろうか?
先輩としてはどうだろうか?


お盆休みはしっかり楽しんで
次の練習から心入れ替えてやっていこう。
6年生の奮起に期待する。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR