FC2ブログ

『経験』・・・少しは・・・

10月26日日曜日。
筑紫地区ジュニア選手権。
第一試合
とにかくしつこくしつこく選手に言ったのは
試合前の準備。
当日の準備する時間、20分だったり2時間だったり、
今までいろんな経験をしてきている。
この試合はきちんと調整して試合に入っていった。
それともう一つは前日言ったこと。
反省することがあったのならそれをいかすこと。
選手はきちっとできることを。ベストを尽くした。

第二試合
この試合は『我慢比べ』ということを数多く言って臨んだ。
この大会はトーナメント戦、当然対戦相手のレベルも上がる。
そして選手達も『勝ちたい』とか『勝たなきゃ』って気持ちも強くなる。
今までその気持ちが時として空回りしたり、ちょっとしたことで
プッツンしてきた試合も多々あった。
そうならないことがベストだが、ちょっと歯車が狂うと
そうなってきていた。
その度に僕も怒号をあげてなんとかしようとしてきたが、
上手くいくことが少なかった。
4回の守り、ツーアウトからインコースを狙った投球がデッドボール。
ちょっと嫌な感じがした。
するとそんな予感、当たらんでもいいのにミスも出て…
悪童も顔をだし…悪い流れに…
すかさずタイムをとって淡々と言ったのは
『我慢比べ』。
なんとか最少失点で止まり、結果勝利。

僕も今年一年散々いろんな経験もしてきたし、
選手もいろんな経験をしてきた。
経験したからといって1度や2度で完璧に克服できるわけではない。
でもこの日の2試合は、少しは選手が自分達みんなで経験をいかした試合だった。

この日は正遊撃手の真郷が故障で出場不可。
戦力としてはダウンするし、人数増えたからといって
一人が欠けると四人はポジションが入れ替わる。
一人欠けたところにその変わりが入るほど人材豊富ではない。
それぐらい層は薄い。
しかし、今までも病欠や故障でベストを組めずに
試合をこなしてきて、ある程度結果も出た試合もあった。
正直、ん・ん・ん・・・と思ったが
ここでも選手たちが今までの経験をいかした。
違和感少なく試合をしていた。

経験・・・少しはその大きな財産をいかすことができた2試合でした。
僕自身、前日の苦しい? またか・・・って試合を見ていないせいもあるが
チーム一丸となり経験をいかすことができた2試合でした。

今週末も頑張れ、都府楼ファイターズ。

番外編
2015チーム、土曜日、日曜日で無理をお願いして
2試合、2試合の計4試合。
4試合で60点?70点?
総評ではない…
4試合の失点数…

失点数…
数字よりもその内容…
内容よりもその経緯…
今までにない経験。
試合経験者もさることながら、7月に9人そろって今13人。
また、新しい経験をする。
今はどうしようもない。
でも、日曜日ボロ雑巾のようになった後のミーティングでの
チビッ子達の表情は、眼差しは、なんちゃって監督を熱くさせるものがあった。
なんとかしてやりたい。
厳しいことを言うことが増えるのは間違いないが
今年の、今のチームが歩んできた道のり、その経験を
いかさないと・・・
そう改めて思った60?70?失点。
頑張れ!! カルガモ軍団。

スポンサーサイト



夕日

10月25日土曜日。
どうしても出勤日。
都府楼さんはメモリアルパーク杯。
いてもたってもいられず、鶴の一声でそそくさと大佐野野球場へ・・・

都府楼駅に着いたときは・・・
終わってた・・・

ザ・都府楼カラー全開。
内容は聞いただけで見てないので
『何か反省することがあるのなら、次に活かしなさい。』とだけ。

でも、挨拶・・・

できないチームが勝てるわけがない。
そんなチームにしか育てられない僕が反省。
良いも悪いもそんなチームカラーにしかできなかった僕が反省すべき。

反省だけならサルでもできる。
そう選手に言った以上、今の5年生以下は徹底的にそこをやらないと…

予選終了後
空いたグランドで新チーム練習試合。
確かにほんの少し前進中。
でもね・・・
と思う所もある。
さ~てどうすっかな~。

大佐野野球場を出るときのグランド挨拶。
ちょっと前に見慣れた夕日だった。

6年生へ。
これからも試合は続く。
それはチームとして試合をしていく。
『俺達の代』なんて言っているが、
そんなんで試合をしているわけではないから頑張りなさい。
5年生以下へ。
『次は俺達』って思っているかもしれないが
練習試合をさせていただくレベルではない。
上手だとか、下手だとかではいよ。

『聞く耳』を持ちなさい。
まずはそこからじゃ・・・

朝早くから夕暮れまでの今日一日。
この一日を次にいかさないと・・・

明日はどんな姿を見せてくれるのか?
やっぱり期待してしまう。
僕もできることをやらないと…

頑張れ都府楼ファイターズ。

・・・焼酎が減っていく・・・

2014リーグ最終戦

10月19日


2014リーグ戦最終節。

監督1年目
どうしても仕事の都合がつかずグランドに足を運ぶことができなかった。
僕自身残念な思いと同時に選手たちに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

2年目
同じ小学校の水城西さんとの一戦。
序盤点の取り合い。
劣勢に回った時、自慢のキャプテン南帆の『まだ負けてないよ。頑張るよ~』
とナインを鼓舞する掛け声と6人の6年生が大活躍をしたことが
今でもすごく印象に残る試合。

3年目
今のチョイ悪わんぱく軍団、それまでリーグ戦2勝。
なんとか有終の美を・・・と思い、やってきたことを出し切って勝利。
最終回2アウトから子猿の飛翼、望夢の連続小技でサヨナラ勝ち。

そして今年
初回ノーアウト3塁、2回1アウト3塁のピンチをみんなで切り抜けた。
『守り勝つ』ことが少しできた試合だった。

野球もそうだけどソフトボールも・・・
少年ソフトボールになると特に・・・
ピンチをなんとか凌ぐと大抵不思議とチャンスは訪れる。
1,2回のピンチを無失点で切り抜け
2回の裏、賢志が四球を選び、続く飛翼。
ここんとこず~っと不調だったが、前日の練習で復調の兆しが見えていた。
痛烈に三遊間を抜けるヒット。
続く望夢。欲を言えば一球で決めてほしかったが
サインは声を出してバント。
1アウト2,3塁、先制のチャンス。
そして成ちゃん。
初球をこれまた痛烈に三遊間。
1点先制。
3回の裏、雄也の詰まりながらどでかいライトオーバー。
残念ながらツーベース。
飛翼のタイムリー。
そして成ちゃんの今シーズン2本目となるスリーランホームラン。
これで完全に流れをものにしてその後は無難に守りきり最終戦勝利。
この試合、みんな頑張った。

成ちゃん・・・
常に努力をしてきているのを知っている。
入団した当初はキャッチボールも全然。
でも、ずっと努力。お父さんと夕方キャッチボールをしている姿を何度も見てきた。
チーム練習より厳しいことを言われ続けながら…
素振りもずっと続けてきていた。
マンション前のアスファルトの上で一人でやっている姿。
時には僕の家にきて汗びっしょりになるまで、
バットを振り続けてきた。
なかなか結果として現れなかったが、
この試合で先制、ダメ押しの4打点。
一皮むけるのか?という期待感よりも
このリーグ最終戦で素晴らしい結果が出たことが嬉しかった。
(よかったね。成梧・・・よかったですね。日下部コーチ・・・)
そしてもう一人・・・
これまた打撃絶不調。
これは上手に教えきれない僕が悪い。
でもここ最近の練習でいい声を出している。
常に声を出しているわけではなくほとんどは声出せ~と怒られているが、
最近『ドンマイ・ドンマイ』、『ナイスボール・ナイスプレー』と
本当に良いタイミングで良いかけ声をかけている。
特に守備練習の時にその掛け声が耳に残っていた望夢。
望夢には真郷が怪我をした時にショートを2ヶ月ちょっと任せた。
その経験も生きたのかもしれないが、最近守備範囲が広がってきていた。
体が小さく、体調の善し悪しがもろに動きに出てくるが、
この試合で最高のプレーをした。
センター前に抜けるか?という打球を出足よくナイスキャッチ、
そしてすかさずファーストへ。
超・ファインプレー。
どこの選手か?と思うぐらい…
ベンチに帰ってきて『ナイスプレー』と声をかけた。
守り勝つチームとって、なくてはならい選手になった。

この試合一人一人、この日にできるベストを出して頑張って
有終の美を飾ることができました。

2014太宰府少年ソフトボールリーグ戦。
15勝1敗。
12年ぶりの
優勝!!

毎年そうだが、特に今年は2年かけて
一つの目標としてきたリーグ制覇。
無謀な大会にも挑戦してきた。
試合して頂いた相手に申し訳ない試合も多数してきた。
少ない人数で少ない世帯数で
毎週のように出かけ無茶をしてきた。
やってきていることが間違っているのだろうか?
自問自答することばかり。
でも信念は変えずにやってきた。
前節で優勝は決定したが、この日の最終節の勝利。
そして閉幕式で選手が表彰されるのを見て
そしてチームが念願の優勝旗を手にして本当に嬉しさが込み上げてきた。

チョイ悪わんぱく軍団リーグ戦優勝おめでとう。
また一つチームの歴史に足跡を残したね。
都府楼ファイターズには可能性がある。って言い続けてきたけど
それを結果として残せたね。
保護者の皆様悲願ともいえるリーグ戦優勝おめでとうございます。
そしてOB・OG、その保護者の皆様、先輩コーチ陣、
一年一年の経験を財産とし、肥やしとして一つの大きな花を咲かせることができました。
ありがとうございました。
太宰府リーグの皆様、8人しかいない時だろうが、試合にならない時だろうが
胸を貸していただき、そしてチームの垣根を越えてご指導いただき
本当に感謝しております。


では閉幕式~打上げの写真を…

20141019-1.jpg

20141019-2.jpg
優勝旗、優勝カップ、メダル、賞状

20141019-3.jpg
最多投手賞15勝 寛太

20141019-4.jpg
最多本塁打王9本 寛太

20141019-5.jpg
躍進賞 2013年7位→2014年優勝

20141019-19.jpg
2014太宰府リーグ最優秀選手賞(MVP) 雄大

201419-6.jpg
2014 8人の6年生

20141019-7.jpg

20141019-8.jpg


20141019-15.jpg
リーグ戦打上げ、祝勝会

20141019-13.jpg
リーグ戦打上げ、祝勝会

20141019-14.jpg
リーグ戦打上げ、祝勝会


番外編

その一
15個の優勝メダル・・・
優勝メダルを15個いただきました。
まずは文句なしに8人の6年生。
そして今の6年生に必死でついてきた
5年生心南。
4年生弘美。
そして申し訳ないが30,31,32。

そしてこの選手にも
20141019-6.jpg

湧心。
昨年12人だったころ、幾度となくチームの力になってくれた。
忘れもしない昨年の西日本の太宰府市予選、当日朝8人。
なんとか試合までにグランドに来てもらい、
レフトで出場。
そして地区大会への出場を決めた。
当時2年生一人。
マイペースながら昨年から今のチームのメンバーで一緒に頑張ってきた。
僕は選手みんなにメダル授与の理由を話した。
迷いはなかった。

そしてもう一つは中村コーチに・・・
今年になって仕事の都合で試合を見ることができずに
この日もグランドにも祝勝会にも参加できなかった。
でも夜に息子から『ありがとう』の手紙を添えられて手にしたとの事。
よかった・・・


その二
サプライズのつもりがサプライズを・・・
この日我がチームが誇る空手家愁冶の誕生日。
今や全国レベルを超えて世界レベルの空手家。
祝勝会の時にサプライズで準備した誕生日ケーキ。
20141019-16.jpg
チーム全員でハッピーバースデイを歌い終えると・・・
愁冶が感極まって号泣。
そんな姿を見てサプライズのつもりで準備したチーム全員が
サプライズを受けた。
本当に真面目で一生懸命な選手。
そんな愁冶の思いもよらぬ一面を見て
来年、勝敗の上では厳しくなるがきっと強くなれると思った。
思い出に残る誕生日となってよかったね。


その三
次男坊とやってきて・・・
決して感心できるスポーツマンではない。
よく、右や左にひねくれる。
まだまだ甘ちゃんの普通の小学生。
低学年の頃から不条理なことも言ってきた。
右手右足なんでも飛び出した。
でも、あいつなりに頑張ってきた。
その結果がでた。
20141019-18.jpg

20141019-17.jpg

親としてはやっぱり嬉しい。

残り2ヶ月・・・
平日見てやることはできないけど、頑張ってほしい。
手を抜くとすぐ結果として現れるぞ。

送られてきた1枚の写真

都府楼ファイターズ。
2014チームが始動した時は12人。
4月まで12人。
出場が危ぶまれた8月の新人戦、
なんとかかんとか9人そろって
大会に出場。

その勢いの乗って今21人。
本当に嬉しい事だ。
新しく仲間になってくれた選手は
ランニング、体操、ダッシュ、そこでフッラフッラになる選手もいる。
でもみんな一生懸命。
そんな漫才チームも練習を重ねるごとに
少しずつ、少しずつ成長している。
キャッチボール?
まだまだ・・・
ソフトボールのルール?
まだまだ・・・
何かの練習に対する集中力?
もって5分・・・いや、3分か・・・
でも、少しずつ、少しずつ成長が目に見える。
決して運動神経が良い選手ばかりではない。

多分・・・
運動会でリレー選手???
スポーツテストでA???
そんなんでなくてもソフトボールを楽しく
そして、好きで、楽しくやっている選手ばかり。

来年は成績を予想すると
本当に苦しいかもしれない…
いやいや相当苦しい…
でも、
可能性はある。
頑張っていけば光は見える。

そんな漫才チームのちょっとした成長と
こ~のやろ~・・・
という思いでチビ達のキャッチボールを見ることが多い練習。

試合なんてま~だまだ。
だけど・・・
試合経験が一番の近道。
いつものグランドでやる練習の意味を簡単にわかってもらうには
練習試合が最高の参考書。
どうすれば・・・
2015チームのことを考えることが少し多くなってきたこの頃・・・


でもやっぱり2014チーム。
今あいつらのコンディションをコントロールするとすれば
もちろん技術、体力もあるが
メンタルが主。

そんな中・・・
今日1枚の写真が送られてきた。

中村コーチから。
初めて送られてきた。

その写真自体もそうだが、初めて送られて
今思うこと・・・

今週土曜日、半日だけの練習となるが、
今、教えられることを精一杯やるだけ。
たった半日。
だけど翌日に向けて
やれること。
言ってやれること。
絶対にある。

後悔残さずに日曜日を迎えたい。

その送られてきた1枚
20141015.jpg

やれることを頑張ろう。

結果よりも都府楼ファイターズのチームスローガン。
それをやれるように…

出ました・・・大笑い・・・

今日の夕食、家族だんらんの時間。
出ました・・・

その一。
母さん『長男に向かって(猫背)はよくないよ。シャキッとしなさい。』
長男『父さんだって猫背やん。』
父さん『父さんはもうじじいだから…』
長女『あゆは~???』
母さん『あゆは大丈夫』
次女『いずは~???』
母さん『いずも大丈夫』
次女『そ・し・た・ら・・・いずは・・・???』

でた~~~
次女の天然・・・
皆大笑い。


その二。
長女『優勝旗って今年だけやんね~』
父さん『難しいとよ~。来年も頑張らんと…』

試合結果を聞くたびに拗ね気味の・・・
長男『来年、心南返しっぱなしや~ん』
父さん『こら~。』
次女『でも、そうなるや~ん。いず達下手やし。』

こら~~~
来年も県大会目指すぞ~。


その三。
しばらくして
僕は換気扇の下・・・喫煙所・・・
どうやら、友達のお母さんの話。
〇〇くんのお母さんは何歳?
〇〇くんのお母さんは?
その度に母さんがどうだの・こうだの答えていた。
すると・・・
次女『えっ~~~母さんの方が上に見える~~~』

換気扇の下で・・・ブッ・ブッ・ブッ~と吹き出しそうになった。

時には???
いやいや、やっぱり???
家族だんらんはいいもんだ。

ワンプレー

10月5日日曜日
リーグ戦第9節。

第8節の敗戦・・・

選手も含め、コーチも含め、保護者の皆様も含め
チーム全員が『勝つ』ことの難しさと、
表現しようがない苦しさを経験した敗戦から
むかえた第9節。

都府楼ファイターズの選手はよく頑張りました。
僕が思う以上に選手はいろんな思いがあったと思うが
それを選手が自分たちで乗り越えてくれました。
コーチ陣も保護者もチーム一丸となってそれをサポートしてくれました。
今日、『勝った』という結果は今までのみんなの頑張りの成果でした。

試合展開、初回のもらったチャンスを勢いに変えて
押し切った内容だったが、
その中に今まで山あり谷ありの中で本当に一生懸命
チョイ悪わんぱく軍団が頑張ってきたワンプレーがあった。

ダメ押しとなる得点。
年間1回あるか?ないかのプレー。
そのギリギリのプレーがここでできた。ってことを大いに褒めたい。
全員が同じ意識で集中していた。
1本のヒット、ホームラン、ピッチャーのノーヒットノーラン。
そんなことより今日のワンプレーが出来たってことがほんの少し
チームの強さを感じた。

ほんとだらしない試合もする。
でも、今日みたいなとんでもないプレーもする。
都府楼ファイターズって大人を悩ませるチームだ。

今日は体にいいお酒を飲ませてもらってます。
チョイ悪わんぱく軍団、ありがとう。


キャプテン雄大へ。
10月4日土曜日午後の練習
お前の腹の底から出る声、
表現悪いがチームメイトを怒鳴るような声。
その声も今日の勝利の一つの大きな要因だ。
1本のヒット、ホームランそれよりも大きなビッグプレーだ。
今日の試合前の準備、それよりも大きな大きな大事な準備だったよ。
あとわずかな時間、頑張れキャプテン。

今日の勝利でリーグ戦優勝決めました・・・

まだまだ2014都府楼ファイターズの試練は続くが
ほんの少しだけおめでとう。


番外編
2015チーム
都府楼ファイターズの拳骨ルール。

多分増える…
今までの3倍・・・

今、いろんなことを
感じて・・・
考えて・・・

やれ!!

やればできる!!

かならずできる!!

自覚を持ちなさい。
自主性を持ちなさい。

まずはそこから。


心機一転

2014年10月1日。
心機一転。

振り返れば今までも大なり小なり悩み事や迷うことばかり。
その度に何かしらの決断、結論を出してきた。

まさか・・・
ここにきてこれほど大きな決断をしなければならないことがあるとは…

自分で決めて、進む道を選んだ今、スッキリ。

いろんな先輩方から、
『無駄なことは一切ない』
『物事に意味の無いことはない』
と言われたことを思い出し、少しは深呼吸しながら考えることができた。
この言葉には『無駄にしない。』、『無意味なことにしない。』という
次の行動の重要さも兼ねているが…

いろんなことを考えている時間に
ふと自分が若かった頃の口癖を思い出した。
『基本は楽しく』

今仕事もプライベートも少年ソフトの監督も
楽しくやれているだろうか?
その瞬間、瞬間全てが楽しいなんてことはない。
ほとんどはその反対。
でも苦しんでばかりじゃ窒息してしまう。
『基本は楽しく』って若いころ酔っぱらう度によく言っていたけど
そうするためにはすごく大変な事なんじゃないか?と
改めて考える時間だった。

心機一転、自分がどこまでできるのか?
頑張るか。

長男へ。
多感な時期。
今君がやるべきことを精一杯やれば、
あとは自由に、思うようにやってみればいい。
やってみて間違いがあればそこで正せばいい。
青春を謳歌しろ。

次男へ。
あとわずか。ってところで
首根っこを引っ張るようにしてグランド行って
ボールを受けることはできなくなった。
やらされる練習ではなく何かのためになる練習頑張って。
その何かは、なんでもいい。
結果よりも自分で考えてやることが大事だぞ。

長女、次女へ。
さあ、今からって時に兄ちゃんたちのように
細かく見てやれないけれどやればできる。
頑張って。

ミス都府楼へ。
ちょっと失礼か…
ミス筑紫地区へ。
ちょっと嫌味か…
いろんなこと頼むよ。

心機一転。
さあ、さあ、今から…
中年オヤジの踏ん張りどころ。



週末都府楼さんは優勝をかけた一戦。
スローガンに〇〇を信じて・・・ある。
僕は選手を信じる。
結果に対して説教はしない。
過程を大事に、そこに重きを置きたい。
できるかな・・・
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR