FC2ブログ

期待しよう・・・

明日は中学野球部、新チームでの公式戦。
長男の中学野球もあと1年。
早いなあ~…

1年半の間で見に行ったのは3回。
1回は1年生の時の練習試合。
その頃は素直に頑張れよ~って応援する気持ちが大きかった。
2回目は先輩3年生の県大会。
長男を見に行ったわけではない…
3回目は先輩3年生とのOB戦。
2年生1年生の新チーム始動ってことで
どんなもんだろ???
楽しみにして見に行った・・・

ところが・・・

一生懸命さが・・・
がむしゃらさが・・・
何が何でもってことろが・・・
いよいよっていう所が・・・
上手だとか下手だとかそんなのは二の次・・・

試合後の練習を見ていて
正直気分が悪くなった。
野球をなめとる。
教えていただいている監督さんのことをなめてる。

『指導と体罰を混同させている教育社会・・・
 競争の原理をなあなあにしている教育社会・・・
 もっとも、それを助長させたのは僕も同じ立ち位置にいるが
 親なんだけど…
 モンスターなんちゃら。って言葉もあるくらい・・・
 おっとっと道がそれていく…』

長男と部活について話をしたが、
そんなことは一切口に出して言わない。が・・・
行動を見ればわかる。
声を聞けば分かる。
どこかに出ている。
本人は一生懸命さをアピールするが
本気でやっていればそれは自然とまわりに伝わるもの。
上手だとか下手だとか二の次。
やるからにはがむしゃらにやってほしい。
中学生になってから家でバットを振ったのも見たのは
たった3回。
練習で振っているのか?どうかなんて関係ない。
どうなりたいのか?
どうしたいのか?
そこが大事。
あえて何も言わないが・・・

いかん、いかん愚痴が止まらん…

この前あえて次男坊の素振りを見させた。
口を尖がらせながら見ていた。
その後ちょっとだけ自分で素振りをしていた。
でも、それっきり・・・

いかん、いかん愚痴が止まらん…


明日は新チームでの公式戦。

期待しよう。

試合に出るだとか…
結果がどうだとか…
そんなの二の次。

公式戦をやることで…
他チームと試合をすることで・・・

何かを感じて、
変化が表れることを…


大いに期待しよう!!

20140829.jpg

頑張れ…


OBの二人もね…

敦也
もっと自分を出して…
あっ、それからご飯もっと食べなよ。
お腹一杯になってからの御飯茶碗半分ね。

亮太朗
バッティング、いいぞ。
自信持っていけ~。
ランナーに出たらチョロチョロすんなよ。
蛇と蛙なら、必ずお前が蛇になれ。

スポンサーサイト



全日本小学生選抜兼九州小学生選抜大会太宰府市予選

8月23日土曜日
今年から大会名は長~くなったが、通称新人戦。
2015チームの初の公式戦。

毎年、この大会を迎えるにあたっていろんな思いを持って
参加してきた。
楽しみでしょうがなかった年。
大いに期待して臨んだ年。
不安と心配が大きかった年。
ほんと大会前には仕事が手につかないくらい
いろんなことを考えていた。
今年も例外ではなかった。
もちろん、試合になるのだろうか???
過去の27-0の敗戦以上の記録を作ってしまうか???
(今のチョイ悪わんぱく軍団が4年生時・・・)
ソフトボールが、試合をすることが嫌いになってしまうのではないか???
今年は不安や心配の方が大きかった。


でもそれ以上に今年は思うところがった。

今年の初め、太宰府少年ソフトボールリーグの冊子作りの時
毎年選手はそれぞれ目標を書く。
数年見続けている。
ほとんどがチームの目標や個人成績の目標。
これを読むと選手たちの意気込みが見れて本当に楽しい。
ところが今年はとても印象に残る目標。
胸を打つ目標があった。

それは現5年生(当時4年生)の心南の目標。
下書きで  ・・・・・  新人戦に出場する。
この頃部員12人。
上級生が9人、よって夏の試合の参加資格がある選手はたった3人。
しかも5年生一人、4年生一人、そして弟の3年生一人。
心南自身は上級生に交じって試合をこなしていたが、
本心は夏の新人戦のことを心配してたのだろう。
あの目標を見た時には何とも言えない苦しさを感じたのを今でも覚えている。

2月、3月
2014チームの公式戦が始まり、
先輩たちは例年になく順調な成績を残していく中、
夏に向けての部員増はなかなか・・・

4月
13番あゆみ、14番いずみ
ひょんなことで入団した我が家の娘。
15番拓人
何度か体験にも来てくれていて
心南の強い勧誘???で入団。

5月
16番康生、17番大晴
スーパー3年生と1年生の入団。

あと一人・・・

7月
18番愁冶
全国上位の空手家の入団。
すぐさま6年に交じっても遜色ない。

ようやく9人そろった。
リーグ連盟の新人戦登録期限ギリギリで
出場確定。


一人の小学生が言葉に出さない、あの目標が
なんとかかなった。

キャッチボール???
バッティング???
サイン???
ひょっとしてルール???
試合にならないことは百も承知。
でも試合に参加できるとこまで来た。
たった9人だが・・・
てれんこ・てれんこしているが…
ソフトボールを楽しそうにしている。
そんな9人で初めての公式戦。
今年も何とも言えない新人戦となった。

昨日の主役の9人。
チームを作るにあたって課題だとか
カラーだとか、武器だとか
僕自身な~んも思いつかない。

だから・・・
失う物なんてなんもない。

だから・・・
1つずつ、一歩ずつ前進していこう。

頑張れ!!
2015の主役たち。


20140823.jpg

今からビッシビッシ行くぞ~!!

6年生も頑張っていこうぜ!!

充実の夏休み・海・海・海・・・

8月13日からの夏休み、最高に充実した夏休みとなった。

1日目
実家に帰省、中潮だったが大潮並みに干満の差が大きく
恒例の磯遊び。
タコ捕りチーム→メイン:父 サブ:母、長男
ミナ捕りチーム→メイン:母 サブ:長男、長女、次女
アラカブ釣りチーム→メイン:次男
ちょっと行くのが早かったのか、ま~だ潮が下げきっていない。
タコも出てこないし、ミナもいない。
次男がぽつぽつアラカブを釣っているだけ。
晩飯が~・・・
ところが潮が下げきって満ちに変わるころには
ミナも捕れる捕れる。
肝心のタコもひょこ~と出てくる。
タコが仕掛けに足を出してくる瞬間はたまらん。
そこを狙いすましてホコで一刺し。
そっからが格闘なんだけど。
まあ、今年の磯遊びは大漁・大漁。
マダコ8匹。
ミナ3kオーバー。
アラカブ15匹。
もちろん晩飯は捕りたて魚介類メイン。
最高のご馳走だった。
タコの頭をひっくり返すのもおてのもんとなった。

2日目
朝からおにぎり、おかずを作っていざ海水浴。
お盆に海なんて、子供の頃はご法度。
でも、今はこの休みしか・・・
地元の阿〇根大島に・・・
多分帰省中の人なんだろうけど結構な人数。
子供達4人は昼食をサッサ~と取った以外は
ほぼ4時間泳ぎっぱなし。
僕も沖の筏までみんなで泳いでいったが、
1往復でジ・エンド。
体力の無さに、衰えに・・・煙草やめよう・・・か・・・と。
でもその前にビール飲んでたしな…
とにかく、海中にはいろんな魚がいて田舎の海はやっぱり最高だった。
そしてその日の夕方。
アラカブ釣りに没頭中の次男と夕マズメ狙いでまたも磯に。
よう釣れる。マル秘のポイント。
1時間ちょっとで10匹ゲット。
さすがにこの日はみんな爆睡。

3日目
福岡に帰る前に朝から近くの港にアジ子ちゃん釣り。
これも恒例。
少々悪天候。
でも子供たちは目が違った。
集中力が違った。
そんな姿にこりゃこっちも真面目に付き合わなければ。
今回は大漁とはいかなかったが、それでも晩御飯のおかずには十分。
夕刻、ちょっとした渋滞はあったが、無事福岡に。

4日目
長男はこの日から部活。
嫁さんは仕事。
3人の子供達と約束のスポーツ店へ。
ちょっと久留米まで。
何が目的だったかというとグローブの品定め。
すぐに購入というわけではない。
手にとってほんとにどれがいいのか?
ほんとにそれが欲しくなるのか?
ほんとに野球をしてみたいのか?
今までは必要に駆られて仕方なく購入していた道具。
でもこれから先はそういうわけにはいかない。
与えてやった物と欲して手にした物では思い入れが違う。
だから損所そこらのショッピングモールに行くよりはましか。と思い
ちょっと遠出。
結局、欲しがっていた、とあるメーカーのグローブオイルを購入。
店長さんに手入れの方法をしっかり聞いて・・・
午後は親子4人でソフトボールの出稽古。
しけった花火の次男。ようやく線香花火に。
間もなく新人戦の長女、次女は目の色だけはいっちょ前・・・
あと3年かかるか…

5日目
午前は長男所属の学中野球部3年生お別れ試合の観戦。
監督1年目のキャプテンも出場。
望己の最後の公式戦、県大会も観戦したが
この日が本当に最後の中学野球での試合。
スイング、スローイング、面影たっぷり。
表情は最高に楽しそうでちょっぴりお兄さん。
望己、お疲れ様。
これからは野球同様に受験勉強も頑張れよ。
・・・
対戦相手は2年生主体の新チーム。
てなわけで長男含めOB3人出場。
・・・
結果はともかく、その後の練習を少しだけ拝見して・・・
脳みそグツグツ・グツグツ沸騰しそう・・・
てれんこてれんこ・・・
家で聞いている話と180度・・・
上手だとか下手だとかそんな問題ではない。
・・・
拳骨ルールのある少年ソフトの方がよっぽど・・・
(家に帰って長男が苦言を言われたのは想像にお任せ…)
午後は前日同様、親子4人で出稽古。
やっぱり、いいね。
いきなりは変わらないが、監督が僕じゃないと
よく聞こえる耳になるらしい。

5日間の夏休み。
体力のある限り遊んで、いろんなことやって
本当に充実した夏休みだった。
そしてゆっくり子供達を見ることができた夏休みだった。

さあ、明日から仕事・・・

さ~て・・・

8月11日月曜日
先日雨天で中断した福岡小学生ソフトボール大会の続き。
なんとか配車のやりくりをつけて、何とか仕事のやりくりをつけて
いざ雁ノ巣へ。

昨日の雨の影響でグランドも試合時間も変更。
選手たちはだらけるかな~。と心配したが
この日はそうでもなかった。
上級生は試合に向けて徐々にいい顔に。
カルガモ軍団もスペースを見つけてボール遊び…

2回戦は弥永リトルガッツさん
決して気が揺んでいた投球ではなかった。
が・・・
初回・・・
死球、盗塁、そしてワイルドピッチ。
あっという間に先制を許す。
その後は制球も定まりチャンスを与えない。
無安打に抑える。
なんとか早く追いつきたいが・・・
流れは完全に弥永さん。
都府楼もチャンスを作るが相手の好守にはばまれ
相当嫌な雰囲気。
ホームが遠い遠い。
4回の攻撃3番バッターから…
ヒットで出塁。
そこで都府楼の大砲、プーさん。
完璧とまではいかないが良い当たり…
の・・・セカンドライナー・・・
ランナー戻れず、ダブルプレー。
ますます空気が重たくなってきた。
続く5番君。
お得意の泳ぎ打法。
ライト線にツーベース。
続く6番君。
ここでなんとかならないと最近どうにもこうにもの
下位打線。
神頼み…
打球は1.2塁間を抜けてライト前ヒット。
すると・・・
神様がいたのか…
ライトの横も抜けていった。
(もちろん相手に救われたプレー)

重苦しい試合だった。
この試合、気の抜けた感じはなかった。
むしろ、『言わんでもできるやん』ていうぐらい
一生懸命だった。
一生懸命試合をしたからこそ
1点の重みをわかってくれただろう。
しっかし打てないな~。

昼食はさんで
3回戦、那珂イーグルスさん。
パート決勝戦。
その前の試合の雰囲気のまま、いい準備をして臨みました。
初回、3番君三遊間内野安打。
そのあと2塁まで進み。
プーさん、相手エラーで出塁。
ツーアウト1.3塁。
5番君の3球目にプーさん、すすすっ~と2塁へ。
ほんと中途半端なスピード。
挟まれてみようとでも思ったのか???
でもそんな感じではなかったよな~。
そのプレーで先取点。
まあ、しけった花火打線だとこれぐらいしかないか・・・

さてその裏である。
ピッチャー君、スピードもコントロールもまずまず。
どちらかと言えば良い方の部類。
先頭打者にどうしようもない絶妙なセフティーバントを決められ
続く2番打者に四球。
この四球も決して悪い四球ではなかった。
何とか踏ん張れよ~。と思った矢先、
3番打者に痛烈なライナーで右中間を真っ二つ。
スリーランホームラン。
ピッチャー君の顔を覗くと、『よし、まだいける。』
つつく4番打者・・・
豪快に弾き返され2者連続のホームラン。
その後も『バットってこんな音するんだ。』というぐらい
痛打を浴びた。
多分今年最高の被安打数だったと思う。
しかも完ぺきな当たりばかり…
初回5失点、2回にも1失点。計6失点。
今のしけった花火打線では到底打開することはできず
初回の1得点のみ。
1-6の敗戦。

今年初めてじゃないかな…
今までも大敗や完敗を重ねてきたが
自滅することなく、向かっていった結果で・・・
ここまでKOされたのは…

でもこの試合は最後までみんなあきらめてなかった。
よく声も出ていたし、ちょっとしたミスがあっても下を向かない。
みんなで何とか食らいついていった。
声聞けばわかるし
表情見ればわかる
動きを見ればなおさらわかる。

試合後のミーティング。
怒ることはなく振り返るように話をした。
いつ以来だろう。
あんな気持ちでミーティングしたのは…

あとでキャッチャーに打たれたコースや球質を聞くが
決して悪いものではなかったとのこと。
さ~て・・・どうしたのもか・・・
今更不器用な投手にチェンジアップというわけにもいかないし
針の穴を通すコントロール???
今までと違い一生懸命投げて打たれまくったのだから、
対策って…・

しけった花火打線。
こちらは対策急務。
さ~て・・・どうしたものか・・・

空いたグランドで漫才チームの守備練習。
声はレギュラーチームにも劣らない。
ソフトボールを楽しむことはレギュラーチーム以上。
ちょっと楽しみ方が違うが…
この子達で来週末は試合?をしなければならない。
しかもぶっつけ本番。
さ~て・・・どうしたのもか・・・


一生懸命やったからこそ感じたことがあっただろう。
気づいたことがあっただろう。
『気付いた』・・その先が大事だぞ。
頑張れチョイ悪わんぱく軍団。

番外編・・・
『時速200㎞あったけ~ん。』
何の事かというとノックアウト食らったピッチャー君の言葉。
あれだけボッコボコにされたから大丈夫か?と思い
家で少々気を遣いながら話をしていたら、
向こうの〇番の痛烈なレフト前ヒットの事を
(三遊間一歩も動けない打球)
『時速200㎞あったけ~ん』って・・・
はあ~余計な心配だった。
今度『巨人の星』でも読ませてみっか。

10あるうちの1つか2つ。

都府楼ファイターズには今1年生から6年生まで17人の小学生がいる。
あたり前だが、一人一人性格も違うしそれぞれに成長していっている。
その成長過程で反抗期や不安定な時期など一人一人いろんな時期がある。
反抗期に入っているだろうな。とかソフトボールに飽きが出ているのかな。とか
グランドで子供たちと接していればおおよそわかる。
もっと言えばグランドに入ってくる声や表情で分かる。
今とても不安定な選手がいる。
その子の全てを理解できるわけではない。
しかし、都府楼ファイターズの選手。
どうすれば・・・
何を言ってやれば…
正解なんてわからない。
ほとんど間違ってるかもしれない。
時として自分の息子に言うような口調で厳しく言ってしまうことも。
ただ、適当なことは言わない。
それはすぐ伝わってなおさら逆効果になる。

その選手はここ数カ月、今日の試合もグランドに来るまで
そして試合中盤まで、本当の『らしさ』はない。
顔にいろんなものが出ている。
試合中に『お前はソフトボールが楽しいか?好きなんか?』って
聞いたら
『いいえ』って今にも消え入りそうな声。
(監督が強い口調で言ってしまうとそういう答えになるのかな…)
でもたった一つのプレー。
それもチームを救うビッグプレーで表情、声、全てが一変した。
試合後にその選手と話をした。
物事が10あるとすれば9は面白くも楽しくもないこと、
つまらない事、きつい事、嫌な事。
学校生活もソフトボールもみんな同じ。
だから1つか2つの自分が好きな事、ちょっとしたことが
すごく楽しくも面白くも思える。
そんな事を肩を組んで話をした。
笑顔が戻った。
きっかけになってくれれば…
頑張れ〇〇!!

さて本日の雁ノ巣、福岡小学生ソフトボール大会。
そんなあいつのビッグプレーもあり、3度目の出場で
なんとかかんとか初勝利。
過去2回の出場時は真夏の太陽にやられて
熱中症の選手が出ていたが、今日は8月なのに
雨風に寒い、寒い。
打線の方も寒い、寒い。
最近よく見る光景の連続。
なんとかバットに当てて…
しかも器用に根っこに当てる。
(そんな根っこに当てることができるのなら芯に当たらんものなのか…)
逆方向に、しかも結果良いところに転がり虎の子の1点。

たった1点。
だからよく言えば粘りっこく守ったことが勝利につながった試合だった。
初回ノーアウト3塁のピンチ。
3回ツーアウト3塁からセンター前ヒットをセンターゴロにとったプレー。
ほんと奇跡的なディフェンスだった。


でも、良かったよ。
体を張ってボールを止めたキャッチャー。
ピンチにもあきらめることなく淡々と投げたピッチャー(熱投には程遠いが…)
試合前の守備練習ではどうなることやらと思ったセンター、ライト。
みんな何とか今できることをやってたね。
(本音はま~だできるはず…それを見てきたからね。)

試合に臨む姿勢、気持ちはまだまだ。
これからも厳しく、一生懸命頑張っていこう。
そしてチョイ悪わんぱく軍団と1つか2つの喜びを味わいたいね。

おでんと熱燗が欲しい1日でした・・・

おっといけねえ、最後に望夢。
ず~っと不振。
手を抜いているわけでもないし
やっぱり打ちたいよね。
今日の2打席目、フルスイングの連続。
相手投手との根比べ。
あの粘りはすごかったよ。
3塁ベンチから見ていて『打ってやるぞ~』って炎のオーラが出ていた。
あの打席、感動したぞ。
もっとできるから、必ずできるから頑張れ。

み~んな明日も頑張れよ。
(走って帰りたくはないだろ…)

試合も天候もいろんなことも記憶に残る1日だった。



久しぶり…拳骨2発…

8月9日土曜日
本日の大会は台風の影響を考慮して前日には順延決定。
今日は午前中は大丈夫だろうと思い、午前のみの練習。

今日は部員全員1年生から6年生までほぼ同じメニュー。
6年生は明日大きな大会を控えてはいるが、もう特別扱いはできない。
後輩たちも育てなきゃいけないし、もう6年生にはほぼ言いたいことは言ってきた。
自覚を持たなきゃね。


そんで今日はこの選手。
昨年まではグランドに出てくることが精一杯。
グランドに来ても早々に砂遊び???もしくは一人かくれんぼ???
後輩も入ってきて少しずつ変わりつつある選手。
よく、お父さんとグランドで言い合いをしている。
まあ、屁理屈だが…
練習、僕がそばに近づくと気になってしょうがないのか
こっちばかり気にしている。
いいものを持っている。
でも、手を抜くところがある。
(うちの次男坊と似ているような…)
今日の新チームのシートノック。
ファーストで練習。
一つ一つ身につけてもらいたい。
ある約束をして練習。
それができないとき…
拳骨一発。
上級生と同じぐらいに…
そして、間もなくもう一発。

根性はすわってる…

いいものを持っている…

鍛え甲斐もある…

癖も大いにある…

それをいい方向に出してあげたい…

頑張れ、湧心!!
20140809.jpg

6年生、5年生・・
しつこいが…
自覚を持ちなさい…

太宰府天満宮神授旗少年ソフトボール大会

8月2日土曜日
太宰府天満宮神授旗少年ソフトボール大会。

各地域から48チームの参加をいただいた
太宰府少年ソフト主催の大会。

気合を入れて大会準備。
気合を入れて早朝よりグランドつくり。

気合を入れて…
そう、お父さんたちは…

主役の選手はそうでもないのか…
よくわからん。
台風の影響により試合開始も早めて
試合時間も短縮して
9時に試合開始。
さくっと10時には予選敗退。

豪快な一発に沈んだ。
といえば、なんとなく響きもいいが・・・

どんな一週間を過ごしてきたのだろうか。
どんな準備をしてきたのだろうか。
どんな気持ちでこの試合に臨んだのだろうか。
よくわからん。

バットを振り込んできたチーム。
バットをただ振ってきたチーム。
スイングが違ったよな~。
きっとあの子たちは素振りをすることが目的なんだろう。

試合前の準備。
主催ということもありコーチ陣はグランドつくり
僕とキャプテンは開会式。(別会場)
会場に着くと対戦頂いた香椎下原さんは
試合に向けてどんどんギアをあげている。
見渡すと第一試合のもう一チームはどこ?ってぐらいに
し~ん。としているし・・・

自主性とか自覚とか
永遠の課題だ…

6年生、5年生達よ。
振ってこないと怒られる。という素振りならしなくていいよ。
少しでもいい結果につながるためにバットは振るもんだ。
素振りしてきました~。が目的じゃないから。

明日も台風でどうなるかわからないが、
選手の変化を楽しみにしよう。

4人兄妹

8月1日金曜日
初めて…
長男・・中2(野球部・都府楼ファイターズOB)
次男・・小6(都府楼ファイターズ)
長女・・小2(都府楼ファイターズ)
次女・・小2(都府楼ファイターズ)

兄妹4人がグランドでキャッチボール。
長男が次女と次男が長女と。

20140801.jpg

4人でちゃんとキャッチボールになってる。
多分こんな光景はこれから先ほとんど見ることはないかもしれない。

長男、次男がいろいろ教えている。
やっぱり兄妹。
特に長男は初めて妹たちがキャッチボールをするのを見た。
いい意味で少し驚いていた。

そして兄貴達に続けと妹たちも
ピッチング練習。
なかなか様になっている。
20140801-1.jpg
自ら進んでやりたいと言えば・・・
ピッチングコーチとして見るのであれば…
(いいものは持っているが…)


家の中は4人もいれば賑やかを通り越して
うるさ~い。と思う時も…
洗濯もの見ると
誰が洗うんか…
(あっ、嫁だった。)

今日4人でキャッチボールをしている様子は最高だった。
そういえば最近激しい兄妹喧嘩を見ることはないような・・・
いつまでも仲良くね。

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR