FC2ブログ

野球少年

8月18日 火曜日
今日は熊本で仕事。
珍しく新幹線と在来線に乗って。

その在来線。
電車が来るまで結構時間があった。
ホームの椅子に座っていると、二人の野球少年がやってきた。
リュックからってバットもって。

『こんにちは~』って大きな声で挨拶してくれた。
そして隣に座った。

背中合わせに座っていたおばあちゃん。
子供好きのオーラが出まくっていたおばあちゃん。
いてもたってもいられなかったのだろう。
すぐさまその二人の野球少年に話しかけた。

つられて僕も・・・

まあ~よく話をしてくれた二人。

僕が『いい挨拶するね。』っていうと
『挨拶と返事ができないと〇〇チーム入れんたい。』
『監督きびしいか?』
『え~〇〇監督しっとるん?』
『〇〇コーチは?』
って知るわけないのに今度は無邪気に質問攻め。

電車が来て電車に乗ってもおばあちゃんと二人の野球少年と4人で
ず~っと話しっぱなし。
てか、質問攻めにあう。

『ゼンビヨ』ってしってますか?

ゼンビヨって・・・
グリップ以外すべてゴムで覆われたビヨンドらしい。

『〇〇チームのピッチャーって150kでとんやん。』
そんなあほな…
『それをうちの先輩打つもんね~』

まあ~とにかくいろんなことを僅か一駅の間だったが、
話をしてくれた。

おばあちゃんもいろんなことを少年に話をしていた。

電車を降りて練習に向かう時
『ありがとうございました。 おじちゃん頑張ってね~』って
ほんと元気のいい、気持ちのいい野球少年でした。

ちなみに小学3年生と5年生。
お父さんが送り迎えできない時は
電車に乗って練習に出かけている少年。
いい顔していたな~。
いい表情してたな~。
いい目をしてたな~。

胸を打たれたというか、何とも言えない出来事だった。
すぐさまその少年野球チームのHPを拝見してしまった。

もう二度とあの二人の野球少年と会うことも話をすることもないだろう。

瞬間的だったがほんとにいい出会いと別れだった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR