FC2ブログ

娘たちの運動会

5月24日 日曜日
水城西小学校運動会。

直前までの天気予報は怪しかった。

し・か・し・・・

20150526-1.jpg

娘たちの願いがかない・・・

いや~  暑かった・・・

さて二人はというと

20150526-2.jpg
パワーが売りの姉。
(姉妹の中で・・・)

20150526-3.jpg
スピードが売りの妹。
(姉妹の中で・・・)


なんてことはなく・・・
20150526-4.jpg

20150526-5.jpg


やっぱりダンスでも習わせようか・・・

息子たちの時は大声で並走しそうな勢いで
応援していたが、やはり娘たちの場合は
微笑ましく、ひっそりとした応援となった。


女の子らしく、しとやかに…

はたまた…


この日の運動会、都府楼ファイターズの子供達、
同じリーグの子供達、顔なじみの子供達。
みんな一生懸命、最高の表情で頑張ってました。
本当に暑かったけど子供達の笑顔に力をもらった一日でした。


スポンサーサイト



新たなる挑戦

都府楼ファイターズに関わるようになって7年。
瞬間的に20名越えはあった。
でもそれはあくまでも瞬間的で
且つ上級生が充実していた年ばかり。

都府楼ファイターズの監督を任されて
まず考えたことは
地域に愛されるチーム。
子供が集まるチームだった。
だがなかなか思うようにいかず
毎年少人数。

今、OB・OGそしてその保護者の頑張りの積み重ねの上に
20名の子供達がいる。

今までは本当に少人数。
だからこそ徹底的に鍛えることもできたし、
練習量も多いにできた。
少ない選手を育てるための時間は有り余るほどあった。

少人数ならではの問題点の多々あった。
自分の息子たちもその中にいたので
怪我はできない、病気もできない。
人数不足で試合を欠場することはできない。
など・・・
まず、選手人数そのものの問題。
そして出たがり屋の性格もあって
毎週の配車や当番。
これは常に協力頂いている保護者側。

でもそれ以上にチームとして
いつも話題に上がっていたのが、
子供達の競争意識。
もちろん体力的にはチームに入った以上
少々きつい事もやっているが
チーム方針にもある『自主性を持つ。自覚を持つ。』ってことが
なかなか少人数では難しいことだと思われていた。

しかし過去を振り返ると『競争意識』って
少人数んであればあるこそ意外と簡単だった。って思う。

今は20名の部員がいるが正直ドングリの背比べ。
唯一レギュラーはキャプテン心南。

あとは誰がどこを守ろうが、何番を打とうが大差はない。

今の選手たちはチームの中しか見ていない。
それもたしかに『競争意識』である。
しかし、上を目指す以上、外を意識させることが大事。
それが子供たちにとってこれから先の糧になるはず。

今この時期に
本当に嬉しいことに…ありがたいことに…
こんなにも都府楼ファイターズに子供達が集まってくれて
チームとして新たなる挑戦を迎えている。

試合に勝つことだけが都府楼ファイターズではない。

今いる子供達が小学生なりに全てにおいて成長することが先決。

狭いグランド、限られた練習時間
その中でソフトボールというスポーツを通して
技術もしかり、精神的な部分もしかり
そしてチームワーク、友情そんなたくさんのことを
どう教えてやれるのか?

僕やコーチの皆様、お母さんたちみんなから
厳しいことを言われることもあるだろう。
辛いこともあるだろう。

でも、なんのため?

また一つチームとして新たなる挑戦を迎えている・・・
そんな気がする・・・
勝負事の世界において現実は悠長なことは言ってられないが、
この局面を乗り越え、結果が出た先にまた一つ誇りに思える
都府楼ファイターズになるんだろうな。

都府楼ファイターズの主役は選手達。
今いる選手みんなが主役になれるように・・・
頑張らなければ・・・

中学校運動会

5月17日 日曜日
長男と次男が通う中学校の運動会。
長男にとっては中学校最後の運動会。
この2年見に行くことができなかったが、
今回は都府楼ファイターズに休みをもらって
運動会に行きました。

中学校の運動会、さすがに迫力があって
特に3年生はみんな燃えてたな~。
青春してたな~。

最後の方の種目、ちょっと変わった種目だったんだけど
これがまた感動した。

ついつい、頑張れ~頑張れ~って心底応援した。

敗れて涙を流す中学生、そしてそれを抱きかかえる応援団。
青春っていいな。

都府楼ファイターズのOB.。
3年生はみんな一生懸命。みんな夢中になってた。
1年生の方はま~だそのまんまだった。

さて長男
一生懸命走る姿、いい表情だったぞ。
友達といる姿を見ると彼なりに素晴らしい時間を
過ごしてるんだな。と改めて思った。

次男はというと
家ではあまり見せない『生真面目』なところを
遠目に見ることができた。
ブロックリーダーも頑張ってたな。

運動会終わってから気づいたけど
この日シートを広げて家族6人で弁当食べた。
ほんとに終わってから気づいたけど・・・
もしかすると・・
家族6人でシートの上で手作り弁当食べるのは
これから先あるのだろうか・・・
あ~あ、弁当食べるときの写真撮っとけばよかった・・・

長男よ。
中学野球最後の夏がもう目の前。
1チームを除いて他は全て敗戦で終わる。
結果どうこうよりも完全燃焼で終わってほしい。
熱い気持ちを持って、燃えて燃えて燃えまくれ~。
頑張れよ。

まだ・・・まだ・・・

5月10日 日曜日
リーグ戦第3節。

いや~疲れた。

この日歴スポに到着すると
公式審判の皆さんがいない。
『あっ、主審の当番試合があるな・・・』
すると運営委員さんから
『3種または経験者で・・・○○と○○の試合担当です。』
『・・・』
3種持っている人は今日来てないし・・・
まして全勝対決の主審・・・
『誰か~ お父さ~ん』
『・・・』

仕方ない。
全勝同士の好ゲームに水を差さないように・・・
気合いだけはクレームが出ないように・・・
久しぶりに主審をやりました。

両チームの好投手のきわどいコントロール。
主審を泣かせるな~!!

よりによってホーム上でクロスプレ~。
しかも2度も。
主審を泣かせるな~!!

いやいや、素晴らしい好ゲームで
正直緊張もしたし、疲れたけど
主審やってて楽しかった。

やっぱり両投手に目がいった。
ちょっとしたリズムの狂いでボールが先行したり
抜けたようなボールがきたり、やっぱりピッチャーって繊細なポジションだな。

ほんの数球なんだけど、いわゆる失投もあった。
またそれを見逃さずにガツ~ンと打つんだよな~。
ほんと周りをしびれさせるナイスゲームだったな~。

せっかくの経験、我が都府楼に持ち帰らないと・・・

でも両投手ともに5年生・・・
来年もいるんだよな・・・
もっと成長するんだよな・・・
とんでもないな・・・

いつかは都府楼もあんな試合ができるように頑張らねば。
って・・・
選手諸君が主役となって頑張らねば。


さてさて都府楼さんは・・・

まだまだ(その一)
練習は嘘をつかない。
そのまんま。
普段の練習で口うるさく言われていることが試合でもそのまんま。
技術もメンタルも。

1試合目はまたもサヨナラ負け。
悔やむのは最終回の1失点よりも
3-1でリードしていたときの3失点。
取られ方が悪い。
先頭バッターから四球、四球・・・
そしてエラーが絡む。
そして元気がなくなる・・・
何とか意地を見せて同点に追いついたところはよかったが、
そこが限界だった。
最後はワイルドピッチ。で・・・
少し試合になりつつあるが、まだまだ。
ちなみに2試合目はちょっと前に逆戻り・・・(悲しい)

まだまだ(その二)
今、ほんの少しだけど勝ちたい。
とか、強くなりたい。って思いがチラホラ見えたり見えなかったり。
だから、厳しいことを言い続けても萎えることなくやっている。(?)
だから、まだまだ厳しく上を目指すために教えることができる。
ちょっと良い感じになってきたかな???
まだまだ成長するだろう???

最後に二人のピッチャーへ。
二人が頑張っているのはわかってる。
康生君
良いボールを投げれるようになりつつある。
体力面やピッチィングフォームはこれからもっと良くなるように
一緒に頑張っていこう。
メンタルはね、おまえが自分で克服していかないと。
克服する『きっかけ』は与える。
だから、自分で固い殻を破れるように頑張れ。

心南君
サヨナラ負けの後、都府楼グランドでお父さんと
ピッチィング練習している時に声かけなかったけど
その思いを忘れないで頑張れ。
おまえはチームで一番頼りになる選手だ。
ゲーム展開や流れ、自分の役目を十分わかっている。
剛球投手でないことも自分でわかっている。
でもね、剛球投手だけが素晴らしい投手ではない。
おまえに期待するのはそんなことじゃない。
これからもとんでもない場面で緊急登板することがある。
そこで自分の武器を発揮できるような選手になってほしい。

ピッチャーってほとんどつらいことしかないよ。
負ければピッチャーが。って言われるし
勝ってもなかなかヒーローにはなりきれないし
野手より倍練習しなければならないし
ほんとつらいことばかりだけどその分ピッチャーにしかわからない
楽しさもあるし、おもしろさもある。
だから頑張れよ!!

都府楼ファイターズには可能性がある。
まだまだ大いにある。
頑張っていこう。

加藤杯

5月5日 火曜日 子供の日。
毎年ソフトボールざんまいのGWの最終日の大会。
ふと思うと毎年この大会は不思議といい試合をする。
その年々でチーム力は違えどそれなりにいい試合をする。

多分、連日試合尽くめだから???
今年も4日連続ボールを握ってバットを振った。

今年も今のチーム力から言えば1勝1敗はそれなりに・・・
だろう・・・

でも、すっきりしない。

1試合目。
なんとかかんとか・・・
最後は勝つことに慣れてないチームならではで
あっぷ、あっぷしながらなんとかアウトを3つ取った。
これは今後につながるだろう。
今のチームにセーフティーリードなんてない。
リードして迎えた最終回の守りの緊張感。
この経験は都府楼グランドの練習では無理。
だから、『えっ!!』て思うことがあっても
なんとかリードしたまま試合を終えたことは『良し』とできる。

ところが・・・
2試合目。
スコアだけ見れば、こんな試合もできるんだ…
なんて思えるが・・・
ところがこっちの方がたちが悪い。

攻撃は無安打。
ここは問題視してない。
打撃に関しては今どうこう言う段階ではないから。
問題は走塁。
ヒット無くてもノーアウト1,2塁のチャンスをもらいながら、
簡単にアウトを献上。
あっさり攻撃終了。

走塁の練習もしているが・・・
走塁の大事さも言っているつもりだが・・・

やっぱり足りなかった。

実戦を通してしか経験できない事とは理解しているが・・・

過去の同じようなチーム状況とついつい比較してしまう。
ストライクが入らない。
ついついエラーしてしまう。
打てない。
そんなの練習あるのみ。
でも、走塁に関してはスピードは無くても
がむしゃらさは他チームとひけはとらなかった。
これって経験あるのみ。
なのだろうが・・・
意識の差も大きい。

0-2の敗戦。
スコアはもうちょいだけど
内容は完敗。

そこをどう選手に理解させることができるか?
こりゃ難しいわ・・・
だって0-2で満足してる雰囲気じゃね・・・

上を見なきゃ。

まあ、一つ一つ、一歩一歩頑張るしかない。


さて、予選リンク敗退後の練習試合。
GW一生懸命頑張った下級生での試合。
監督はKコーチに任せてバックネット裏から
他人事のように観戦。
一保護者として楽しく観戦できた???

4日連続のソフトボール。
都府楼ファイターズにある可能性を・・・
子供達が持っている可能性を・・・
改めて? ほんの少し? 見ることができたかな・・・


・・・番外編(感慨)・・・
あれから1年。
監督として親として最悪の言動から1年。
あの日の賞状と準優勝カップは2014チームにお願いして
今、自分の部屋にある。

次男坊の練習も休みで…なぜか? 『試合に行く』と…
決して後輩の面倒を見るわけではないが・・・
ほんのわずかだが、1年前の話をした。
この巡り会わせに感謝・・・



5番・セカンド

5月4日 月曜日
今回は次男坊。
先輩たちは宮崎。
1年生は松川で練習。

夕方に1年生だけで紅白戦。
だったそうだ・・・

5番・セカンド。
だったそうだ・・・
(セカンド???)

3打数1安打。
だったそうだ・・・
(なんやそれ・・・素振りしとらんもんな・・・)

左中間へのヒット。
大根切りのサードフライ。
セフティーバントでスリーバントの三振。
だったそうだ・・・

まあ~よくしゃべる。

お前がセフティーバント?
なんで左中間でシングルか?
左ピッチャー打てんけん。
ヘッスラ?
スラパンいらんやん。

会話が弾んだ。

練習のきつさに涙を見たこともある。
(ソフト時代もそれぐらいやってくれれば・・・)
でも、厳しい中で楽しそうにやっている。
スポーツを通していろんな意味で成長してくれればそれでいい。

今は厳しさの中で伸び伸びとやっている。
なかなか見に行くことはできないが、頑張れ!!


さて、都府楼さんは・・・

先輩と呼ばれている6年生。
6年生を見て後輩はいろんなものを学ぶし、育つ。
決してスーパースターだけがいい先輩ではない。
いい先輩とは?
なぜ、『先輩』って後輩が読んでいるのか?
先輩って誰より先に叱咤激励を受ける。
『6年生、6年生』って怒られる。
それは、先輩だから。

君達の行動に期待する。
ヒット、ホームラン、ファインプレーよりも
がむしゃらな姿に期待する。
そして先輩としての自覚に期待する。
頑張れ6年生。

練習試合

5月2日 土曜日
この日は大刀洗運動公園で大練習試合に参加してきました。
総勢20チーム。
開会式がないだけで大会さながらの雰囲気。
昨年までの選手はいろんなところへの遠征経験や
いろんなチームとの対戦経験があったが、
今の選手にはそんな経験キャプテン除いて全くと言って良いほどない。
今のチームには何事も経験、経験と思い
試合にならないことは承知で参加させてもらいました。
20150502.jpg


さて毎年この時期、ぐっと気温が上がり暑さにやられる選手が
出始めるころ。
夏を未経験の選手が多い、今のチーム、
一人二人出るかな~・・・と思っていたら・・・
バタッ。
バタッ。
バタッ。
一人・・・二人・・・三人・・・四人・・・
ほんで『手が痛い』・・・『足が痛い』・・・
6人ほどリタイア。
みんな幸い大事には至らず…
ちょっと休むと笑顔…
『試合でれま~す』…
良かった・良かった…

代わる代わるリタイアする中、
『わあ~試合できん。』ということなく
3試合させて頂きました。
ここ数年では考えられないことだ。
今まではちょっとけが人が出ると
『頼むから、頑張ってくれ~』っていう思いだったけど・・・
この日は『じゃ~○○が先発だ。』ってすぐ切り替えられた。

今のチームにたくさん足りない物の一つ。
競争意識。
その種をまくことができたかな。

ちょっと意地悪だけど…
誰がどこを守っても失点は同じだった。
6年生主体でも・・・下級生主体でも・・・

『試合に出たい』と
『レギュラーになりたい』と
強く思う選手が出てくることを期待する。

招待いただいて本郷さん。
対戦いただいたチームの皆様本当にありがとうございました。
次は少しでも成長した姿を見せられるよう頑張ります。

5月2日 練習試合
三奈木さん 0-12 ×
山川さん 0-12 ×
朝倉さん 13-0 ×

とほほ・・・

そうそう忘れないように。
過去ちょっと遠くで練習や試合して都府楼に帰ってくると
選手達はぐったりしていた。
昨日は帰りの車の中でも元気よく、グランドついても元気よく・・・
体力があるからなのか???

チ・ガ・ウ・ナ・・・

まだまだ・・・
キ・タ・エ・ガ・イ・ガ・ア・ル・・・

ということにしよう。

さあリーグ戦初勝利を目指してがんばっていこう。
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR