FC2ブログ

戻りつつある笑顔・・・

小さい時から何かない限り、兄ちゃんがやっていたソフトボールに
付いて行ってた娘二人。
歴スポでは虫取りや一生懸命遊ぶことを楽しくやっていた。
小学生になってから、とりあえずグローブ。
一緒にキャッチボールをしたいが故の親のエゴ。
時間があれば歴スポでたまにキャッチボールをしたことも・・・
そして少しずつ・・・道具がそろって・・・
決してゴリ押ししたこともなく、自然の流れのまま
都府楼ファイターズの一員に。
ただ体力をつけてほしいとか、健康になってほしいとか
スポーツを通していろんなことを学んでほしいという想いだった。

いろいろあって長女の方が次女より何事において
先行していた。

遊びでやっていたピッチャーごっこでも
あれっ?て思うボールを投げていた。

その頃から少しずつ試合の出場機会もあり
結果はそりゃ出ないが、家に帰ってくると
楽しそうに話をしていた。
5年生になった4月ぐらいまではたまに出場する公式戦、
ジュニアチームの練習試合も結果はともかく
今できることをやって、少なくとも嫌でしょうがないといことはなかった。

ところがその後、どうも様子がおかしくなった。
5年生2人。
どこもそうだが、間もなく迎える新人戦に向けてのチームつくりも進む中、
プレッシャーを感じ始めたのか???
次女との練習量の違いに彼女なりの不満があるのか?
(甘えたことだが双子ならではなのだろうか?)
いすれにせよ春先までの感じとは180℃反対の雰囲気になってしまった。
家でやる練習も嫌々。
都府楼の練習も嫌々。
よかクラブも辞めたい。と・・・

その変化に気づきつつもグランドでは監督と選手。
甘やかすことはできないし、来年最上級生としての
自覚を則することをしっかり教えていかなければならない。

グランドでは監督と選手。
やはり厳しく・・・
でも家に帰ってユニフォームを脱げば親と子。
親としてのフォローができてなかった。
その娘の変化にありがたいことに他チームのコーチや
審判団の方からいろんなアドバイスを頂いた。
グランドでの接し方、家での接し方・・・
試行錯誤・・・
(息子達とは違い、やはり難しい…)


そんな日々が続いたが、先週の日曜日
ようやく練習中に少し笑顔が出てきた。
思うように投げられなくとも『嫌でしょうがない。』という露骨な顔ばかりではなかった。
そして今日、コミュニケーションを兼ねたボール遊び。
いい顔して投げていた。
『笑顔』がでてきた。
グランドでは監督と選手。
そこは変えられないが、親としてのフォローが足りなかった。
これから先もグランドでは他の選手同様に
なんちゃって監督として理不尽な事ばかり言ってしまうが
親としてもしっかりフォローしていこう。

残り1年半、長いようで『あっ』という間。
一緒に『笑顔』でゴールを切りたい。

今日は家に帰ってきてからも楽しく野球談話。
グローブについてもあれこれ・・・
20170803-1.jpg

20170803.jpg


笑顔で会話ができて嬉しかった。

焼酎がうまい・・・すすむ・・・

よかった・・・

頑張れ娘達。


今日、次女にギャンブル覚悟でグローブを購入。
僕もキャッチャーミット買っちゃおうかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR