FC2ブログ

『想定』と『対処』

2016年9月25日 筑紫地区大会
初戦敗退。
これで4連続初戦敗退。

その年年のチーム状況によって違うが
今回に至ってはかなりの時間を要してできる限りの準備をしてきた。
よりベストを・・・
コンバートも決断した。
競争の中先輩を押しのけて下級生の起用も決断した。
そして何よりこの日のためにコーチ陣、お母さん達の最大の協力を得てきた。

この試合、僕がやることと言えば
まず、今持っている力を発揮させること。
そしていろんな『想定』をすること。
自分のチームの長所、短所含め
いろんな『想定』をすることだった。
そしてその『想定』に対して『対処法』を考えることだった。

まあ、『想定』と言えば大方、短所・不安要素を考え
その場合の『対処』をどうとるか?
だった。

その『想定』が甘かった。
そして『想定外』のことが起きた時に『対処』できなかった。

今20人部員がいる。
プンプン君以外不測の事態に対応できる準備はしてきたつもりだった。
でもそれができなかった。

負けるべくして負けた。
監督の仕事ができなかった。
チームを作ることができてなった。

そしてソフトボールを教えることができてなかった。

悔しさばかり。
またも・・・反省・・・


今、最もチームに足りないものもはっきり見えた。

先日の悠悠ホーム杯。
この試合も地区大会と同じ内容で敗戦。
その敗戦後の反省会で
2年生の京汰が・・・
『一生懸命応援できたけど、チームが負けたから次はもっと応援します。』って。
今、上級生が同じようなことを言うとしたら、
『僕は一生懸命応援できました』とか『大きな声が出せました』
で終わる。
もっと言えば
『僕は一生懸命できました』
で終わる。

『チーム一丸で上を目指す』という
今年の目標、上級生が決めた目標。
それに対する『気持ち』や『想い』
それがチーム全体としてまだまだ足りない。
なぜ?
敗戦後3年生が涙止まらず、5年生に白い歯が見える???

強烈に腹が立った。
もちろん自分にも。

少年スポーツの指導って技術ばかりじゃないと理解していたつもりでも
全くできてなかった。

ここをなんとかしないと来年もない・・・



やるせなさが残るばかりだが、
今日夕方、都府楼グランドでO親子が練習していました。
そして時間があるなら『バッティング練習見ますよ。』って言ったら
O兄弟、決めたわずかな時間、家に来て一生懸命バットを振った。
そしてM兄弟もそれを見かけて家に来て一生懸命バットを振った。
あれだけ5年生には突き放すような言葉を浴びせたにもかかわらず
バットを持ってきて一生懸命振ってた。

タ・マ・ラ・ン・・・

選手自身が自分を信じられるように
選手自信が練習を信じられるように
選手自身が仲間を信じられるように
厳しくやろう。

あの子達が心底『勝つために』と思えるように・・・

そして『最高のチームワーク』をもてるように・・・


スポンサーサイト



とある居酒屋で・・

とある平日。
とある居酒屋で・・・

赤と白と青の三人が飲み会。
平日仕事終わりということで
まずは
『お疲れ様~』
『カンパ~イ!!』

何の集まりか?
どうも仕事繋がりではなさそう・・・
話の内容から何か少年スポーツの繋がりか?

はじめのうちは
『〇〇さんのところはどうですか?』
とか
『〇〇くんは良いですよね。』
など
お互いの良いところを・・・
社交辞令ではなく本音の会話。

お酒も進み、そのうちお互いどう教えているのか?
熱いトークに変わっていく。
こうしたほうがいいんじゃないか?
やっぱりこうだ。
などヒートアップ。
同じような悩みもあり様々な意見交換。
時に激論。
アルコールも進む、進む。
気が付けば閉店時間?

最終的に何か結論が出るわけでもない。
それぞれの思いをぶちまけてるだけかもしれない。
でも、青さんには勉強になった。

それぞれの思い・・・共通しているのは・・・

『子供達のために』という思い。

熱い飲み会、討論会だった。

赤、白、青。
子供達が引き寄せた『縁』
子供達のおかげで美味しいお酒
(ちょっと激しすぎたかな???)
子供達に感謝。

さて、翌日。
赤さんは練習だったそうな。
でも大会参加組はきっちり3位入賞。
賞状やメダルをゲットしてました。
おめでとうございます。

白さん。
ここも別の大会で初戦突破。
2回戦突破でベスト8。
熱心な指導が実った結果。
おめでとうございます。

青さんは早朝より先日のアルコールがオーバーフロー。
子供達は早々にオーバーヒート。
我慢・・・
ガ・マ・ン・・・
忍耐の1日だったそうな・・・

チャン・チャン・・・

京汰と諒平

今都府楼にわんぱく坊主がいる。
2年生 京汰、1年生 諒平。

よくもめごとの中心にいる。
でもそんなの些細なことで
チビッ子特有のものだ。
そして、毎度毎度二人だけの問題でもない。
それを助長するレディースがいる。
(ここはガッツリ厳しくいくぞ。)

わんぱく二人。
ソフトボールが大好きです。
その大好きだという気持ちがあるからこそ
コーチ陣の丁寧な指導。
時として厳しい指導のおかげで
とても上手になっています。

今では時々二人でキャッチボールをやっています。

昨日の練習。
4年生以下8人でキャッチボール。
その時も京汰と諒平のコンビ。
上級生はコーチ陣に任せて僕はこっちを見ていた。

まあ~低学年。
そう長い時間集中力が持つものでもない。
間もなく暴投、暴投の連続でさあ、はじまるか・・・
と思い・・・
二人を呼んだ。
そして3年生、4年生も。
そこで、京汰と諒平に・・・
『キャッチボールって一人でできるか?』
とか・・
『思いやり』
についてだとか・・
その話の時はまだ表情に変化がなかったが、
次の話をした時には表情が一変した。
(その話、実は3年生、4年生にも聞いてほしかった。)

するとその後から随分変わった。
もちろんいい方向に。

京汰と諒平。
わんぱく坊主。
今からも何かしら子供らしい言い合いをするだろう。
でも、その内容を黙って見ていると
たのもしさ、たくましさでもある。
本当に楽しみなわんぱく坊主だ。

現状4年生以下、女の子4人、男の子4人
強いとか弱いとかはわからないが、いいチームになる予感はある。
わんぱく坊主二人を含めた8人。
なぜそう思わせるのか・・・

メンタル???
それは・・・そこまで変わらない???

素直さ???
それも・・・そう特別でもないかな???

一番は『観察力』だ。
練習中、試合中のベンチでもチャランポランしているようにも見える。
でも『観察』している。
そして、『観察』して『考えたこと』を少しずつ行動や『影の努力』に出している。
・・・と・・・思う・・・

だから『良いチーム』になるんじゃないかな???
と思わせるのだろう。

・・・8人じゃ試合はできない・・・よ。

仲間を集めようね。


・・・上級生・・・
少し変わりつつあります。
特別上手になったわけではない。
少し『意識』が変わりつつあります。
コーチの皆様のおかげです。

頑張れ!!都府楼ファイターズ!!

良くなりつつある。

バッティングの基本。
まあ~技術的なことも多々あるが、
まずはバットをしっかり振れるようにならないと
その先はない。

そんな中で少しずつ良くなりつつある選手の写真を…

20160827-4.jpg
ドカ~ン


20160827-1.jpg
ドカ~ン


20160827-2.jpg
ドッカ~ン


20160827-3.jpg
おまけにパチ~ン


今日や昨日の努力じゃない。
積み重ねの成果だ。

他にもどんどん出て来た時に
打線になるだろう。

他のみんなも頑張れ。
いつでも見てやるぞ。



テーブルの上に・・・ポンと・・・

2016年9月11日 日曜日

嫁からは聞いていた。
夜家に帰るとテーブルの上にポンと1枚置いてあった。

『よかったね。』と声をかけると
『うん。』

夜も遅くその1枚についての会話はそれだけ。

1年生の時練習が始まって間もなく
厳しさを教えてもらい、へこたれて帰ってきた時もあった。

本人が思う番号がもらえず、さえない顔をして見せないこともあった。

成長痛で練習もできず、もらうこともできず
スタンドで応援することもあった。

でも今回は目につくところにポンとおいてあった。

いろんなことも学ばせてもらい、
いろんなことを考えさせられ、
そして本人なりにいろんな努力をしている。

今は帰ってきた時の表情や結果報告が楽しみだ。
(・・・いまだにガミガミ言う自分もいるが・・・)

練習にしても試合にしてもなかなか見に行くことができない。
ほんとたま~に素振りを見ることしかできない。
練習を見ていない以上『あ~だ、こ~だ』も言えないが
スイングの良い時と悪い時の違いは今でもわかる。
それぐらいしかできないが頑張ってほしい。

これから先もいろんな経験をする。
壁にぶつかることもある。
挫折もある。
その度に歯を食いしばり限界に挑戦し、乗り越えていけ。

そして、目標を高く持って
そして、後悔のない中学野球をしてほしい。

親バカだ・・・
でも、『よかった』・・・ね。

20160912.jpg

ここ最近の・・・

久々都府楼ファイターズのことを・・・

しかし、今年の夏は暑かったなあ~
梅雨明けと同時に暴力的な暑さだった。

その間の都府楼はというと
夏休みに入って
まず、夏合宿。
そして翌週は都府楼地区の夏祭り。
本当にお母さん達に感謝。
当日もそうだけど、この2つのイベントは打合せから準備まで
本当に大変だったと思う。
そのおかげで子供達はいい思い出となりました。

さて肝心のソフトボールの方はというと
太宰府天満宮杯、福岡小学生選手権大会、新人戦に出場。

天満宮杯
昨年までスーパー2年生、今年はすでにムードメーカーになりつつある
プンプン君の活躍でリンク2勝、タイブレークも勝利しパート優勝。
決勝トーナメント初戦、勢いだけでは歯が立たず敗戦。

選手権
何とか初戦突破。
次戦ヘビににらまれたカエルとなり一飲みされ、あっけなく敗戦。

新人戦
初戦浮ついたが、相手投手の故障の影響もあり勝利。
準決勝はできすぎた内容で勝利。
決勝は自ら地雷も踏み、集中攻撃も浴び玉砕され敗戦。

ん・・・
少しは成長している部分はある。
個々の努力の成果も見受けられる。
ただ格上と戦うともろすぎる。

今はまず、
どんな相手でも
どんな局面でも
自分たちの戦いができるようにしないと。

そして今はこの夏の結果が大事ではない。
そこに至った経緯が大事だ。

日々の努力があったからこそ、打つことができた。
日々の努力があったからこそ、守ることができた。
日々の努力をしたが、まだ足りないところがあった。

いろんなことを選手と一緒に振り返って次に生かすことが大事だ。
選手に考えさせることが大事だ。

今ぼんやりと形になりつつある。
それが小さくてもいい。
その代わりどんなことがあっても皸一つ入らない核となるものであればいい。

2016チームとなって一番の成長時期にあるのではないか・・・
そんなところが垣間見える夏だった。

この夏の時間を大きなものとさせるのか?
はたまた夏の珍事とさせてしまうのか?
この秋が大事だな~。

洗脳しかないか・・・
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR