FC2ブログ

洗面器

今、浴室で使っている洗面器と椅子。
水色の物。
すっかり絵は剥がれ落ちているが、
ピーターラビットの洗面器と椅子。
式の前に一緒に買ったもの。
今でも大活躍。
今買うとしたら間違いなく100円ショップなんだろうけど。

後はベッドと布団。
これには大金をはたいた。
長男が生まれてからはすっかり僕が独占。

後は…
食器は覚えてないが、食器棚は一緒になって買ったわけではないが、
ずっと使っている。
冷蔵庫はここに引っ越してきてから。
洗濯機も最初のうちは2層式だった。

子供が生まれる前から今あるものって他にあるかな~。
指輪は間違いなくあるけど…

明日は嫁さんの28だか、29だか、30の誕生日。
(子供が4人もいるのに25とは書けない)

明日の朝は、『おはよう』の前に
『誕生日おめでとう』と言わなくちゃ・・・
スポンサーサイト



ザックJAPAN

プロ野球交流戦、ごひいきのチームが2年ぶりに優勝!!
でもスポーツニュースはワールドカップ一色。
特番も多い。(仕方がないね。僕もスポーツ好きだし・・・)

僕も野次馬の一人。
いろんな思いもある。

だけど結構不快なコメントが多い。
采配だの選手のコンディションだの・・・
じっくり推測した上でのコメントはまだしも
大会前と手のひらかえしたようなコメントも多い。

僕もプロ野球を見ていてあーだの、こーだの言う方。
日常茶飯事の中ではあまり気が付かないが
今回の1敗1分けに対するマスコミの報道内容の多くは
気持ちのいいものではない。
ここにきて・・・それを言うのか?

反面教師として良い勉強になる。

もっと身近に…
もっと理解してやって・・・
そのうえで…

プロ野球見ていてひどい言葉を言うこともあるが、
甲子園を見ていてそんなことはほとんどない。

少年スポーツも同じじゃないだろうか。
教え方、言い方。そして状態把握。
結果を結論にして言うのは簡単だけど
いい方向に出なかったときは取り返しがつかないとき。
過去となっている。
後悔ってよくできた漢字。
後悔ってやだな。
後悔ってしたくないな。

とにもかくにも明日のコロンビア戦応援しよう。

その他いろいろ

6月21日土曜日
6月22日日曜日

梅雨入りしてからようやく梅雨らしい日が続きだして
土日もソフトボール日和とはならず…

その他①
『読み違えた…その一』
土曜日の練習、
都府楼グランドでやっていたが、天気予報はとても怪しい。
午前中の終わりぐらいに時より南側から冷たい風が…
梅雨前線が上昇してきたか???
昼休み、いつもはネットやベースはそのままにしておくが
もしかしたら午後は雨で練習にならないのでは…
全部片付けて各自の道具も持ち帰らせて・・・
昼休み、テレビを見ると南九州は大雨。
間もなく福岡も、大雨になるか?そんな思いでちょいと昼寝。
起きてみると外は雨。大粒。
こりゃ無理だな・・・
すぐさま連絡網を回す。
ところが・・・
その直後雨はやんだ。
グランドを見に行くとちょうどいい感じ。
読み違えた…
娘二人が『練習できるや~ん。』
ん・・・いまさら・・・だった。

その他②
『読み違えた・・・その二』
結局午後は練習休み。
お昼のチョイ寝も終了。
ひっさしぶりに銀玉に魂を込めに・・・勝負・・・
出足はまずまず。
今日はいけるぞ~。
と・こ・ろ・が・・・
うまい具合にやられる。
完膚なきまでにやられればすぐにあきらめもつく。が、
『もしかしたら…もしかしたら…きっといいことありますよ。』って
まるでささやきかけるような調子。
結局、いいカモだった。
行った時にちょうど空いていた隣の台が
大・爆・発!!
読み違えた…

その他③
バントっ~。
日曜日は雨。予定していた練習試合も前日に中止。
雨天時にはいつもお世話になっているチームと一緒に練習。
6年生は徹底してバント練習。
ところが、というか、やっぱり全員・・・
ゆる~い球でやらせていたのが悪い・・・
バント練習の在り方を考えさせられた・・・

その他④
お勉強。
珍しく長男が二日続けて自ら机に座った。
『お~っ』
『何があったのか』
僕も何気に部屋に入って邪魔にならない程度に
話をするが、鋭い眼光で鉛筆を走らせている。
いいね~。
いつまで続くのか…
俗に言う三日坊主でないことを祈る…

その他⑤
久しぶりに午後は休み。
そんで夕方も体力十分。
子供達は、いい感じ。
何がって…

それはこの一枚。
20140622.jpg

道具は大切にね。\(^o^)/。


九州小学生筑紫地区大会

6月15日日曜日。
九州小学生筑紫地区大会でした。

チョイ悪わんぱく軍団の最後の地区大会。
そして県大会最後の挑戦。

結果は残念ながら力及ばず1勝1敗で
地区大会突破ならず。

いろんな思いがある。
まずは大いに褒めてあげたい。
5年生軍団で挑んだ昨年から6大会連続で地区大会に出場。
昨夏の選抜大会から3大会連続で地区大会を突破して県大会に出場。
県大会では上位大会ならではのプレッシャーや雰囲気の元
思う存分に力を発揮できなかったが、
都府楼ファイターズというチームにとって過去にない経験をもたらしてくれた。
チームの成長には僕らが教えてやらなければならないことが
山ほどある。
でも、今の都府楼ファイターズというチームは
選手が、選手の力で一つ上の世界をチームに経験させてくれた。
もちろん、卒団した先輩達、先輩コーチの功績も大きい。
3年前、『県大会で一勝』を目標にした。
日にちははっきり覚えていないが、ちょうど新チームに切り替わる前の
年末、翌年の新チームでの練習試合終了後に僕は声に出して言った。
多分、メモリアルパーク杯の予選終了後の練習試合。
当時5年生の南帆や翔太がさあ~いよいよって時。
今のチョイ悪わんぱく軍団が3年生の時。
その時は『県大会で一勝』はなんて夢のまた夢。
その時の5年生達に、はるか遠い?大きな大きな目標?を意識してもらいたっかたのと
ちょうど監督を任せられて一年がたって、どうしなきゃ。ってぼんやり意識しだした時だった。
当然今のチョイ悪わんぱく軍団に言ったわけではない。
それからいろんなことをやってきた。
いろんなチームの良いところをさんざん真似してきた。
経験や実績のない僕からすれば強豪チームの真似をするのが近道と思っていた。
時にはチームに迷惑をかけてきた。
昨年、その1年前から少しずつ少しずつどうしなきゃ。って試行錯誤。
そして少しずつ少しずつ成果が出てきた。
もちろん、選手が頑張った成果。
そして今のチョイ悪わんぱく軍団で長年(たった4年だが)、僕の目標と、夢としてきたことが
目の前に見えるぐらいまできていた。
そしてその可能性を昨年から子供たちにビンビン感じさせられていた。

でも、この日の地区大会で目標達成ならず。夢かなわず。となってしまった。

『県大会で一勝』なんて、なんと難しい事なんだろう。
そのステージに立つまで。
そこで普段通りにできるまで。
まだまだなんだな~。

この日、チョイ悪わんぱく軍団は今できることを精一杯やった。
力及ばず。
例年の前半戦に比べると大いに素晴らしい結果。

でも、満足ではない。
これで終わりじゃない。
今年の目標を切り替えていかなきゃ。

少し距離を置いて考えると
チーム状態(コンディション)を常にいい状態に持っていくことの難しさを痛感。
これはとても難しい。
怪我や体調不良、個々のバッティングの調子、ピッチャーの調子。
そして選手一人一人のモチベーション。
そんなことを全て常に最高の状態に持っていければいい成績が残せるのだろう。
そんなことはチーム力、指導力に尽きるのかな~。
この日の試合も、『あっ』 いつものプレー。って思うことがあった。
いつもの悪い寛太が出た。ってイニングがあった。

いつもの・・・
またか・・・
どうして・・・
って思う所って
僕がわかっているところだった。
そこをうまく教えていかなければ多分成長はないんだろうな。
決して今年に限ってのことではない。
今までもそうだし、来年のことを考えると、何をどうしていけば???
でも、なんとなくこの日の予選敗退でいろんなものが見えてきたというか
また新たにいろんなことを考えさせられるきっかけになった。

選手には言い訳をするな。って言っている。
だからこそ、勝敗やチーム状態に言い訳をしない監督に、なれるのか・・・
厳しさとか厳しくってうまく指導できるのか…
そしてそれを選手に伝えることができるのか…
多分それができるチームが良いチーム?強いチームになるのかな~???

チョイ悪わんぱく軍団へ
次の目標に向かってみんなで歯をくいしばり悔いを残さないよう
頑張ろうぜ。


次男坊との会話

6月12日 木曜日
次男坊との会話。

寛:『今日風呂で髪を洗う時にリンス使ったけ~ん』
父:『え~っ』
  内心(お前の髪で…)
寛:『父さんの洗顔で顔も洗ったけ~ん』
父:『え~っ』  『なんで~?』
寛:『明日は誕生日やけん、誕生日はきれいにしとかな。』
父:『そうだな。誕生日を迎える朝はきれいにせんとな。』

しばらくして・・・

寛:『中学校行ってもボール受けてくれる?』
父:『なんで~?』
寛:『いやあ~ピッチャーやってみたいけん』

・・・今年に入ってから中学いったら硬式野球をやりたいとおねだり中…

父:『ほんとにやってみたいと~』
寛:『やってみたい』
父::『そんなもん監督さんが決めるとよ~』
寛:『わかっとる。でも、やってみたいっちゃんね~』
父;『そんじゃ~、おれもスラッガーのキャッチャーミットをオーダーしようかね。』
寛:『ちょっと待って~できんかったら、もったいないけん、中2になったら買いいよ。』
父:『そんなんやったら買わんでもいいやん。』
寛:『ピッチャーできんでも、自主練でピッチャーの練習やるけ~ん。』

しばらくして…

寛:『どうやったら、うまく投げれると~』
父:『まずは基本やね。』
そこから、身振り手振りで・・・
寛:『そうか~』

ってか、毎週ソフトの練習で言っとるやんけ~。
お前、そのたんびに『あ~だ、こーだ』・・・
口応えの連発。
言い訳の連発。

普段の練習じゃ~
寛:『今日は速いやろ~』
父:『ピッチャーは、コントロールやって』
  『もっと真剣にやらんか~』
寛:『やっとるやん。』
って、
もう嫌気がさすだろうな。って思いながらも、
都府楼ファイターズのピッチャーをやらせたのだから、
本人は渋々だが、
指名した監督として
ピッチャーを任せられた一父親として
半分以上無理矢理にやらせていた。

でも
今日、『中学いっても、また受けてくれる?』
って言われた時には・・・
嬉しかった。
本当に嬉しかった。

ここ2年グランドでは監督と選手、それもピッチャー。
家では親子だが、試合前と試合後は監督と選手。
家庭内でも険悪ムードの原因のひとつ。
夫婦喧嘩の原因のひとつ。
もう~や~めた。っと思ったことも、山ほど・・・


でも、思いもしなかった今日の一言は
嬉しかった。
スポーツマンとしてはてんでダメ。
だけど未熟な小学生の純粋な気持ちは真っ白。

今日は芋焼酎ではなく、冷酒。

いや~もうちょっとこの気分を味わいたい・・・

練習試合とリーグ戦第4節・・・神が舞い降りた…

6月7日土曜日
太宰府リーグの主戦場、歴スポで7チームによる練習試合。
いつもは2面でやるがこの日は3面作り活気ある1日。
いつものリーグ戦とは違う光景で張切りました。

我が都府楼さんは…
ボヤキ・・・
ぐ~っと我慢してきたが、ついに第3試合目に
メガホンたたいて大声が出た。

この日3試合で6失点。
全て、どうぞ・どうぞの6失点。

カーン、カーン、カーンと打たれて、やられた~。
なら、それは仕方がない。

でも・・・
ポロッ、ポロッっと・・・
ビューンと誰が捕るねん。いや、誰が捕れるねん。
やっちまった~。
また、
やっちまった~。
ついにドッカ~ン!!
あ~あ。
本拠地ではないが、都府楼さんが年間一番試合をしている歴スポ。
まあ~ホームグランドに近い。
そこで・・・
星みっつ~・・・
黒星みっつ~・・・


みんな頑張っているんだろうが、
どうしても失点することに慣れてきているとしか思えない。

重症だ・・・

打つ方も…
まあ~これはもともと僕自身期待もしてないし、
どうせ水ものだから…
結果はあまり気にしないが…

どんな素振りをしてんだろうか???
『素振りしてきた人~?』って聞くと
『はい!!』ってほとんどの選手が自慢げに言う。
『ホントかよ???』ってぐらい・・・
ぬ・る・い・・・・

ここで満足とするか???
どうしたものか???
悩むな~。

やっぱり『ハッパ』かけなきゃ・・・

この日、練習試合ならではで、いろんなものを学ぶことができた。
キャッチボール、ひとつ。
うちの選手は暴投すると
一目散に相手と一緒にボールを追いかけることはなく
なぜか?投げた本人は肩を回す。
なぜか?肘を動かす。
何のアピール???
まずはボールを追いかけんか!!!

試合中もバント失敗すると
次こそは~っていう気迫の前に
なぜか?首をかしげる。
何のアピール???
バントは一球で決めろと言ってるやろ~。
バットに当たってぎりぎりファールならまだしも
空振り…
練習試合だからかもしれないが、対戦いただいたチームは
即・交代。
守備でも結果ミスをしたからではない。
その内容で
即・交代。

そんな環境下でチーム内競争があるがゆえに
選手の意識が違う。

怪我のアピール・・・
試合中で言えばデッドボール時のアピール・・・
これは絶対指導する側で見逃してはならないことだが、
アピールの意味が違う。
『どこどこが痛いです。でも大丈夫です。』
言葉で書けばどちらとも取れるが、
どうも違うなあ~。と強く感じた。

まあ、もともと少人数で選手間の競争意識が一番難しいことは
永遠の課題。
それでも、その中でなんとか競争意識を持たせることを
意識してやってきたつもりだが、やっぱり甘かった。
この人数の中でどうやっていくのか?
ま~た難題に改めて気づかされた。


さあ、ボヤキはこれぐらいにして、
Cパート。
最高にいい試合。
将来を期待してしまうというか、
ほんとに無我夢中で楽しく、そして一生懸命な試合の連続。
近い将来都府楼ファイターズを背負うだろう???
3人も今できる精一杯をやっていた。
レベルの違いはあれど今の精一杯をやっていた。
いいね~。

久しぶりの練習試合・・・
良いも悪いもチームにとっては充実した1日でした。


6月8日日曜日
リーグ戦第4節。
レギュラー二人を欠いて正ポジションは
バッテリーと不動の4番、クマのプーさんのみ。
でも今までもそんな中でやってきた。
この日の目標は
『みんなで試合をやる』ことだった。
6年生は後輩を引っ張って、
後輩は6年生についていく。
そんな目標の中、拓人がやってくれた。
最初の守備機会は仕方がない。
計算の内。
拓人はポーカーフェイス。
いい意味でポーカーフェイス。
最初の失敗の意味を強く感じていたのだろう。
だからこそ次の機会、最高のプレーをした。
ま~だ、ま~だノックのフライも10球に1球ぐらいしか取れない。
でも、あの場面でノックでは打てない痛烈な打球をグラブに収めた。
あの打球が抜けていればこの試合の勝利はなかった。
この試合のMVPだ。
正直、ライトにあの打球が飛んだ瞬間、抜かれるな。と覚悟した。
でもよく動いて、打球に押されることなくきちんとグラブに収めて
そして、すぐさま内野に返球。
タッチアップの最少失点におさえた。
最高のファインプレー!!
やっぱり一生懸命にやっている選手は
ソフトボールの神様がきちんと見ているのだろう。

拓人へ。
2014年6月8日 リーグ戦 第4節 星ヶ丘戦
あのライトフライを取ったことを。
そしてあのプレーが勝利につながったことを忘れないでほしい。
そして、やればできるんだ。ということを思ってこれからも頑張れ。

さあ、今週末は6年生最後のチャンス。
後悔はさせたくない。

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR