FC2ブログ

牛頸杯 第三位!!

2月25日 日曜日
順延となった牛頸杯に出場。

昨年の牛頸杯の優勝チームとして招待いただきました。
6年生に感謝。
昨年のこの大会、閉会式終了後に
優勝カップ、賞状、トロフィーをもらった後に
6年生の蒼希に『賞状やトロフィーを18個はとらないとね。』
(当時18人の選手がいたので…)
と言ったら、蒼希がね、
『19個ですよ。19個目は監督がもらってください』って言ったのを今でも覚えている。
平野小学校の校舎の下で・・・
嬉しかったな・・・
当時『ソマレ~、ソマレ~』と怒ってばっかりだったが、
本当に優しく、思いやりのある選手でした。
中学行っても頑張れよ。

さて今年の牛頸杯。
ディフェンディングチャンピオンと言えば聞こえがいいが、
実際今年は・・・
という状況で・・・
まずは公式戦初勝利を目指して挑みました。

・・・すると・・・
選手は本当によく頑張って、
今年公式戦初勝利!!
そしておまけもついて
今年初のリンク抜け!!
そして第三位入賞!!

リンク戦の難しさ、今回はそれを味方につけて
2勝してリンク抜け。
実力はそんなチームではない。
・・・が・・・
予選2試合を無失点で切り抜けた選手を本当に褒めたい。
強烈なゴロを打たれるとお手玉・・・
ランナーが動くとアタフタ・・・オロオロ・・・
そんなチームがこの日はみんな頑張ってよく守りました。
(貧打は置いといて…)

準決勝では僕の未熟な采配と気の利いた言葉をかけられず
またもや苦汁を飲む形となり選手には申し訳ないことをした・・・

試合後のミーティング、都府楼グランドに帰ってからの挨拶でも
次のステップに向けての事ばかりで
褒めてやることができなかったので・・・
この大会良かったことをほんの少し・・・

まずは女子軍団。
5年生あゆみ。
3試合本当によく投げました。
特別速いボールを投げるわけでもない。
かといって変わったボールを投げるわけでもない。
コントロールも投げてみなきゃわからん。
何か特徴あるかと言えば、そんなのもない。
ただどんな時でも淡々と飄々と投げる。
よく言えばポーカーフェイス。
親ながら投げている時の感情は表情だけでは読みにくい。
3試合自分なりによく投げました。
ナイスピッチィング。
これからもっともっと上を目指してね。

5年生いずみ。
まあ、マイペース。
普段は天真爛漫。そして我が道をゆく。
ソフトボールでは・・・どんくさい。
しかし、昨年夏前ぐらいからなんとなくボールを捉えることが少し上手に・・・
決してパワーがある訳でもなくどちらかと言えばヒョロヒョロ。
でもこの日はそのボールを捉える感覚がさえて
見事に左中間真っ二つのホームラン!!
姉ちゃんに怒られるが、バットの芯で捉えることに関しては
妹の方が今は上をいっている。
ナイスバッティング!!
これからはすこ~し難しい事を教えるからそこを意識して素振りを頑張って。

4年生彩楽。
筑紫地区新人戦、最後のバッター。
一打同点、もしくはサヨナラの場面でむかえた打席。
その場面、バットを振ることができませんでした。
後で聞くと緊張して足が震えていたとの事。
この日はとにかくバットを必死に振りました。
(W米田コーチの指導の成果ですね・・・)
少々のボール球でも打つためにフルスイング。
そして見事にライト前ヒット。
ナイスバッティング。
これで一つ成長できればいいな。
そして、バントの場面で失敗した時に
打席で『あっ!!』って声を出した。
それはこうしなきゃってことがわかっていたけどできなかったって声。
頑張れ、彩楽!!

4年生碧。
練習ではセカンドを頑張っている。
ゆるいボールへの入り方、捕り方はお手本となるような動きをする。
でも、少し強い打球になると恐怖心が前面に出てなかなか思うように動けない。
でも、頑張ってます。
体も小さく、当然力もない。
でも、素振りを頑張ってます。
頑固なところがあって時としてスイッチが切れたようにも見えるが
真面目です。
そんな努力が最近スイングスピードに出てきて
この日もしっかりととらえる打球。
不恰好ながらしっかり振ったからこその内野安打もありました。
後は『勇気』だけ。
自分で自分が作っている壁を突き破るだけ。
がんばれ、碧。

続いて男子・・・
ちょっとだけね。
4年生大晴。
チーム事情で今年からキャッチャー。
キャッチングも日々よくなって、
いろんなことを考えてその場面場面でコースに構えるようになってきました。
(そこに投げれるピッチャーかどうかは別として…)
準決勝初回、先頭バッターに見事にセフティーバントを決められ
よもすれば崩される場面で相手の盗塁を見事に刺殺。
それが本当にチームを救いました。
まあ、求めることは多くそして大きいが一つ一つ頑張れ、大晴。

4年生成希。
今年はショートで。
成長の一環でもあるが、ちょっと前までは
簡単に片手捕りにいきすぎてグラブからこぼれることが・・・
それを練習で克服。
基本の大切さを少しはわかってきたかな。
この日はしっかり守りました。
そして少し守りの視野も広がってきつつあります。
打席では打順もあり常に厳しい状況を作ってしまうが
そこをこなしてほしい。
頑張れ、成希!!

4年生瑠太。
都府楼の切り込み隊長として期待するところが大きく
ちょっと手厳しいことをいってしまったが、
純粋に真面目に頑張ってます。
リズム感・・・どちらかと言えばない。
器用か?・・・どちらと言えば不器用。
でも瞬発力はチーム内トップ。
この日は目立たなかったが、日々努力を頑張ってます。
そして言われた事を意識して練習してます。
頑張れ、瑠太。

3年生京汰。
本当に野球小僧。
今年のチームおいて不測の事態が起きても
どこでも守れるユーティリティープレイヤー。
ゆえにどこを専門的に。と指導できずに申し訳ないが
与えられてポジションを本当に楽しそうに一生懸命頑張ってます。
この日の試合後のミーティングで『目に見えないミス』について
話をしました。
もちろん対象は京汰。
まあね、3年生に言うことではないかもしれないが
そこを理解できる選手。
その時の聞き入れる眼は真剣そのもの。
これからもあちこち守らされるが、
頑張れ、京汰。
もひとつ・・・集中力だぞ。

2年生・・・
諒平、利然、凌聖、勇人。
本当に元気がいい。
そして徐々にいい意味でライバル意識が出てきている。
まだまだ2年生という一面が多いが・・・
4人だけで競うのでなく、もっとまわりにいるすごい2年生を見てね。
これからケンカもするんだろうな・・・
いい意味でね・・・
君達が目立って活躍した時はチームが勝つ。
頑張れ2年生。

なんか牛頸杯の時の選手を褒めるということとは違う方向になってしまった・・・
本当に12人は成長してる。
弱っちぃけど、チームになりつつある。
弱っちぃけど、一人一人が力を付けつつある。
今年の牛頸杯、本当に驚いたし、嬉しかったなあ~。

でもこれからもっともっと厳しくいくぞ。
まだまだ、あまい!!

20180226-2.jpg

20180226-1.jpg

20180226.jpg


今年の初勝利!! 初のリンク抜け!! 3位入賞!!
おめでとう!!
スポンサーサイト



筑紫地区女子大会 準優勝!!

2月18日 日曜日
第8回筑紫地区女子大会。

自チーム内に女子選手がいることもあり
過去女子選抜のコーチや監督も数回やってきた。
今年は3年連続で監督。
過去のチームも本当に最上級生、そして今大会が
小学生ソフトボール最後となる6年生が頑張ってきましたが、
今年も同様に3人の6年生がチームを纏め、そして引っ張ってくれました。

昨年夏、結成当初は結構厳しい事も言ってきました。
声は出らん。
遠慮してるのか?
誰のためのチームなのか?
そんなところから始まった今年(2017年度)のチーム。
でも、今年の選手は低学年の時からこの大会に出場し続けている選手が多く
そして適材適所の選手が多く、今までで一番力があると思っていた。
だから何か話をするたびに
『目標は優勝だ。優勝を目指すぞ。』と言い続けてきた。

本当に少しずつ良くなっていき、なんとなく形になってきたころに
初めて昨年しゃくなげ杯に出場。
まあ、その試合は相手が一枚も二枚も上で
完敗。
その時も選手はよくやったと思う。
でも、この時に僕は選手に一つ問いかけた。
『本当に一生懸命できたか?力を出し切れたか?』
相手に吞まれ、声も出なくなり、普段通りに・・・というわけにはいかなかった。
この大会での完敗が、そしてその時の選手の反省というか想いが
このチームを一回りも二回りも大きくさせたと思う。

年開けて2回練習をしたが、取り組む姿勢だとか行動は見違えるほどに・・・

そして筑紫地区女子大会当日。
20180220-3.jpg

キャプテンが当日抽選で1番くじ。
そして急遽選手宣誓
20180220-4.jpg
急な事でもそこは太宰府のキャプテン。
しっかり大役を務めました。

さて第一試合。
少し硬くなったのか、前日の動きとは違ってぎこちない。
3点を先制される。
しかしその裏、打の中心選手がしっかり打って
同点。
が・・・
またまた2点を追加される。
でも諦めずにみんなで繋いで4点をとり逆転。
そして落ち着きを取り戻し5-7で勝利。
この試合先制されて追いつき、また突き放されてはひっくり返す。
あのお嬢様たちが・・・強くなったと感じた。
あの声もなかなか出なかったチームが・・・成長したと感じた。
この試合は15人みんなで守ってみんなで繋いで最高の試合でした。
スポーツにはミスがつきもの。そこで下を向くこともなく
そしてまわりがしっかりフォローしてました。

この写真
20180220-5.jpg
試合には出場できなかった下級生が
イニングごとに道具をきちんと並べていました。
しっかりと自分ができることを見つけてチームの力になっていました。

本当にいいチームになりました。

さて第一試合後、ケーブルテレビの取材。
キャプテンとピッチャーがインタビューを受けました。
20180220-1.jpg

20180220-2.jpg

後で動画も拝見したが二人ともしっかりと受け答えして
そこにも成長の跡がありました。

さあ、二試合目
逆転勝ちの勢いと勝ちたいという気持ちが声やプレーに出て
最高の形で勝利。
なにも言うことはなかった。
20180220-6.jpg

太宰府女子選抜初めての2勝!!

何度も何度も言ってきた優勝という大きな目標を
選手たちが頑張って頑張って・・・
手を伸ばせば届くところまでやってきた。
昼食や試合の合間に『優勝したい』という声もちらほら・・・

決勝タイブレークに向けての本当に最後の最後の練習。
真剣な眼差しで短い時間だったが『勝つ』という想いがあらわれ
最高の準備をして臨んだタイブレーク・・・
太宰府先行。
相手投手もやはり緊張していたのかバッテリーミスで1点先取。
その裏・・・
強烈なゴロが野手のグラブをはじき
ノーアウト2,3塁・・・
ここまでこのチームの守りの要として頑張ってきた
5年生バッテリー、緊張してたんだな~
今までなかった・・・
サヨナラ負け。
悔し涙が出てた。


試合後、女子選抜最後のミーティング。
選手の眼には涙が浮かんでた。

惜しくも大きな目標達成とはならなかったが
夢を掴むことはできなかったが、今年の女子チームは
大きく成長しました。
選手の成長に、チームの成長に本当に驚かされました。

リコ、リンコ、アヤカ、君達3人がいたからこそ
5年生以下は安心してプレーができました。
最後に後輩に送った言葉も本当に6年生らしく
素晴らしかった。
中学に行っても頑張って。
5年生以下はこの悔しい経験をそれぞれのチームに戻って
これからの試合にいかしてください。

女子選抜全員、これも何か言うたびに言葉にしたけど
応援してくれたお父さん、お母さん。
リーグ関係者の皆様に感謝の気持ちを忘れないでね。

太宰府リーグ連盟の皆様、各チームの皆様
女子選抜のメンバーは応援を力に変え、感謝の気持ちをプレーに出して
一生懸命頑張りました。
ありがとうございました。
20180220-9.jpg

20180220-10.jpg

最後に・・・
太宰府女子選抜、感動をありがとう!!

2月12日 雪・・・皆様に感謝・・・

2月12日

2017年6年生への感謝の言葉を綴れずに
滞っていましたが・・・

どうしても・・・・

2018年2月12日 月曜日
大雪 エントリーしていた大会会も6時前には中止。

家の前にも雪が積もり、99%無理。
でも、すこ~し先週とは雪質が違うようような・・・

そして結果的に合同練習をお願いして出かけました。


すると相手チーム含めずっと雪かき・・・
そして普通に練習、練習試合まで・・・

感謝しかない。


当然お願いして了解して頂いたチームの皆様に。
そしてパワハラのごとくこんな日に配車、引率いただいた保護者の皆様に。

都府楼もそうだし、対戦頂いた子供達も一生懸命やっていた。
僕も久しぶり?に大声出して・・・
間もない2年生にも・・・

今日、子供達に一番学んでほしかったのは
たくさんあるが、周りにいるお父さん、お母さんへの感謝の気持ち。

エゴと言えばそうかもしれないが、
都府楼の甘えん坊、チビッ子達はこんな日でも一生懸命頑張った。
昨日の敗戦、そしてこんな大雪での一日。
これを次に生かしてほしい。


決して無駄なことはない・・・どんなことも・・・

がんばれ、都府楼ファイターズ!!
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR