FC2ブログ

筑紫地区ジュニア新人戦

2月14日 日曜日
2016筑紫地区ジュニア新人戦。

結果は1勝1敗・・・・

甘太郎達の今年の目標は
『チーム一丸となって上を目指す!!』
それを踏まえるとやっぱり厳しい目で見てしまう。

1試合目は0-2で勝利。
『よしっ!!』って内容じゃない。
『あ~…良かった』って内容。
2度の大ピンチ。
それって自分たちが作ったピンチ。
自作自演。
なんでもないセンターフライ・・・失策。
次打者、ツーストライクから真ん中高めに。
ノーアウト2,3塁のピンチ。
そっから三者三振・・・

最終回、ポンポンとツーアウト。
そこからマウンドではまるで別人。
ストレートの四球。
投球ホームが変わり、顔色変わり
打たれもせず、失点もせず、嗚咽・・・
最後は三振・・・

今年から都府楼のエースナンバーを背負う康生。
球質やコントロールはまだまだ不安定。
でも努力をしている。
そして努力の成果が出てきている。
だから今はその点においてはさほど問題視していない。
でもな、メンタルについては
自分で克服しなきゃ。
向かっていく気持ち。
打ち取ってやる。
打たれてたまるか~。ぐらいの気持ちを持ちなさい。
真のエースを目指せ。

2試合目は0-11で敗戦。
ボクシングでいうと練習生がいきなりタイトルマッチに挑んだみたい。
ジャブ、ジャブ、ワンツーって感じじゃなく、
いきなり右ストレート、左ストレート、
留めはアッパー。
マウスピースも吹っ飛んでKO。

この試合前、意地悪なぐらいプレッシャーをかけた。
『この試合に勝てば優勝だぞ』って。

これから先を考えるとプレッシャーに打ち勝つ精神力を
つけてほしいし、ビリビリしびれるような経験をしてほしかった。
しかし、内容は個々のプレッシャー云々の前に
相手の剛球、強打の前に手も足も出ず。
しっぽを巻いた犬のよう・・・

1試合目とうって変わり、ベンチも野手陣も本気の声が出ない。
相手の一投一打にあきらめ感が漂う。
それじゃ上は目指せない。
歯を食いしばって、喰らいついていかないと…

上を目指すためにはこれぐらいの事やってのけないといかん。

今、甘太郎達は 『変わる』 一つのチャンスを迎えている。
ここがダメなら、次を作ってやればいいが、
今が一つの『きっかけ』になるんじゃないか?と思う。
だから頑張っていこうぜ。

試合後のミーティングで県大会レベルのチームと
何が違ったか?一人一人が感じたはずだ。
その感じたこと考えたことを練習にいかしていこうぜ。

厳しい見方になったけど
いいところもありました。

まずは豆鉄砲打線が得点したこと。
(2試合で2安打だったけど・・・)
そして壮吾が大ファインプレーをしたこと。
今、口酸っぱくコーチ陣が教えてくれていることが
結果として少し出てきています。

チーム一丸となって頑張っていこう。


・・・是非見てほしい。番外編・・・
間もなく、1年生。
都府楼ファイターズの人気者。
新しいユニフォームに背中いっぱいの背番号。
そうです。諒平です。
ただの人気者じゃないです。
この写真・・・
最高です。

20160214-2.jpg

20160214-3.jpg

20160214-4.jpg


一つの大きな楽しみ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR