FC2ブログ

藤本索子杯とその翌日・・・

10月6日(日)は歴スポで藤本索子杯がありました。
都府楼を出発する前は…
第一試合前までは…
まだ一度も手にしたことがないメダルを目標にいい雰囲気で
選手たちもその気になっていたが…

第一試合。
出てきやがった。
最悪のあいつが…
スポーツマンとしてあるまじき態度…
敗戦の一つによく『自滅』ということがあるが
あいつがでてくるとチームを、試合を『崩壊』させる。
それぐらい手におえない。あいつが…

対戦いただいたチームに…審判をしていただいた皆様に本当に申し訳なかった。
そしてチームメイトにも…

試合後、監督として親として覚悟を決めて話をした。
ああいう態度をとる選手にしたのは監督の指導責任。
ああいう態度をとる子供にしたのは親の教育責任。

普段の生活の中のソフトボールの会話では考えられない態度。
なぜ???

第二試合。
第一試合とは180度違うあいつに戻っていた。
黙々と全力で投げ込む。
ベストピッチに近い内容だった。
特に言うこともなかった。

なぜ???こうも違うのか???

頭を悩ます1日。

そんな沈んだ気持ちを忘れさせてくれたのがチョイ悪わんぱく軍団でした。
大会終了後、広いグランドでみんなに外野ノック。
(もちろんあいつも)
一生懸命にボールを追いかける。時にはファインプレー。
『難しいのを打ってくださ~い』と大声で言ってくる。
そういえば『かかってこーい!!』って小声で言った選手もいた。
とにかく選手も僕も大声で楽しい練習をした。
選手に感謝。


その翌日…
夕方、同じマンションの#7がカチカチバットを貸してください。と家にやってきた。
只今絶不調。不調が長引いて自信すらも失いつつある。
でも努力は人一倍。
そんな#7が素振りのためにバットを借りに来た。
#7が一人でよく素振りをしているのを知っていたので
ちょっとだけだが指導した。
その間黙々とバットを振る。額から汗が流れ落ちるまで…
友達のお父さんというよりも監督と選手って感じで。
あの表情とバットを振る姿を見るとなんとかしてやりたい。
頑張れ#7。

その#7が200回以上バットを振り終わった後にあいつが帰ってきた。
あいつに#7の話をすると黙って外に出て素振りを始めた。
いやいや感は全く無し。
いい感じ…
そこで先日の試合のことをいろいろ聞いた。
なんで全力で投げない。
なんで腕を思いっきり振らない。
なんで打席でフルスイングしない。

すると…
ニコニコしながら…
思いもよらぬことを淡々と話し出した。
それを聞いて今までの悪態ついた試合を思い出すと
いくつか条件が重なる。

もっともそんなことで許されるわけはないが…
『これはやばい!!』ってことだった。
あの悪態の原因をそんな風に考えたことはなかった。

また一つ良いことを聞けた。
これを聞けたのも成ちゃんのおかげだ。
成ちゃん。ありがとね。
そしてソフトボール頑張ろうね。

大会よりも何気ない時間だったが
努力を惜しまない選手のおかげで貴重な時間をもらいました。

ちなみに藤本索子杯
第一試合 太宰府西さん 2-1敗戦
第二試合 通古賀さん 1-0敗戦
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR