FC2ブログ

嬉しい事と…感心したこと2…

11月30日(土)
昨日の雨の影響で都府楼グランドはズルズル。
各ベース周りはさらにズルズル。

そんな中での練習で…


嬉しい事。
新たに仲間が増えた。
5年生で今回3回目の参加…
キャッチボールから一からだけど…
ルールも一からだけど…
そんなの全く関係ない。
ソフトボールをやりたい。って顔に出ている。
貪欲にいろんなことを聞いてくる。
同級生もいろんなことを細かく教えているし…
ちょっとマンネリ化してきた中に大きな刺激になるだろう。
残りあと1年だが、都府楼ファイターズに入ってよかった。っと思ってくれるよう
僕も頑張んなきゃ。
同級生に追いつけ追い越せで頑張ってね。
康太くん!!


今日感心したこと…
午後の練習の間、ず~っと、ず~っと声を出し続けた選手がいた。
簡単なようで誰もができることではない。

自然と出たのか???
多分、違う。
声を出さなきゃ。って
出し続けなきゃ。って
そんな気持ちを持ってたから声を出し続けれたと思う。

あたり前のことだけど
今の都府楼に必要なこと…

ついつい勝ち負けのこと、基本プレーの怠慢を
子供達には大きな『怒鳴り声』で話をするが
そんなことができるようになるのが一番大事なことだ。
そんな意識を持つことができる選手は必ず上達する。
最後の挨拶で褒めずにはいられなかった。

頑張れ!! 真郷。


さあ、明日はOB戦。
OBのみんなの活躍が楽しみ…

それと自分も含めお父さんたちの
怪我が…
心配…



スポンサーサイト



ちょっとしたことだけど…感心したこと…

23日はオールスタードリームマッチ。
雄大、真郷以外の選手も太宰府代表の応援とハイレベルな試合観戦の目的で
雁ノ巣ソフト専用球場へ。

午後は都府楼グランドに戻って15:00から練習。
わずかな練習時間。
その中のキャッチボール、クイックモーションの練習。
望夢も一生懸命やっているがどうしてもクイックが遅い。
遅いのには理由があってそれを教えてやった。
(今までも何度も何度も言ってきたと思うが…)

次の日、同じ練習をやっているときに望夢の変化にすぐに気が付いた。
気が付いてすぐ何かを言うことはせずに終わるまでずっと続けるかを見た。
すると昨日言われたところを意識して続けていた。

1日やったからといって急激に上達するものではないが、その姿にとても感心した。
(いい傾向だ。嬉しいね。)

選手には23日のオールスターを見た感想をノートに書かせた。
約束の24日に持ってくる選手、持ってこない選手がいる(怒)。
(そこでまず上達していく選手か、変わらず同じことを言われ続ける選手か二分される…)

望夢のノートには
ゴロを捕ってからのスローイングの速さについて書いてあった。
ハイレベルな試合を見て何かを感じたのだろう。
上手な選手を見て違いを感じたのだろう。
オールスターを観戦させて良かった。と思った。
そして感じたところを意識して練習した姿にとても感心した。
きっと一つ階段を上るだろう。
頑張れ望夢!!

さて、オールスターは惜しくも初戦敗退。
コーチとして一緒に戦わせてもらい、太宰府選抜に選ばれた17人に感謝。
試合中17人が、ベンチが一つになって勝利を目標に大きな声で応援している姿に感動した。
負けちゃったけど、あの場に選ばれて、あの場でプレーできたことが大きな財産になるはず。
一試合で解散となったが、自チームでも残りの試合頑張ってください。

宇美町招待決勝トーナメント

11月17日(日)は先週雨天順延となった
宇美町招待ジュニアソフトボール大会の決勝トーナメントに出場しました。
グランド到着後の抽選会。
各パートを勝ち上がってきた8チーム。
どこも強豪ばかり。

1日たって思うとこの中に都府楼ファイターズがいることが不思議な感じ。



抽選結果は

20131117.jpg

対戦相手はフレンドシップ秋季リーグ準優勝の七隈ジュニアソフトさん。
まあ、この場までくればどこと対戦してもはるか上のチームばかりで
今の都府楼がどこまでできるのか?
不安よりも楽しみが大きかった。もちろんボロ負けも覚悟していた。

天候回復を待って10:30プレーボール!!

初回の攻撃をなんとか1失点に抑えて最後まで試合を作れれば…と思ったが、
いいところなく一方的にやられて6-0の完敗。
まるで大人と子供の試合。

ピッチャーのスピード、コントロール。
野手陣の一つ一つのプレーの俊敏さ。
いつも次の次を考えてプレーしろ~っと言っているが全く歯が立たない。
プレーのスピード、精度が全く違った。
都府楼の未熟なところを徹底して攻められ、出塁を許すと
やりたい放題に走られた。
失点の半分が2塁塁上のランナーを1プレーでホームまで行かれた。
バントも一球で見事に決められっぱなし。
隙を突かれてのダブルスチールも…
攻撃では見事に完全試合をやられた…
もちろん外野に打ち返した打球もなし…

記憶にある中で今年初めてボロボロにやられた。
この試合『自滅』とかいう、そんな問題ではなかった。
『雰囲気にのまれた』という問題でもなかった。
ほんとに手も足も出なかった。
こんなにまでもレベルが違うのか?
全てにおいてレベルの違いを痛感させられた。
チョイ悪わんぱく軍団が一生懸命やらなかったわけではない。
今のチームの良いところ、どんな相手にでも向かっていくところ。
それすら『あっ』という間に奪い取られた感じだった。
こういう場でもなんとか試合になるように…
弱小でも何か武器を持って挑めるように…
と思って1年間、もっと言えば2年間やってきたつもりだったが…

敗戦後、今年一番長いミーティング。決して怒鳴りつける話でなかったが
淡々と思ったことを言い続けた。

結局いつもいつも選手にうるさく自分勝手に指導してきた監督のレベルの差だ。
経験を経験をと考えてやってきたが一番経験が足りなかったのは監督だった。
試合自体もそうだったが、この日グランドに集まったチームの『行動』『声』『練習』
全てが勉強になった。
ついつい『子供が甘い』とか『だらしない』と口に出しがちだが
それはチーム内での見方で外から見ると『あのチームは甘い』『あのチームはだらしない』となる。
今年一番いろんなことを考えさせられた1日でした。

これも経験か…


随分ネガティブになってしまったが、

チョイ悪わんぱく軍団へ

H25年度宇美町招待ジュニアソフトボール大会(48チーム参加)
ベスト 8
おめでとう!!


さらなる活躍ができるように頑張っていこう。


一通の…嬉しいメール。

今日一通のメールが届いた。

今年小学校を卒業と同時に関東に引っ越していった卒団生から…

明るくて、頑張り屋さん。

引っ越しが決まってすぐに病気をして入院。

楽しみにしていた女子選抜も残念ながら欠場。

拳骨をしてたんこぶを作らしてしまったこともある。

現役の時の加藤杯、足が動かずライトで消極的になり

大声で叱って、試合後厳しく指導した。
(涙を流しながら真剣に聞いていた顔が忘れられない…)

公式戦初ヒットを放ちセカンドベースで最高のガッツポーズ。

バント練習でコーチに厳しく指導され、翌週の試合では見事に決めた。

まだまだ、たくさんの思い出がある。

そんなCさんからメールが届いた。

長男坊が都府楼ファイターズに入団して同じチームの子供たちと接してきた。

監督をしてから2年間6年生を送り出した。

ほとんどのOB・OGの近況は耳に入る。気になればこっちから聞くこともできる。

でも、Cさんの近況だけは伺い知ることはできてなかった。

中学校で部活をやっている。

レギュラーを取った。

つらいポジションのことや厳しい練習こと…

携帯の画面で見るとほんのわずか。

でも、言いすぎかもしれないが手に取るように伝わってくる。

何度も読み返す…

嬉しいメール。

頑張ってCさん。

そんなCさんのメールの中に…
都府楼ファイターズで教えていただいたコーチの皆様に、
毎日協力して頂いたお母さんたちに、感謝の言葉がありました。
そして現チョイ悪わんぱく軍団の活躍も知っており、応援の言葉もありました。

上手く表現できないが…

本当に上手く綴れない…

とにかく嬉しいメール。
(ま~た飲みすぎちゃうぞ…ありがとねCさん…)




また…また、やってくれました。

11月9日(土)
宇美町招待ジュニアソフトボール大会に出場しました。

その大会で…

チョイ悪わんぱく軍団

また・・・やってくれました。

リンク2勝!!

そしてリンク抜け。

初めての2日目進出!!

良いところも、悪いところもいっぱいありました。

でも、勝ち抜いた。

それがすごい!!  事…

一番苦手な土曜日の試合。
そして土曜日の第一試合。
今までは仕方ないのか…と
思う所も随分あったが、それを乗り越えた。

もっと言えば大会2日目に進む。ということ自体が
都府楼ファイターズにとってすごいこと。

ほんと。悪いところもたくさんあった。

が、チョイ悪わんぱく軍団がまた一つチームにとって
新しい経験をもたらしてくれた。

今までの経験を、先輩達が残してくれた経験、財産を…
しっかりと引き継いでいる。

2勝した。ということすらすごいな。と思うがそれよりも
感心したのが…

ここ最近、飯塚大会でリンク2勝、そしてタイブレーカーで敗退。
メモリアルパーク杯で1勝1敗、抽選勝ちで決勝トーナメント進出。

チョイ悪わんぱく軍団はいかにリンク抜けすることが大変なことだ。ということを
わかり始めてきていること。

2勝した後、これで決勝トーナメントが決まり!!とはだれも思っていなかった。
これで満足!!とはだれも思っていなかった。
だから、タイブレーカーに向けてのわずかな練習。
そのわずかな時間に集中できていた。
結果タイブレーカーなしで進出できたが、
そう思うようになってきた。そしてその思いを体現できるようになってきたことが
本当に嬉しかったし、成長を感じ、感心した。

個々の成長も山あり谷ありだが目に見えてきている。
何よりその個々の成長が都府楼ファイターズというチームを成長させてくれている。

予定が狂ったのは僕を含め、コーチ陣。
そしてお母さんたちかもしれない。(嬉しい誤算)
子供たちはいろんな経験をしていろんなことに慣れてきている。
そして結果も出始めてきている。
子供たちにおいて行かれないようみんなで頑張っていきましょう。

さあ、明日…明日・・・
明日は何があっても怒らない。
その経験を次にいかせればいい。

こんな土曜日初めて。
脳みそがトリプルアクセル…

第一試合 赤坂ニューファイターズさん 5-1(逆転勝ち)
第二試合 若葉台ブルーサンダースさん 2-4(逆転勝ち)


二つの話

今回は二つの話。
一つ目は

二人の『背番号1』(家族の話)

一人は…長男坊。
1年生大会を前に気合を入れて20131104-2.jpg

背番号1 
20141104-3.jpg

1年生大会ということで出席番号やいろんなことがあり…『背番号1』…
初めての公式戦。
帰ってきてから試合のことを聞くと
4番・ファースト・〇〇〇・背番号1。
打撃成績は1安打・1打点(この際、打数については不問)
『ヒットエンドランも決めた。』とか『盗塁二つ決めた』とか
いろいろ話をしてくれた。  (エラーしたことも…)

楽しかったか?  一生懸命やったか?
そんなこと聞くまでもなく、試合の話をする長男坊の表情で十分伝わった。

今度はこそっと見に行こうっと。
監督と選手ではなく…親として…
頑張れよ!!


2人目は次男坊。
20141104-4.jpg

今年を締めくくる大きな大会。筑紫地区Jr選手権大会。
対戦相手は強豪チーム。
しかも来年、越えなければ上位進出はない相手。ほとんど5年生にして超・強豪。
対戦が決まってから、家を出る前も『絶対勝つ』と意気込んで…

身の程知らずだが、そんな気持ちを持つだけでも大したもんだ。

試合はというと
久しぶりに打ち込まれた。
決して調子が悪かったわけではない。

でも被安打7。
その内、被本塁打3。

常々ピッチャーはコントロールって口酸っぱく言っていることがわかってくれればいい。
  追い込むまでは空振りが取れても強豪チーム相手では追い込んでからは簡単に
  空振りは取れない。
  甘い球は痛打される。
  無駄な四球は失点につながるってことがわかってくれればいい。

まだ逆転できる可能性はある。十分にある。
親バカだが君の球質は劣ってない。  あとは… 
玉磨かなければ光なし。
頑張れ!!

全力投球の後・・・
20141104-5.jpg
爆睡…



二つ目は

二人の嬉しい1本!!(都府楼ファイターズの話)

涙なくしては語れない、嬉しい1本。

一人目は
20131104-1.jpg


今までブログにも書いてきたが…
とにかく努力を惜しまない。
とにかく練習も一生懸命。

なかなかうまく打つことができない。
打てるようになりたい。 だから平日もバットを振り続けてる。
目に見えてスイングスピード、バッティングフォームが良くなってきている。
チームの監督が言うのは賛否あるが
努力できる。という才能はチーム1,2。
(その才能がこれから先一番重要だ。)
チームメイトもその努力を認めている。

その成梧があの釜蓋からヒットを打った。
完璧とまではいかないが、自分のスイングをしてボールをとらえて打ちかえしたヒット。
試合は大敗したが、それを忘れさせるぐらい印象に残るヒットだった。

この1本を機に…と簡単にはいかないが、
努力を続けていることが1本のヒットとして結果が出た。すごいことだ。
だからこれからも頑張れ!!
やればできる!!


涙なくしては語れない、嬉しい1本。

二人目は
20141104-6.jpg


昨年度のOB。亮太朗君。
昨年、都府楼ファイターズに6年生の5月に入団してきてとにかく同級生に追いつこうと
一生懸命頑張ってきたOB。
卒団前の12月。最後となるはずの公式戦が雨で流れて
『とうとう公式戦でヒットが打てませんでした』と言われ、
返す言葉を見つけられずに胸を苦しませてくれた亮太朗君。
『中学にいって野球をする』と聞いた時に
『公式戦でヒットを打ったら必ず報告しろよ。』と言った約束を守ってくれた。
長男坊と同じく1年生大会に出場するのはわかっていた。
どうだったかわからなかったが、その日の夕方電話がかかってきて
『ヒットを打ちました。レフトにツーベースヒットを打ちました』って。

都府楼ファイターズでは打つことができなかった1本のヒット。
ヒットを打ったこと。
それを報告してくれたこと。
本当にうれしく思った。

おめでとう。亮太朗君。
(S岐コーチおめでとうございます。)
これからも中学野球頑張って!!


都府楼ファイターズは筑紫地区Jr選手権初戦で敗退したが
印象に残る1日となりました。

チョイ悪わんぱく軍団、来年やり返そうぜ!!
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR