FC2ブログ

秋晴れの中、ソフト、ソフト、ソフトの3日間  2

10月14日(月)
二瀬地区オープン大会に出場しました。
福岡県各地はもとより県外からも出場してくる大会。是非とも参加したい大会の一つ。

2年前、参加した時はぎりぎり開会式に間に合ったのでこの日は都府楼を早く出たつもりが、
やっぱり出遅れ気味。同じ大宰府のチームに聞いてみると出発がもっと早かった。
来年からはもっと早く出よう。

試合のことを書く前に…
この大会は監督1年目の時に出場した大会の中でも記憶に残る大会。
なかなか勝つことが難しい状況で(今も変わらないが)公式戦の貴重な1勝をした大会。
当時3年生の寛太が満塁から逆転の走者一掃のヒットを打った大会。
2戦目、長男が全くストライクが入らず四球の連続で試合後みんなの前でけつを蹴っ飛ばした
監督として最低の振る舞いをした大会。
そんな記憶に残る大会。

さて、試合は…昨日のいい雰囲気を引き継いで…

第1試合 草野クーガーズさん
初回1死2,3塁のピンチ!!
そこをなんとか凌いだの大きかった。
攻撃では相手投手の速球に押されて力負けの打球が続く。
しかし、ミスにも助けられたが、ストライク・ボールの見極め。
そして全力疾走が虎の子の1点につながった。
それを守り切って0-1の勝利。

第2試合 伊岐須少ソフトボールクラブさん
またまた初回ノーアウト満塁のピンチ!!
そこから1-2-3のダブルプレーと三振でなんとか無失点。
その裏1点取ったあと満塁で望夢の走者一掃のタイムリーヒット。
日頃の努力が結果として出た嬉しいヒット。ナイスバッティング。
その後も寛太、雄也の連続ホームランも飛び出し0-10で勝利。

リンク2勝。

決勝トーナメントに進むにはタイブレーカーを勝ち抜かなければ…

タイブレーカーの勝敗は監督の責任。
タイブレーカーは数少ない選択肢の中でどの作戦をとるのか…

決勝トーナメントをかけた試合は槻田ファイターズさん。

試合前
ランナーに指名したのは飛翼。
『暴走気味でもいい。積極的に行け』と指示をした。
先頭打者に指名したのは真郷。
『必ずバントで行くぞ』と指示をした。
オーダー発表後、即バント練習を志願してきた。
今のチョイ悪わんぱく軍団は作戦の意味を十分理解している。
自分の役目をわかっている。

先攻…
2球目で作戦を変えた。
真郷には、打て。のサイン。
なんとかランナーを進めようと。ボールを上から強くたたいた。
芯で捉えた痛烈なライナーがサードのグラブの中へ…
リードをとり打った瞬間に飛び出した飛翼も懸命に戻るが…

次の打者、雄大もライト前に打ち返すがライトゴロに…

その裏の守り…
結果満塁策をとりワンアウトまでいくが前進守備の二遊間をぬかれ
0-1で敗戦。
決勝トーナメント進出ならず…


作戦変更に迷いはなかった… が、負けた…
監督の責任。

試合終了後のミーティングで飛翼、真郷の表情を見ると…つらい思いをさせてしまった。

これから先、チョイ悪わんぱく軍団がもっと力をつけると
こんなことが出てくるだろう。
チームの目標の一つにリンク抜けする。ということがある。
リンクで2勝することは難しい。
リンク抜けすることはもっと難しい。
この目標に向かってみんなで頑張っていこう。

また
記憶に残る大会となった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR