FC2ブログ

2016都府楼ファイターズ…ラスト~

2016都府楼ファイターズ活動最終週。

23日 金曜日。
今年最後の練習試合。
毎年リーグで切磋琢磨させてもらい、いつもお世話になっている
東ヶ丘さん、星ヶ丘さん、榎寺さんと練習試合。
下級生試合も含め一日どっぷり試合をさせてもらった。
本当にありがたいことに最強の6年生たちに真剣勝負をさせてもらった。
この一年負けっぱなしできて最後こそは・・・と
鼻息荒く臨んだが・・・
点差以上の内容で・・・
でも、本当にこの時期6年生と試合させてもらい、感謝。
最後はみんなで記念写真。

20161225-7.jpg

最高の日中でした・・・
東ヶ丘さん、星ヶ丘さん、榎寺さん、ありがとうございました。

その夜は・・・
またまた・・・
普段夜の交流が少ない皆様と・・・
忘年会???反省会??? だましあい???
とにかく朝からぎりぎり夜までお付き合いさせていただきました。
少年ソフトボールがもたらしてくれた『縁』に感謝。


24日 土曜日。
この日は選手達とグランド整備、倉庫整理を済ませ
昼から納会。
成績発表にお楽しみ会。
今年は大一番であと一歩ということが多く
なかなか選手達と公民館で勝利を喜び騒ぐことができなかった。
だからこそ、選手には大いに楽しんでもらいたかった。
お母さん達にも趣向を凝らいしてもらい
最高の納会だった。
成績発表・・・
チームの数字はいまいちだったが、
思いのほか賞状がありました。

20161225-6.jpg


20161225-4.jpg

来年はもっと頑張ろうぜ。


25日 日曜日。
都府楼地区の餅つき。
さすがに二日続きで致死量のアルコールを摂取し
きつかったが、この日が20人最後のチーム活動。

20161225.jpg

20161225-1.jpg

20161225-2.jpg

みんな楽しそうにやってました。


そして最後は次男坊

20161225-8.jpg

頑張ってました。
でも、言いたいことがある・・・
ラスト一年?半年?
もう一度徹底的に付き合うか・・・


2016年都府楼ファイターズ。
大一番に弱く・・・
上手くいかない事ばかりでしたが・・・
20人の選手たちは間違いなく成長しました。
対戦頂いた数々のチームの皆様本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。



・・・番外編・・・
ジャンケンならば、間違いなく優勝!!

この2年間、数多くの大会に出場できたのも
このお方のおかげ。
ここぞ。の大一番でのジャンケン。
圧倒的勝率。
最後も最高でした。

20161225-5.jpg




スポンサーサイト



軟式と硬式とソフト

12月17日 土曜日
学中学野球部一年生大会。
今年も太西中が会場だったので第一試合を観戦。
会場に着くと・・・いました。
元チョイ悪わんぱく軍団の二人が・・・
俺様、俺様と勘違い野郎と
僕よりはるかに大きくなったおませちゃん。
なかなか二人とは会話をする機会がないが
野球の話や○の子の話をすると
二人とも随分成長している面と小学校の時の面影たっぷりと・・・
ちょっとした時間だったけど楽しかった。
さて、都府楼ファイターズOBの一年生。
すこ~し、キリッとした顔つきに変わってた。
グランド内をきびきび動く姿で
3人頑張ってるのがよくわかったよ。
ずけずけとバックネット裏で観戦していたから
チラッ、チラっと目が合う。
あの3人が赤いユニフォームを着て
野球やっている姿を見れて嬉しかった。
厳しい競争の中にいる以上、
今は主力としての出場は難しいけど
何か一つ武器を見つけなさい。
オールマイティーのスーパースターの前に
それぞれの武器を作れ。
また機会があれば応援に行く。
頑張れ2015ファイターズOBの3人。


12月17日の夜は次男がお世話になっている硬式チームの忘年会。
総勢80名以上。
有意義な時間だった。
なかなかグランドに顔を出せることができない。
そんな中いろんなお父さんたちと熱い話ができた。
こんな時ではない限り会話できないが、代表や監督とも話ができた。
ちっちゃな小学生チームの監督としては本当に刺激になった。
そうそう、隣の席には
ちょっと???
いやいや…
そうとう雲の上の小学生ソフトボールチームの監督さん。
いろんな話ができて・・・
参考になったし、これで都府楼も10年後には全国か~って・・・
まずは真似しよう。

そして最後のほうにキャプテンの次に
2年生を代表して次男が抱負を発表。
その中で抱負は当然上を目指すことを言うのが当たり前だから
何とも思わなかったが、
普段の練習、グランド内での言動について
副キャプテンとしての自覚の表れ???みたいなことを
大勢の前で発言したことには驚いた。
まだまだ、甘えたところが多い。
まだまだ・・・
しかしあんなことを思って?考えて?発言したことに
成長を感じた。
(言った以上は行動で示せ!!)


さて、都府楼ファイターズは・・・
土曜日は同じ大宰府のライバルチームと一緒に練習。
試合から遠ざかっている中で緊張感ある練習ができました。
・・・しかし・・・
一つ一つの基本プレーの『差』に愕然・・・
選手はどう感じただろうか???

そして日曜日。
OBの姿を見て、野球の奥深い話を聞いて、そして同じ小学生の成長を見て
何かを考えさせようと…意識させようと…
試行錯誤の練習。
まずは挨拶、自転車の整頓で『カミナリ!!』
ただ怒鳴り散らすのではなく・・・『サ・ト・ス』ように・・・

一日副キャプテンの蒼希と大翔。
突然だったがいろんなことを考えて(考えさせて)
言動に移していた。
(ふ~っと一日副キャプテンを忘れている時間もあったが・・・)
そして、壮吾が少し声が止まった時に
『声出して~』っと周りに声をかけ自分から大声を出していた。
午前中で喉ガラガラ・・・

それと今都府楼史上最高に競争が激しい中・・・
(レベルは置いといて…)
午前と午後、翔、康平、成希に徹底的にノック。
ノックの途中、途中で厳しいことを言った。
『3人の中から一人だぞ。もしかすると4人の中から一人だぞ』って。
3人は得手不得手がある。
そこを乗り越えてほしいという前に
今、ここでがむしゃらになってほしいという想いで
ノックを打ち続けた。
ほんと下手。
時にあきらめ感を出す。
でも最後までやりとおした。
(ほんと下手)
久しぶりに僕もマメの中から血が出た。
終わった時に3人とアクエリやジュースを飲んだ。
その時に3人がね・・・
『乾杯』って言ってドリンクを口にした。
ほんと下手くそが・・・
この中で一人しか試合に出れないのに…って…
そんな思いをよそに3人で『乾杯』って・・・
一生懸命にやったからこそ自然と出たんだろう。
もしかすると切磋琢磨。真のライバル。チームワーク???
ってものに気付き始めるのかもしれない。と思った。

都府楼はスポーツエリートの集まりではない。
昔でいう学級委員長がいるわけでもない。
どちらかと言えばどんくさい。集中力もない。
競馬で言えば中央競馬、G1なんて走れない。
地方競馬で必死こいて走るしかない。
でも、可能性はある。

この二日間、有意義な時間を過ごした中で
何か工夫すれば・・・って改めて思えた。

子供の力って…すごい・・・

2016公式戦ラストマッチ

12月4日 日曜日
仲友会岡本カップ決勝トーナメント。
これが2016チームの最後の公式戦。
学生スポーツにおいて最後に勝利で終われるチームは
本当に極わずか。
予選を勝ち上がり、当初の予定が雨天順延の中、
なんとか一つでも上を目指して、そしてなんとか勝利を目指して
この日を迎えた。
会場到着後、雨。
監督会議の中で何かしら順位決定を。ということになり
場合によっては選手によるゲームも検討されたが、
やはりソフトボールで。ということになり
タイブレークによる決勝トーナメントとなった。
わずかな時間で選手たちは体と心を作った。

そして始まった試合・・・

野球を知らないのか?
ソフトボールを知らないのか?

と・・・言ってしまえばそれまでだが、
選手は今教えていることを必死にやった。
ちょっとした隙を見て走る。
ベンチにいて『えっ!!』と思ったが、
『なんで?』って聞くと
今教えていることをやっているのがわかった。
そしてチームメイトも
『しょうがないね。今から今から~』
決して沈む雰囲気ではなく
まだまだやるぞ~という雰囲気を・・そして声を出していた。
最後まで攻めた・・・が無得点。
その裏、オーバーヒート。

でも、精一杯勝利に向けてやったことだった。

あっという間にラストゲームは終わった。
10分足らず・・・
本当に短い時間であったがその間の
『声』、『雰囲気』今までにないものだった。

最後の公式戦後のミーティング。
状況判断や基本プレーの注意点はほどほどに
6年生一人、先輩女の子一人でやってきた
キャプテン弘美のラストゲームについて
『先輩、後輩』そして『思いやり』について淡々と話をした。

僕自身もたった一人の6年生、真っ先に打席を迎えることにしようか?
それとも個々の状態を考えポイントゲッターにしようか?
悩んだ結果、打席に入ることをさせられなかった。

そんな中のミーティング。
最後だからなんだろうか・・・
キャプテン弘美の目から涙が出ていた。
そして、つまらん???5年生も涙を流していた。
智希なんか嗚咽が止まらん。
大晴も嗚咽止まらず言葉にならん。
他の選手も今までに見たことがないような表情をしていた。
胸が苦しくなった。

後輩一人一人が先輩キャプテンに対する感謝の思いを言葉にし
それをたった一人のキャプテンが真剣に聞いている姿。
『思いやり』や『チームワーク』の一つの光景を見た。

本当は(妄想だが・・・)
優勝して最後に最高の笑顔で終わるのを夢見ていた。
でも・・・
たった10分足らずのラストゲーム。
そしてその敗戦は
今の都府楼ファイターズに一番足りないものを
与えてくれたかもしれない。
メダル以上のものをもらったかもしれない。

今年の公式戦はこれで終わり。

後輩たちは上を目指すためには相当厳しい練習を積まなければならいが
この日のラストゲームはこれからの後輩に何か『きっかけ』を残してくれた
最高の試合だった。


弘美、お疲れ様。
そして女子選抜まで後輩の指導よろしく。
後輩たちよ。この日の思いを忘れるな。
徹底的に厳しくいくぞ。



プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR