FC2ブログ

宇美町招待決勝トーナメント

11月17日(日)は先週雨天順延となった
宇美町招待ジュニアソフトボール大会の決勝トーナメントに出場しました。
グランド到着後の抽選会。
各パートを勝ち上がってきた8チーム。
どこも強豪ばかり。

1日たって思うとこの中に都府楼ファイターズがいることが不思議な感じ。



抽選結果は

20131117.jpg

対戦相手はフレンドシップ秋季リーグ準優勝の七隈ジュニアソフトさん。
まあ、この場までくればどこと対戦してもはるか上のチームばかりで
今の都府楼がどこまでできるのか?
不安よりも楽しみが大きかった。もちろんボロ負けも覚悟していた。

天候回復を待って10:30プレーボール!!

初回の攻撃をなんとか1失点に抑えて最後まで試合を作れれば…と思ったが、
いいところなく一方的にやられて6-0の完敗。
まるで大人と子供の試合。

ピッチャーのスピード、コントロール。
野手陣の一つ一つのプレーの俊敏さ。
いつも次の次を考えてプレーしろ~っと言っているが全く歯が立たない。
プレーのスピード、精度が全く違った。
都府楼の未熟なところを徹底して攻められ、出塁を許すと
やりたい放題に走られた。
失点の半分が2塁塁上のランナーを1プレーでホームまで行かれた。
バントも一球で見事に決められっぱなし。
隙を突かれてのダブルスチールも…
攻撃では見事に完全試合をやられた…
もちろん外野に打ち返した打球もなし…

記憶にある中で今年初めてボロボロにやられた。
この試合『自滅』とかいう、そんな問題ではなかった。
『雰囲気にのまれた』という問題でもなかった。
ほんとに手も足も出なかった。
こんなにまでもレベルが違うのか?
全てにおいてレベルの違いを痛感させられた。
チョイ悪わんぱく軍団が一生懸命やらなかったわけではない。
今のチームの良いところ、どんな相手にでも向かっていくところ。
それすら『あっ』という間に奪い取られた感じだった。
こういう場でもなんとか試合になるように…
弱小でも何か武器を持って挑めるように…
と思って1年間、もっと言えば2年間やってきたつもりだったが…

敗戦後、今年一番長いミーティング。決して怒鳴りつける話でなかったが
淡々と思ったことを言い続けた。

結局いつもいつも選手にうるさく自分勝手に指導してきた監督のレベルの差だ。
経験を経験をと考えてやってきたが一番経験が足りなかったのは監督だった。
試合自体もそうだったが、この日グランドに集まったチームの『行動』『声』『練習』
全てが勉強になった。
ついつい『子供が甘い』とか『だらしない』と口に出しがちだが
それはチーム内での見方で外から見ると『あのチームは甘い』『あのチームはだらしない』となる。
今年一番いろんなことを考えさせられた1日でした。

これも経験か…


随分ネガティブになってしまったが、

チョイ悪わんぱく軍団へ

H25年度宇美町招待ジュニアソフトボール大会(48チーム参加)
ベスト 8
おめでとう!!


さらなる活躍ができるように頑張っていこう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

転機となる試合…

いつも楽しく読ませていただいてます!
私がバックネット裏から観戦していたのは初回の攻防。
少なくとも寛太君は勇気を持って七隈さん相手に向かっていってましたよ!

難しいですよね…。
チームが目指す山の高さと子供への指導は…。

我がチームも2年前の全国小学生春日市予選で「下白水さん」に完膚無きまでに叩きのめされました。
あまりのレベルの違いに何をどうすればいいのか?
この甘えん坊軍団はどこまで本気なのか?

当時、相当凹みましたね…

しかし、このチームはあの試合を機に階段を上り始めました。
まず監督が勝たせてやるための勉強をしなければ…
そして最大の武器は何なのか?

今年になってもいつも勉強の日々でしたね(笑)
まあ今でも迷走することがよくありますが、
刀は磨いてきたつもりです。

すべては「あの日」があったから始まりました。



掲示板にも書きましたが、必ずこれからの主役になるハズです。
都府楼さんの最大の武器、刀を磨いて暴れまくって下さい!

楽しみにしています!
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR