FC2ブログ

2013リーグ最終戦・閉幕式

9月29日(日)
2013太宰府リーグの最終節、都府楼ファイターズのリーグ戦最終戦がありました。

毎年最終戦は気合が入る。
半年以上にわたる長期戦の最後。
6年生後最後のリーグ戦。
場合によっては太宰府リーグの主戦場の歴スポで最後の試合。
戦績はどうであれ最後は勝利で終わりたい。
そんな思いが重なり毎年僕も気合が入る。

今年は6年生不在で例年と違う感覚だったが、違う意味で相当気合を入れて試合に臨んだ。
それは、やっぱり前日の県大会初戦敗退。という結果が大きな原因だった。

実力不足とはいえ不完全燃焼で終わった県大会。
あれよあれよの間に終わった県大会。

せっかく今、チームの良いところが芽を出そうとしている時に
選手は良いも悪いも明確にわからず終わってしまった敗戦後のリーグ戦。
先日を引きづって不完全燃焼のまま試合を消化させたくなかった。
ずるずると、ただただ試合を消化させたくなかった。

試合はというと…
一言…  ナイスゲーム…
細かい指示は別としてとにかく一生懸命に…

対戦いただいた通古賀さん。
6年生主体でリーグ戦も上位で2位も可能な位置につける強豪。
スピード、パワーではどんなに頑張ってもかなわない。
たった一つ互角に戦えるとしたら、気持ちだけ。気迫だけ。
その部分だけを重視して、そして選手がその部分を十分に発揮したナイスゲーム。
70分一生懸命。
一生懸命でもミスは出るが、そのミスで転がるボールを全力で追いかける。
一生懸命だから、全力だから決して下を向かない。
その姿に感心した。
好不調の波が大きい寛太も死球一つだけで失点後も何とか立ち直り、痛烈な打球を浴びても最後まで全力投球。
2-4でリードした最終回。守り切れば、勝利の場面で2点タイムリーヒットを打たれ同点。
そこで崩れる雰囲気もなく同点で迎えた最終回の攻撃。
2アウトになったがあきらめることなく声を出し続けるベンチ。
2アウトから子猿コンビの飛翼、望夢で1点をもぎ取りサヨナラ勝ち。
本当にナイスゲーム。
前日の敗戦を払拭する完全燃焼のゲームでした。

強烈なサードライナーを捕った飛翼。
痛烈なセンター前の打球をセンターゴロにとった賢志。
ライトフライでタッチアップを見事にホームで刺した心南。
緊張の場面できちんとバントを決めた成梧。(2ストライクからサインは大声で『バント~。』)
そして『ホームランを狙って来い』と送り出して見事にとんでもないセンターオーバーを放った雄也。
『試合に出たい。』と言ってきた弘美と湧心。
みんなが一生懸命に70分戦い、リーグ3勝目を勝ち取りました。


試合後の挨拶で通古賀さんのキャプテン副キャプテンが涙ながらに僕のところに来た。
かける言葉が見当たらなった。
結果は1点差だったが、この試合にかける気持ちは引分けでした。
素晴らしい試合をさせていただきありがとうございました。

閉幕式
今年は送り出す6年生がいないとはいえ半年切磋琢磨させていただいた他チームの6年生が
それぞれの監督さんからメダルをかけてもらう姿を見ると胸が熱くなった。
6年生はみんないい表情でした。
今年の太宰府リーグの主役の6年生、お疲れ様でした。

チョイ悪わんぱく軍団。
リーグ戦、3勝11敗。(前期7敗、後期3勝4敗)
勝敗はどうであれみんなが頑張った結果。
リーグ戦大変良く戦いました。 \(^o^)/
またキャッチボールから…いやいや、ランニングから?それとも挨拶から?
とにかく一から頑張っていこう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR