FC2ブログ

太宰府女子選抜

2月5日 日曜日
第7回筑紫地区ジュニア女子大会。

太宰府女子選抜。
今年のチームもお嬢様、甘子様の集まりから始まった。

結成当初、どうしたものか・・・
とにかく普段の自分を出せるように・・・
選抜チームという意識を持たせるように・・・
そして全員が一つのチームと思えるように・・・

でも、なかなかうまくいかない。

僕も自分のチームと同じように厳しく言ってきた。
いつもの悪い癖で『遊びなら選抜チームに来るな。』とか
言ってしまった時もある。
同じく水城のT監督も厳しく、そして熱く指導して頂いた。
水城西のO監督も的確に技術面を指導して頂いた。

そしてむかえた当日。
正直、試合になるだろうか?という不安と
とにかくあの子達の頑張りを期待するしかない。という気持ちだった。

20170205.jpg
天候回復を待つ開会式前、あっという間に鬼ごっこ開始。
それも他チームのみんなと楽しそうに。
子供ってすぐ仲良くなる。
他チームの上級生が仕切ってそれに従う太宰府女子って感じだった。

そして開会式
20170205-1.jpg

20170205-4.jpg
弘美もいい笑顔。

20170205-5.jpg
急遽決まった選手宣誓もしっかり勤めました。

そして試合開始。
今年の女子選抜も6年生一人、そしていよいよ最後の試合。
キャプテンとして慣れないキャッチャーとして頑張りました。
20170205-9.jpg

攻撃では1番バッターとして大活躍。

そして必死。
20170205-7.jpg

副キャプテンとしてサポートした5年生も頑張りました。
20170205-12.jpg

20170205-11.jpg

そして前回3年生の時も経験し
今回4年生となった5人も頑張りました。
20170205-17.jpg

20170205-6.jpg

20170205-13.jpg

20170205-16.jpg

20170205-15.jpg

3年生ながらフル出場の彩楽もセンターで頑張り
三遊間にヒットを打ちました。

同じく3年生、碧も代打で剛速球ピッチャーに対してフルスイング。
後で聞いたらやっぱり怖かった。と・・・
それでも、必死にバットを振りました。

試合に出た選手、応援した選手16人全員で頑張りました。

残念ながら2敗。という結果だったけど
みんな頑張りました。
優勝チームから4点、準優勝チームから4点。
その8得点は本当に素晴らしかった。
数少ないチャンスをしっかり得点に結びつけた。
(・・・都府楼もこんなに上手に点数取れればなあ~・・・)
全力で走って、先の塁を目指して走って、
そしてバッターも剛速球に喰らいついて・・・

最高だったなあ~

ほんと結成当初からは考えられないくらい頑張った。
試合は負けてしまったけど、
僕はあの子達の成長に驚いた。
そして感動をもらった。
なかなかやるぞ、やるぞ。って声は出ないが、
苦しい守りを終えてベンチに帰ってきた時の
あの子達の表情、眼。
それは最後まであきらめない、必死な表情と眼。だった・・・
負けちゃったけど、熱い試合を・・・熱くさせてくれる試合をしてました。

最後はこの試合を持って本当にユニフォームを脱ぐキャプテンから
後輩たちへの言葉をもらい・・・

はい、ポーズ。
20170205-8.jpg
2016年度の太宰府女子選抜。
これにて解散。

T監督、O監督お疲れ様でした。
そして16名の太宰府女子選抜のみんな、ありがとさん。
なんちゃって監督としては何か一つでも、なんでもいいから
心に残ってくれればなあ~と思います。
また、リーグ戦で会いましょう。


さて・・・
この一コマ・・・
20170205-2.jpg
この一コマこそ、あの子達の成長の証です。
あの子達の自覚が表れた証です。
開会式後、弁当到着までの時間に
キャプテン、副キャプテンが
『監督~みんなで話し合って良いですか~』って・・・
『いいよ』って・・・
すると場所変えてみんなで話し合い。
何を話するのか?気になって見に行くと
試合組と応援組と別れて活発に意見を出し合っていた。
遠くから見ていたが、目を細めずにはいられない光景だった。


最後に
大宰府のO会長、そして運営委員の皆様
天候危ぶまれた中、いろいろありがとうございました。
お陰様で太宰府女子選抜は貴重な経験をさせてもらいました。


・コ・コ・チ・ヨ・イ・ツ・カ・レ・

来年は娘達の応援団で・・・
・イ・イ・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR