FC2ブログ

西日本福岡県大会

5月31日(土)
西日本福岡県大会・・・

『試合はチームの発表会』
これが今の実力か…
何を発表したのだろうか???
どうぞ、どうぞで出塁、進塁をゆるし点を献上する。
失点するのが当たり前になってきている。
攻撃…
これまた、素振りを発表しに行ったのか???
5イニング15個のアウトのうち、
『僕はこれぐらいバットが振れますよ。』って
13三振・・・
はて、何回バットに当たっただろうか???
どこどこに来るからまずはそれをどこどこにたたきなさい。
と。
それでアウトになってもいいよ。
って。
でも、必ず見送る。
追い込まれると豪快に素振りをする。
工夫って難しいのだろう。

まあ、なんといっても覇気がない。
試合中『このままでは試合が終わっても、あ~っ、終わった』
ぐらいしか思わんぞ。ってハッパかけるも・・・
やっぱり、『あ~っ、終わった。』
って感じ。

経験値の差。だけだろうか???
確かに昨年初めて出場した時は全く何もできなかった。
2回目は試合前まではいつも通りできた。
今回、試合開始後の5分はいつも通りできた。
少しずつはよくなってるのか???
でもこの調子だと何年かかるのだろう???

今日の開会式で審判の方が
『練習は厳しく、試合は楽しく』ということをおっしゃってました。
僕は、試合は楽しく。ってことばかりに気を使いすぎて
練習は厳しくってことを忘れてたのではないか?と反省。
厳しくって、何も鬼ノックとか、しごきではない。
今日、コーチのみんなが、『返事』だとか『聞く耳』だとか
いろんなことを選手に話をしてくれた。
そう・・・すべて『当たり前』のこと。

『当たり前』こと。
たくさんある。
山ほどある。

もう一度原点を見つめ返してやるしかない。

今までチョイ悪わんぱく軍団はよくやってきていると思う。
いや・・・
よくやってきた。

でも、まだできるはず。
もう一度原点に返って
『A・B・C作戦』
それと
『根比べ』

10ある愚痴と不満をぐっと我慢して
1つの成長を楽しむか…

まあ、愚痴と不満の前に
何を指導しているのか?ってことを僕が反省しなきゃ。
プロスポーツですら、監督一人で強くなったり、弱くなったりする。
小学生ならなおさら。
もう、オーバーワーク???

島美人・・・大事に美味しく飲もうっと。
はあ~っ・・・

スポンサーサイト



運動会と『は~あっ』っていう出来事。

5月25日は水城西小学校運動会。
息子と娘2人の3人が出る。
息子は今年が最後。
前日嫁さんも遅くまで弁当作り。
僕もデジカメの充電確認。
張り切って朝から場所取り。
狙いの場所OK。
そしていよいよ運動会開会式。

よ~し、子供達の写真を撮るか~。って勢いで
子供達を探す。
列の中にいると簡単には見つけられないが、
あゆみが端の列に並んでた。
ラッキー。
カメラを向ける。
そこで・・・

ガーン!!
大失敗に気付いた。
なんとレンズを変えてくるのを忘れてた。
最悪…
こんなの嫁には言えない…
仕方なくシャッター、カシャ、カシャ・・・
(後で確認すると、まあ~拡大すればなんとか…)

さあ~いよいよ息子のリレー。
確か16,17番目。
今年からできた譲り合いシートの前でシャッターチャンスを待つ。
6年生のリレー。
ファイターズの子供たちが次々と目の前を走る。
よ~しっ、シャッターをカシャ、カシャ、カシャ・・・
もうそろそろ息子が来るはず。
ん・・・ん・・・
こっち側を走る子供たちに中に息子がいない…
あれ~・・・

えっ・・・
えっ・・・
気が付くと反対側を走ってる…
ガーン!!
この日2回目の大失敗。
ショック・・・
遠目に一生懸命走っている姿を見れただけでも良しとするか…
でもショック。

最後の組体操はバッチリ間近で目をそらすことなく見れた。
やっぱり6年生の組体操はグッとくるものがある。
真剣な表情。 最高!!
そんな中、ちょっと… いやあ~すっごく・・・
感心した場面が・・・
息子が5年生の後輩に何か声をかけていた。
決して大きい方ではないが、組体操は土台の方。
自分より小さな5年生に声をかけていた。
何を言っているか?わかる訳もなく、帰ってからも聞くこともなかったが、
そんな姿が嬉しかった。

娘達も楽しそうにやっていた。
(走るのはてんで…だったが、よしとするか?)

ファイターズの子供達もほんとにいい顔してました。
ライバルチームの子供達も、知っている子供達もいい顔してました。
体験に来てくれた子供に『おじちゃ~ん』って言われた時はちょっとショックだったけど。
次男坊の小学校最後の運動会。
やっぱり最高でした。

『は~あっ』っていう出来事。
それは昨日の朝の出来事。
長男は試験前で野球部の朝練はなし。
朝、洗面台で髪を洗ってバスタオルをかぶっている長男がいた。
すかさず、
父:『昨日髪洗っとらんのか?』
長男:『いや~洗ったよ』
父:『なんしようと』
長男:『いや~寝癖なおしようと…』
父:『・・・・・・・・』
何も言えなかった。

内心、は~あっ???
色気ついたんか???
お前坊主やろ~もん…
寝癖???

これも成長の証しか???

試験前。
せめて・・・
いやいや習慣付けて…
勉強も頑張らな

グローブが泣くぞ・・・

慣れない土曜日

5月24日 土曜日
今日は水城西小学校運動会準備。
で、登校日。
で、都府楼ファイターズの練習は14:45から・・・
で、4年生以下。

朝おきて、午前中、な~に~をし~よ~お~か~な。

ん~そういえば雁ノ巣で九州大会の福岡市の予選やってる。
午前中だけでも見に行こうかな…
『車使うよう~』って嫁さん。
んじゃ、ダメだ…

朝寝…

昼前、運動会の買い物と精米についていく。
家にいてもやることないし…

買い物は嫌いではない。
いつもは自分が食べたいと思うものを近所の
明〇〇さんに一人で買いに行く。
どこに何が置いてあるか把握済み。
でも今日はル〇エール。
勝手が違う…
嫁の後について
『あれとって、あれとってきて…』
はじめのうちは、まあ、まあ、楽しかった。
が・・・
お客様が多い。多すぎる…
人を避けて動かないと…
まるで東京か…
買い物かごに入れたものを返さないといけない時、
どこに置いてあったけ???
一人でうろうろ・・・
仕方なく店員さんに聞いて返却。
もう、疲れた。
レジに並ぶのやめて車で待機。

昼御飯、久しぶりに嫁さんと…
とある蕎麦屋さん。(ファイターズのお母さんのおすすめ)

ん~。とっても美味しかった。
昼間っから日本酒が欲しいくらい。

ようやく、時間になった。

4年生以下だけ。
少数精鋭 6人。(一人は体調不良で実質5人で練習)
ランニング、体操、ダッシュ。
声は出ているが、いつもと掛け声が違うような・・・
キャッチボールにノックに打撃練習。

久しぶりの感覚だった。

スポーツは小学生に教えるのが一番難しいと言われる。

今のレギュラーチームは
ある程度パズルの組み合わせ。

競争意識。

精神面の指導。
時には、試合を犠牲にしてでも教えるべきものがある。
(なんか大人数のチームみたいだが、少人数・・・)

でも今日の精鋭たちには基本。
まずは、基本。
これこそ根気がいるし、なぜ大切なのか?
理解させるのに頭を使う…

チビ達の練習を見て、少しでも上達が見えると
『すごい』と思った。
『よ~っし、チビ達の試合を組もう』とも思った。
現実はとんでもなく厳しいが…
でもこんなところから小学生のスポーツははじまる。
5.6年生がいない中、ちょっと新鮮で慣れない土曜日だった。

では、今日お披露目の新しい横断幕と少数精鋭たち。

20140524.jpg


最後の練習は
明日の運動会の入場行進でした。


西日本筑紫地区大会順位決定戦とリーグ戦第3節と・・・

5月17日(土)18日(日)、2日間で6試合。

まずは・・・ これから・・・

教育リーグ戦。
少人数でやっていると下級生のデビューがつい教育リーグとなってしまう。
この時期の教育リーグならでは…
都府楼ファイターズを応援するギャラリーはレギュラー戦よりも多い。
今年一番の応援人数。
いつもは『あ~。』とか『え~~っ』とか選手の失敗に落胆する声。
『よ~っし』とか選手以上に気合満点の声が多いが、
この日ばかりは笑い声や黄色い声援が耳についた。
ん・ん・ん・・・
阿部コーチだけは違ったような・・・
『練習通り、練習通り…』
『ミットだけ~』
『腕振って~』
『リリースポイント~』
中盤からは、
『笑顔、笑顔~』って
試合の前半と後半、言ってることが180度違ったような・・・

では、メンバーの紹介。
1番  俊足 巧打         心南  ピッチャー(5年生)
2番  くのいち           弘美  キャッチャー(4年生)
3番  ピアニスト          拓人  センター(5年生)
4番  少林打法          康太   サード(6年生)
5番  マイウェイ・我が道をゆく 湧心  セカンド(3年生)
6番  きんちょうし~       あゆみ レフト(2年生)
7番  我が家の芸能レポーター いずみ ライト(2年生)
8番  入団お悩み中       康生   DP(3年生)
9番  この日入団届       大晴   DP(1年生)
10番 全国レベルの空手家  シュウヤ ショート(5年生)
FP  声を出せ!!         雄也(6年生)

*康生君も翌日入団届を持ってくれました。
 シュウヤ君は体験中。 まだ8人…

本来攻守交代は3つもアウトを取らないといけない。
が、この試合だけは相手チームにお願いして特別ルールを採用してもらった。

何が何でも先攻を・・・
心南がジャンケンには勝った。

さあ~プレーボール。
初回の攻撃。
心南の素晴らしい選球眼で出塁。
その後、打線がつながり・・・ではなく、
WP、WPで1点先取。
その裏。
猛攻を受けたが、なんとか次の攻撃に入ることができた。
アウトは1個だが、5点以上取られたから…
2回の攻撃。
康生が相手ミスで出塁するが、アウトはすべて三振。
2回の守り。
4失点。でもアウトを3つ取れました。
そして3回の攻撃。
なんと4得点。チビ達楽しそう…
3回の守り。
なんと、なんと3者凡退に切って取った。
ショートゴロ、ピッチャーフライ、サードゴロ。
ここでタイムアップ。
5-10で敗戦。

試合後のミーティングもレギュラーと同じようにやらせた。
やっぱり楽しそう…

5年生以下へ。
ソフトボールのルールはこれから覚えていけばいい。
キャッチボールやバッティングも練習していけばいい。
でも、今すぐ君達ができることがある。
それは、『元気よくやること』、『大きな声を出すこと』。
これからも大きな声で元気よくがんばっていこう!!

コーチの皆様、微笑ましく笑って見られるのもあとわずか…
来年はこのメンバーでやりますよ。(まだ人数足りませんが)
ここはコーチ陣の腕の見せ所ですよ…
よろしく。

心南へ。
君は今の6年生と一緒にやってきた。
6年生と同じように厳しいことも言ってきた。
君が今のチームの良いところを引き継いでいかないといけないよ。
大変だけど頑張れ!!

さてレギュラーチームの方は
土曜日
初戦   紅葉ヶ丘さん 3-5 〇
準決勝 シャークスさん 2-6 〇
決勝   釜蓋さん    2-6 ×
筑紫地区大会準優勝。

この日、チームのアップはコーチの皆様ほぼ任せて
全5試合(自チームも含めて)を見て・・・
やっぱりミスが必ず失点につながる。
ちょっとしたミスが失点に。
記録に残らないミスが失点に。
攻撃もやるべきことができないとまず点にならない。
ミスが出た方が負けてた。
やるべきことができなかった方が負けてた。
それは都府楼も同じだった。
打って点数を取ったわけではない。必ず相手ミスが絡んでいた。
連打で点数を取られたわけではない。必ずミスが絡んでいた。

大会終了後、選手にはこのことを話をした。
わかってくれたかな~???
ミスを少なく。ってそれができれば
いうことないか…
おもしろくもないか・・・

チョイ悪わんぱく軍団
西日本筑紫地区大会準優勝
おめでとう!!



日曜日 リーグ戦。
通古賀さん 1-28 〇
大味な試合になったはいえ、
次の塁を取ろうとしない6年生。
アウトカウントを間違える6年生。
未熟。
話にならん。
打撃は水物。
わからんものか…
相手投手をの頑張りを見習え…


太宰府西さん 5-2 〇
一進一退。
熱戦、激戦。
ぎりぎりのプレーの連続。
勝利したこともそうだが、
やっぱり、失点後の粘りが一番うれしかった。
なんでもないミスから失点。
嫌な雰囲気が少しだけ…
でも選手はみんなわかっていた。
みんなでなんとかしようとしていた。
それがベンチから目に見えた。
その気持ちを感じ取れた。
『試合中のミスは全員でカバーしろ!!』と言い続けている。
それを実行していた。
あの日の反省を活かしていた。
それが一番うれしかった。

6年生はこの二日間とんでもなく良い経験をした。
これをわかりやすく、しつこく言い続けよう。

しかし、この二日間は疲れた。
でも、心地よい疲れ…
よし。としよう。


最後に
日曜日は長男坊の運動会。
リーグ戦と重なり応援できず…
OBお母さんから写真をもらいました。
とても凛々しいので
20140518.jpg

来年は張り切って応援行くからね。

野球と勉強、頑張れよ。

そうそう、新しくグラブも買ったことだし

野球と勉強、頑張れよ。







 

西日本小学生筑紫地区大会

5月11日(日)
西日本小学生筑紫地区大会。

土曜日の練習、そしてこの日。
自業自得だが気が重たかった。
多少の不安もあった。

土曜、日曜の練習。
選手の取り組む姿勢に『喝!!』を入れないといけない時間帯も
普段通りには『喝!!』を入れられない。

でも試合では選手たちが頑張りました。
(打つ方はこの際置いといて…)
よく守りました。

ショート 真郷。
セカンド 望夢。
ライト  心南。
練習でできることを試合でもしっかりやりました。

練習でできないことは試合でできない。
練習でできても試合ではできない時もある。

この日は練習通りにしっかり守りました。
打球に対する出足が良かった。
躊躇することなく足が動いてナイスプレーの連続。
この日の2試合は守備力で勝ちました。
『守り勝つチーム』の試合をしてくれました。

もちろん寛太も満点の出来ではなかったが、
この試合をむかえるにあたっての気持ちや精神面を考えると
よく踏ん張った。
寛太は良いも悪いも気持ちがボールに乗り移る。
両方極端に出る。
淡々と、飄々と投げるタイプではない。
だからと言って良いとも悪いともいうわけではない。
この日はやっぱりベストの覇気ではなかった。
でも、なんとかかんとか試合を作った。
もちろんバックのナイスプレーも相乗効果を生み出していた。

よかった。

いつもは結果よりも内容や試合に対する姿勢を重視するが
この日は『勝った』『勝てた』という結果が最も大事だった。
地区大会だったからではない…

選手がこの日の僕が懐いた多少の不安を吹き飛ばしてくれた。
感謝。
やっぱり少しずつ成長しているのか???
(打つ方はこの際置いといて…)

長所、短所は相反する。
でも
良いところを伸ばすこと。

悪いところを直していくこと。
は別次元。
この部分をこれから指導していけるか?
自信はないが、僕一人でやっているわけではない。
選手に感謝。
コーチ陣、お母さんたちに感謝。
他チームの皆様に感謝。

西日本小学生筑紫地区大会2勝。
そして3大会連続県大会出場決定。
チョイ悪わんぱく軍団、おめでとう。
お前たちはすごいね。


この日もう一つ嬉しいことを…

6年生で昨年11月に入団してきた康太。
実は先週、この日を持って退団する意思を伝えてきていた。
あの日の帰りに言われた僕もじっくりと話をすることはできていなかった。

日曜日午前の練習後と
試合が終わって都府楼グランドで話をした。

本当に生真面目に康太なりに考えて
もちろん勇気もいっただろう。
まずは話を聞いた。
でも僕としては最後まで続けてほしい一心で話をした。
伝わったかはわからない。
本人が悩みぬいたことだから『やっぱり』となるかもしれない。
が、話の最後に『もう少し頑張ります』と言った。
嬉しかった。
最後の挨拶の時に選手全員にこの話をした。
当然6年生の仲間は知っていたから。
仲間が悩んでいるときに『思いやり』をもってほしい。
今は15人のチーム。
その15人が『思いやり』をもてたら、
もっともっと都府楼ファイターズは強くなる。
康太、頑張れ!!


最後に楽しかったことを…
この日の最後の挨拶の時、康太の話も終わって本当の最後。
『母の日』について話をした。
皿を洗ったり、洗濯ものたたむとか、肩をもんでやるとか
何かをしなさい。と…
6年生はもう照れくさいだろうが
『お母さん、ありがとう』と言いなさい。と…
すると選手は『え~』とか『別に~』とか…
すかさず、
お前たちの誕生日はどうだ?
お前たちの子供の日はどうだ?
と返すと
『普通~』
じゃ、クリスマスは?
って…

このところ大事な試合が続いて選手には厳しい顔して
『はっぱ』をかけることばかり言ってきていたが
この時ばかりは僕も笑顔で一列に整列した選手も
小学生の笑顔で話をしていた。
ほんのちょっとの時間だったけど、久しぶりに楽しい会話でした。

そういえば湧心『今日は父の日じゃないと~』って。
笑わせてもらった。


寛太。
見えない傷は簡単には治らないが頑張るしかない。
父さんも頑張るから。

加藤杯の後・・・

加藤杯の帰り。
太宰府東小学校からの帰り。
車に乗ってきた息子が
『父さんごめんなさい。』と言ってきた。
私は
『その言葉はチームメイトに言おう。』と言った。
都府楼グランドに戻って挨拶の時に息子を呼んだ。
チームメイトの前で
『今日は一人でソフトボールをしてすみませんでした。』と素直に言った。
私も、もちろん選手に頭を下げた。
その日、家に帰ってもソフトボールの話はない。

翌日、ファイターズは休みとあって息子と二人で約束していた釣りに出かけた。
朝4時に起こしに来た息子と…
普通に釣りをして普通に1日過ごして、でもソフトボールの会話はできなかった。

その翌日もソフトボールの会話はできない。
『素振りぐらいしたら』って程度。

今日、早めに帰ってきてキャッチボールをした。

やっぱり、はじめはお互いにぎこちない。

普段は
あ~だ・こ~だ言い訳する息子。

普段は
体が開いてるの・腕が振れてないの一球一球注文つける親父。

今日ばかりはぎこちなかった。

その後、嫁さんにお願いして二人で食事に出かけた。

そこで少しだけ加藤杯の話をした。
でも、やっぱりぎこちない。
上手く話せない親父と言わんとすることをわかっている息子。
少し遠回りの会話。
少しだけ、あのチームはど~の、こ~の言い出した。
とんでもない上位チームのことを…
少しはいつも通りになったかな…
と思ったが、
帰り道、週末のことを話をすると『行けるかわからん』と
本音が出た。

あの日の後、いろんな方からメールや電話をもらいました。
嫁に聞くと表彰式の前後にも息子に対していろんな方から声をかけていただいてました。
チーム関係者、審判の皆様、他チームの皆様…

勝ち気な性格が出過ぎてちょっとしたことで我を見失う息子。
臆病風に吹かれて試合を投げ出す息子。
それを見てすぐかっときて、監督をいう立場を忘れてしまう親父。
同じ血が流れて血液型も一緒。
親子共々幼すぎる。勉強不足。

いろんな方々にご迷惑をおかけしました。

ご迷惑をかけてしまった皆様に。
御心配いただいた皆様に。
今からできることはもう一度二人で同じユニホームを着て
二度と同じ過ちを起こさないように、
そして今まで通りに頑張ることしかないと思っています。
簡単に性格や気質は変わらないが、最後まで続けていきます。
都府楼ファイターズでの役目を最後まで全うします。


父さんも頑張るから、お前も頑張れよ。


『都府楼ファイターズ』っていいチームなんです。

都府楼ファイターズっていいチームなんです。

最高にいいチームなんです。

まず、選手が、子供達が最高なんです。
常にソフトボールと向き合って一生懸命なんです。
一歩ずつ、一歩ずつ前に前に進んでいます。

コーチの皆様も最高なんです。
毎日毎日大変だけど、一生懸命なんです。
子供達のために頑張っています。

お母さん達も最高なんです。
できる範囲の最高の協力と、何より子供たちにとって大きな大きな応援をしています。

だから…
太宰府選手権(九州大会太宰府市予選)優勝しました。
3大大会、もっと言えば昨年の新人戦から4大会。
全部優勝できました。
完全制覇です。

本当にいいチームなんです。

今日だって、いい試合ができるチームなんです。


足りないのは監督です。
試合中に怒鳴りました。
胸ぐらをつかみました。
背番号をはがしました。

グランドでは監督と選手。
その約束を先にやぶったの私でした。

そんな監督のもとではいい選手は育ちません。

小学生。
家に帰ると普通の小学生。
家に帰ると普通の親子。

それがグランドでできない。

都府楼ファイターズっていいチームなんです。


今日、決勝戦で対戦いただいたチームに皆様。
大事な大事な決勝戦。
みっともない監督で大変申し訳ございませんでした。
選手、コーチ陣、保護者の皆様は最高なんです。
お願いできるのであればもう一度対戦お願いします。
都府楼。が、とんでもない。のではありません。
私がとんでもない監督です。

太宰府リーグ連盟の皆様。
本当に申し訳ございませんでした。
今の選手は素晴らしい選手です。
ひよっこ監督のせいで後味悪くなり本当に申し訳ございませんでした。
所属している子供達は素晴らしい子供達です。
真摯にソフトボールと向き合っています。


都府楼ファイターズっていいチームなんです。

エースになろうとしている選手に対して皆様に指導して頂き
ソフトボールを続けようか?と思っています。

私も試合後にいろいろ指導いただきました。
もう少し、ご迷惑をおかけしますがご指導お願いいたします。

くどいですが都府楼ファイターズっていいチームなんです。

あの監督のもとでは試合したくない。
あの監督のチームはとんでもない。とお思いになっても
チャンスをいただけるのであればもう一度お願いします。

チョイ悪わんぱく軍団、ごめんなさい。






プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR