FC2ブログ

結局、僕が未熟だから…

9月20日21日土日でリーグ戦4試合。

大事な4試合目に黒星。

対戦頂いたチームの気迫、執念に負けた。
完敗。

東ヶ丘さんも絶対に負けられない試合だった。
都府楼も絶対に負けられない試合だった。

そんな大きなプレッシャーの中で都府楼は
自ら崩れていった。
いつもの悪い負けパターン。

ダイヤモンドの中心が崩れ始め、その渦にナインが巻き込まれていく。
ベンチも何とか止めようとするが止められない…
結局試合にならなかった。

試合中何度も奥歯をかみつぶした。

試合後は6年生だけ集めて淡々と話をした。
相手に負けたのではない。
自分に負けたのだと…

試合が終わって家に帰ってから悔やんでも悔やみきれず
ず~っと考えた。

ここ最近家の中での会話で先週の藤本杯かもしくはこの週末で
やられるのではないか…という弱気な発言もあった。

いつもと同じパターン・・・

いつもと同じ・・・

振り返ると3度出場した県大会。
当たって砕けろではなく、ここは落とせないという試合。
よくよく考えるとプレッシャーのかかる試合。

初めてああなった時にはただただ怒鳴るだけの監督兼父親。

本当に調子が悪くてだらしない時もあるが
昨日は調子が悪くてああなっていったのではない。
決してほめらるところは一つもないがもっと根深いものが原因だった。


この体制で初めてリーグ戦の優勝争いをしている。
僕自身選手たちに大きな期待を寄せるとともにプレッシャーもある。
僕が初めてってことは知らないってこと。経験がないってこと。

僕がプレッシャーを感じている。
そしたら、選手はどうなんだろうか…
今まで深く考えたことはなかった。
県大会で一勝もできずにおわり、その時は
『ああいうところで普段通りにやるって難しいよね』って会話だけ…
じゃあ、どうしていかなければ。って深く考えたこともなかったし
行動を起こしたわけでもない。
昨日の試合、優勝争いという大きな大きなプレッシャーのかかる試合。
『負ける』ことに対する恐怖心。
その見え隠れするサインに対してただ押さえつけるだけ。
最悪のパターンを少なからず想定していたにもかかわらず
何の手立てもせず送り出した。
試合中その兆候が出始めた時にも
良い方向に導く指導もできなかった。

経験豊富な監督なら
もっと違った準備があっただろう。
もっと違った言葉をかけられただろう。

よくよく考えると結局未熟なのは監督だ。
整理整頓とか挨拶などの繰り返しの指導とは違う。
未熟な選手、未熟なチームしか育てられない。
その選手を見て、チームを見て『何やっとんじゃ~』って
そのチームの監督が怒る???

敗戦後、あの日が頭をよぎり、悔しい一夜を過ごした。

ピッチャー 寛太。
キャッチャー 雄大。
ファースト 雄也。
セカンド 望夢。
サード 飛翼。
ショート 真郷。
レフト 成梧。
センター 賢志。
8人の6年生。
2年間ほぼこのポジションでやってきた。
そしていろんな経験と結果を都府楼ファイターズにもたらしてくれた。
今、もう一つ大きな経験を選手が頑張ってチームに与えている。

今更チームカラーなんて変わらないし、変えようとも思わない。
爆発力もあればもろさもある。
良さもあれば悪さもある。
そういうチームに作った責任は監督にある。
敗戦の責任は監督にある。

でも・・・
あと2回チャンスがある。
昨日よりもっと大きなプレッシャーがかかるだろう。
みんなでそれを乗り越えていこう。
結果も確かに大事。
それよりももっと大事なものがあると思うし
こんな経験できること自体素晴らしいこと。
緊張やプレッシャーに打ち勝った先に待つものよりも
それを乗り越えること、打ち勝つこと自体がすごい価値がある。

都府楼ファイターズのスローガンを頭に入れてみんなで挑戦していこう。
頑張れ6年生。

スポンサーサイト



練習から藤本索子杯そして悠悠ホーム杯

9月13日土曜日、練習。
勝ったり負けたりするその結果よりも
僕からすれば一生懸命できるのか、
失敗を成功に結び付けようとするのか、
コーチの指導を真剣に聞いているのか、
できないことにチャレンジしようとしているのか、
そんな姿が見えたり、見えなかったり
そっちの方が重要だ。
そんなところがいい方向に出ていればおのずと結果も前進していく。
今年のチームもなんで?と頭を悩ますことが多い。
とにかく良い時とそうでない時の波が大きい。
何も言うことがない時があったかと思えば
一日血圧上がりっぱなしの時も…
なぜなのか・・・
常に良い時が続くなんて思ってない。
悪い時から良い時に変わるスイッチ?
これがいまいちつかめない。
変わるための『きっかけ』をより多く作ってやるしかない。
先週の練習試合、午前と午後で180℃違っていた。
何が原因なのか…

この日の練習は
『何事にも理由がある』
『何事もつながっていく』
それをしつこく言った。
メニューはいつもと一緒。
ただ、『あっ』と思うことがあればすぐさま練習を止めて
姑のように話をした。
やさしく言う時もあったが、
やはり大声で言うことも…
相対的に点数つければ70点ぐらい。
ちょっとしたことのマイナスポイントって大きい。

そんな練習の中、午後になって
拓人が目を引いた。
同級生の心南が体調不良、愁冶が空手で不在。
5年生一人。
ワッ~と感情を出すことはない。
でも、率先して声を出していた。
ま~だ腹の底から出てくる声ではないが、
声が止まった時には真っ先に声を出していた。
素振りを見ても、平日振ってきたんだろうな。と思ったし、
なにより、僕が『これから期待してもいいか?』って聞くと
『はい』という返事がきた。
ちょっと前まではなかった返事。
一歩一歩頑張っていこうぜ。

9月14日日曜日、藤本索子杯。
太宰府9チームワンデイトーナメント大会。
正直リーグ戦とは違ったプレッシャーがあった。
当日抽選。
初戦がどこになるのか?下手すりゃ4試合?
開会式終了後の抽選・・・
直後の第一試合に決定。
慌てて練習のピッチを上げた。

よく、甲子園で上位進出したチームの監督さんが
『大会を通して選手が成長してくれました。』
なんてコメントをしているが、
まさしくこの日のチョイ悪わんぱく軍団は試合ごとに良くなっていった。
特に打撃面では全く振れてなかった第一試合から、徐々に振れるようになってきた。
(ん・ん・ん・・・準備不足か…)
やっぱりどんな大会もそうだけど初戦って一番重要だよね。
さすがに決勝戦では選手は気付かないだろうが僕から見れば
疲れの色が所々に出ていた。

1日、4試合目の決勝戦。
あの日と同じ。
結果はどうであれ同じ失敗はできない。
戦術だとか技術の適切な指導は僕にはできない。
ただ、今できる精一杯の力を出させることだけ。

選手は本当に頑張って、全力を出し切って見事に勝利。

藤本索子杯 優勝!!
20140914-3.jpg

20140914-2.jpg

太宰府9チームでの大会、全制覇!!
おめでとう。チョイ悪わんぱく軍団。



この日みんな活躍し、いいプレーもあったが、
やっぱり決勝戦での一発が大きかった。
(翌日は不発だったが…)

豪快なスイングのプーさん。
20140915-6.jpg
毎試合頼むよ…


9月15日月曜日、悠悠ホーム杯決勝トーナメント。
予選を勝ち抜いてきた8チームのトーナメント。
当日抽選。
まあ、どこと対戦しても強豪ばかり。
いかに自分たちの力を出し切れるのか?
目指すは2日連続の優勝旗。

20140915-10.jpg

初戦は春日野ライオンズさん。
初回三者三振で切って取り、最高の滑り出し。
その裏・・・
お父さんが来ているとやっぱり違う・・・
20140915-5.jpg

賢志の先制二点タイムリーヒット。
やっぱり毎週頼みますよ…Nコーチ。
(今週末もね。)

ところが、なんでもないフライの落球から再三のピンチ。

ここで土曜日の練習、日曜日の経験が生きた。

とにかく何が何でも…のプレーの連続。
20140915-8.jpg

20140915-7.jpg

なんとか初戦突破。
対戦いただいた春日野さん。
試合もそうだが、試合前の練習。本当に勉強になった。
打てないことを良く嘆くが、基本を教えられていない自分を改めて知る機会だった。
ありがとうございました。

続く準決勝。
北野シャイナーズさん。
今年の西日本県大会で対戦いただき
何もできずに0-6の完敗。

リベンジ・・・
その気持ちで挑戦。

ベンチも一生懸命。
20140915-14.jpg

20人で一生懸命。
20140915-15.jpg

超一線級のピッチャーを相手に
ワンチャンスを作れるか?
そこで一点取れるのか?
1-0での勝利しかイメージできなかった…

ところが、先に先制される。
前回はここからボロボロに崩れていったが
この日はしぶとく守っていた。
攻撃も前回同様結果13三振を喰らったが、
中身は違った。
前回はバット振れますよう~…
今回はなんとか打ってやろう…

ワンチャンス作った。

そこで点が取れなかった。

少ないチャンス、そこで点数取れるのか、そうでないのか・・・
1-0で敗戦となった。
点差以上に力の差はあったが、間違いなくその差は前回よりも縮まっていた。
20140915-12.jpg

北野シャイナーズさん、対戦ありがとうございました。
そして優勝おめでとうございました。


悠悠ホーム杯
第3位。
よく頑張った。 おめでとう。


20140915-13.jpg

20140915-9.jpg


3日間、練習~藤本索子杯~悠悠ホーム杯と繋がった流れ。
忘れないでほしい。

そしてこれに満足しないでほしい。

貪欲になれ。
チョイ悪わんぱく軍団。

充実した3日間でした。

今週末のリーグ戦、大一番が待ち受けている。
頑張っていこう。


番外編・・・
次男坊へ。
2日間、6試合よう頑張った。
ときより『あっ』と思うところがあったが、
その理由も今では分かる。
そして何よりお前もすぐさま立ち直れるようになってきている。
ここ最近ようやく良いも悪いも、らしさ全開。
グランドでは監督と選手。
良いところを潰さず、なおさなきゃならないところはなおしていく・・・
つもり・・・
でやっていくから、もう少し、あと3か月ちょい。頑張っていこう。

長女へ。
度胸だけで公式戦初登板。
もう2度とない兄妹リレー。
最高の思い出…
練習で涙を流すこともあるが、頑張っていこう。

次女へ。
ムードメーカー頼むぜ…
20140915-11.jpg




大台

ここ2年部員が少なく棄権試合も経験し、
大会当日8人で雁ノ巣にも行って太宰府西さんから選手を借りて
試合をしたこともあった。
今年8月の新人戦もエントリーできるかどうかの状況だった。
新人戦はギリギリのところでエントリー。

先週3人の新しい仲間が都府楼ファイターズに加わった。
3年生の翼君、翔君(ツインズ)
そして同じく3年生の康平君。

5年ぶりに20人の大台に乗った。

土曜日がこの3人にとって初めてユニフォームを着ての参加。
しかも6:30集合。
3人とも元気よく来てくれた。
入団して最初が6:30だったので無理を言うつもりはなかったけど
3人とも来てくれた。
あの狭い都府楼グランドにファイターズのユニフォームを着ている選手が
うじゃうじゃいる。
選手の人数を数える。
今までとは180度違う思いで数えた。

試合中、守りの間もベンチを見ると大勢いる。
いや~最高の光景。
この勢いで30人体制を目指そう!!

つばさ君、かける君、こうへい君、一緒にがんばっていこう。

低学年の仲間が増えるタイミングと同時に
日曜日は練習試合。
対戦いただいた永岡ジュニアーズさんに無理を言って
低学年の試合(2015新チーム)も2試合して頂いた。

12人の新チームのメンバーは本当に日曜日の試合を
楽しみにしていた。

もちろん試合なんてまだまだ・・・
でも本当に楽しそうに、夢中になっていた。

そんな中・・・

心南、レギュラー、新チームの4試合にフル出場。
レギュラーの試合でもタイムリーヒット。
新チームではま~だストライクは入らないが一生懸命。
そんな頑張りも目に付いたが、それよりも新チームでセカンドに入ったときに
まわりの選手にいろんなことを逐一指示してる姿が素晴らしかった。
唯一今の6年生と3年生の時からいろんな試合経験をしてきている選手。
心南にはその経験や先輩達が築いてきた財産を引き継いでほしいと思っている。
来年チーム内でやっていかないといけないことはかなりの負担になるだろうが
このまま頑張ってほしい。

拓人、4月に入ってきて少しずつ少しずついろんなことを身につけている。
感情や気持ちを読み取るのが難しいぐらいポーカーフェイス。
でもね、センターに入った時にセンター前ヒットをすぐさまファーストに投げた。
タイミングや送球の遅れがありアウトにすることはできなかったが、
このプレーは成長の証し。
そして打席での構え、大きくは変わらないがほんの少し変化が見えたし、
何より今までに無いオーラがほんのちょっと見えた。
経験少なくこっちも無理を言うが、このまま、この日の気持ちで頑張ってほしい。

愁冶、7月に入ってきたばかり。
ボールを捕ったり、投げたりは随分できる。
しかし、いざ試合になり動きのある中でのプレーは
当然難しい。
そんな中でもガッツあるプレーは6年生にも劣らない。
何が何でもボールを捕ってやろうというプレー。
試合後はユニフォームが真っ黒。
基本の一つ一つ、試合中の動きは今からどんどん教えていくから
頑張ってほしい。

キャッチャー弘美、4年生で女の子だけど
今の状況ではキャッチャーをやってもらうつもり。
体を張ってボールを止めることはまだまだ。
そりゃそうだよね。
スローイングも…
盗塁はオールフリー。
でも耳に残った言葉があった。
『声出して~』って…
一回だけだったけどようやく大きな声で言えるようになった。
女の子には酷なポジションだけど頑張ってほしい。

日曜日の2試合で2015チーム一歩前進。
100歩前進しても勝利という所には届かないだろう。
ならば500歩でも1000歩でも前進すればいい。

土日しか全員集まることがないチームで
チームレベルを上げるには5年生以下12人のレベルアップが必要だ。

数は力なり。
20人でやる時間はわずかしかないが、なんとかそこまで持っていきたいね。

6年生はうかうかしてられないよ・・・


練習試合頂いた永岡ジュニアーズの皆様ありがとうございました。

そしてこの日は全国選抜、九州選抜の筑紫地区大会の日。
太宰府から東ヶ丘さん、太宰府西さんが県大会出場を決めました。
おめでとうございます。
県大会頑張ってください。

2015チームのみんな頑張っていこうぜ。


レギュラーチームは…
もう…
ミステリー…
今週末に期待しよう…

満面の笑みで・・・『ディーーー』

先日の夕食後の会話。

長女のAが
『Cやった~』

元気なく、少し落ち込み気味で・・・
何のことかと思えばスポーツテストの判定。

すかさず嫁が
『Aは練習ちゃんとやってるからすぐBにはなるよ。』
とフォロー。
ん~・・・
俊敏性とか劇的に変わるとは思わないが
多分ま~だ伸びるだろう。

長男は嫁に似てB。
次男は僕に似てA。

そりゃC判定だとやっぱりへこむわな。
でもそれを悔しがっているのか?
そうでないにしても気にしているってことは
今後、大いに期待。

そんな会話をしていると・・・

ちょっと遠目から…

ニッコニッコのI。
ねえ、ねえ、私にも聞いて~って
誘うような笑顔。

どうせIもCだろう。って思い
聞いてみると…

満面の笑みで・・・
大きな声で・・・
『Iはディ~~~!!
って・・・

何がおかしいのか自分で言って自分で大笑いしていた。

Cが一番下の評価と思いきや
さらにその下があったとは…
それを次女がゲットしていたとは…

あれだけの笑顔で
あれだけの大声で
自己申告されると…

『よ~し、頑張れ!!』
と・・・
しか・・・
言いようがなかった…

4人兄妹の中で
一番物怖じしない。
一番度胸がある。
良いところもある。
ソフトボールも彼女なりに頑張っている。
なにせ、ベンチで一人しかいなくても
一人二役で掛け声をできる…
これはある意味素晴らしい…


頑張っていこう!!
ディーーー

次女よ…

賑やかで楽しい時間をありがとう。

リーグ戦第6節

8月31日日曜日

この週末は久しぶりに晴天。
2014太宰府リーグの後半戦。


反省…

この日リーグ戦の第一試合
ライバルチームの試合の1回の攻防をネット裏で観戦。
他チームの保護者と一緒に観戦。
初回、両チームともエースが立ち上がりに苦労していた。
そこで・・・
『立ち上がりはやっぱり難しいですよね。』
『子供達は一生懸命やっているけど、ウインドミルってちょっとしたことで狂いますよね。』
『打たせていいよ~って、簡単に言うけど簡単にストライクなんか難しいですよね。』
なんて会話をした。
その時はライバルチームのエース君に心底『頑張れ~』とエールを送った。

ところが・・・
自分のチームになると…
自分の息子が投げるとなると…

立ち上がりが悪い。
てんでバラバラ。
試合後にまた言ってしまった・・・

本人は一生懸命投げようとしていただろう。
ピッチングの不甲斐なさをバッティングで取り返そうとしていた。

ミーティングで言ってしまった後、しばらくしていろんなことを
思い返した。

試合中に出している声。
打席での目。
マウンド上で苦慮している姿。
その姿、態度に頭にきたのだが、それは表に出ている部分であり
内心は違ったかもしれない。
もし、自分の息子でなかったなら・・・
あんなことは言わなかっただろう。
もっと違った言い回しをしていただろう。
いつも、言ってしまった後に反省…

土日以外に、ボールを握っている。
土日以外に、バットを触っている。
それを見ているし、知っている。
少なくとも試合に対する気持ちはいい加減なものではない。

なのに、不甲斐ないピッチィングばかりを
凡打ばかりを。
そこにしか目を向けられずにいる。

反省…

リーグ戦残り試合、間違いなくあいつの出来が左右するだろう。
どんな状態でもその日のベストに導くのが監督であり、親だろう。

練習は厳しく…
試合は練習でやったきたことを出せるように…
そういう風に導けるのだろうか…
リーグ戦第6節の第一試合は選手に助けられた・・・


第二試合は負傷の飛翼以外全員出場。
低学年、やっぱり練習と試合は違うな~
練習通りのスイング、動きを試合で出すのって難しいね。
経験って、すごい財産。
そして何よりの近道。

久しぶりのリーグ戦、また勉強と反省の1日だった。
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR