FC2ブログ

記念!!

今週末は長男の1年生大会。

はじまりは43。

そして1年生大会・・・

いろんな理由があり・・・

20131031.jpg

中学野球部での話を聞く限り、これが最初で最後だろう…

僕の中では背番号の持つ意味ってとても重い。

ポジションはどうであれ、中学高校野球の中でそうそう背負える背番号ではない。

長男、家に帰ってくるまで背番号の理由をいろいろ考えてたらしい。

背番号の意味を分かっている。勝ち取る意味を分かってきている。(今回は違うが…)

少し成長を感じた。

やっぱり嬉しい。

いい記念になりました。

週末は一生懸命頑張ってこい。
スポンサーサイト



続けるって・・・難しい・・・

10月27日 筑紫野市交流戦。

1回休み…

一時停止…

いやいや

振出しに戻る…

ここ数カ月を無駄にする…

元気がない。
声も出ない。
ただ声を出している。
夢中になっている、本気になっている。そんな声…全く無し…
一体感もなし。
守っていてもボールが飛んできてない選手は全く動かない。
他人事。
だから突然飛んできても動けるはずがない。
ある選手に叱咤しても聞いてない他の選手。
他人事。


試合して頂いた相手に大変失礼な試合。

言われてからやる選手は三流。言われてからやるチームは三流。
そんなチームが『勝ちたい』って…
ちゃんちゃらおかしな話。

この数カ月はなんだったのか…

目前に迫った一つの目標。

それを目標にしよう!! と言った選手。
その気持ちはどこに行ったのか…

怒りの感情を持った。
それを飛び越して虚しさや寂しささえも…

今までも何度も何度もあった。
ひどい時は1週間で、1日で、午前午後ですら違った。
今回はいい時が少し長く続いたからかもしれないが…
それを体験したがゆえに…

期待しすぎだな。

この日とあるチームの連勝記録の話を耳にした。
選手にも終わりの挨拶の時に話をした。
どう思ったか?
何を感じたか?
多分何も感じないのだろう…
他人事…

今週は気楽に選抜の練習を楽しもう。



メモリアルパーク杯

10月20日は太宰府主催のメモリアルパーク杯でした。
早朝から日暮れまで選手は頑張りました!!

戦績は1勝2敗1分け
4試合もできました。
いつもはリンク戦が終わると空いたパートで練習か、練習試合をするのですが…

そうなんです。

チョイ悪わんぱく軍団がやってくれました。
1勝1分け抽選勝ち。
内容はどうであれ、チームの目標の一つであったリンク抜けを達成しました。

先週の大会で2勝の後、タイブレーカー敗退。という苦い思いをした翌週に
やってくれました。

初めての パート優勝!!
そしてオープン大会初のベスト4!!
素直に選手を褒めてあげたい。
試合に勝つ。ということに慣れていないチームにまた一つ足跡を残してくれた。

決勝トーナメントでは…
いつもと同じ課題も出て、連敗したが、
決勝トーナメントを初めて経験して初めて見えた課題も出てきた。
この日選手にはそれをあえて言う必要はなかった。
初戦はエンジンのかかりが遅かったが、4試合通して全力でプレーした。
最後まで声を出し続け、一生懸命に…

だから次の練習の時にちょっとだけ言えば分るだろう。(多分…そう願いたい…)

準決勝の後半から疲れが見え始め、三位決定戦ではピッチングフォームもばらばら。
でも最後まで体全体を使って腕を振り一人で投げきったピッチャー寛太。
時々もう一人のあいつが顔を出しそうになったが、
全力投球を貫いたところは褒めてあげよう。
都府楼のピッチャーとしては少しずつ進歩。
でも…
都府楼のエースとしてはまだまだ…
ただのピッチャーで終わるのか?
エースになれるのか?
それは君次第…頑張れ!!  頑張れ!!

他の選手もさすがに最後の試合では気持ちは負けてないが
体力面で疲れの色がありあり。

練習試合なら1日4試合こなすようになってきた。こなせる精神力も体力もついてきた。
でも公式戦を1日4試合こなすエネルギーは精神面、体力面もまだ足りなかった。
この日の経験は僕らがどうこうしてできる経験ではない。
選手が勝ち取らなければできない経験の一つ。
また一つ、チョイ悪わんぱく軍団が都府楼ファイターズにとってすごいことをやってくれた。


この日嬉しいことがもう一つ…

いつも試合後には選手だけで反省会をさせる。
その内容を選手に良かったところは?と聞くと
『成梧が打ったこと』という意見があった。
ヒットを打ったわけではない。
でも『成梧が打ったこと』という意見。
チームメイトが頑張っている。努力している。ということを
みんながわかっていた。
試合中や練習では手厳しいことを…余計ないことを…言っているが
試合が終わると素直にそれを良かったところとしてあげた10人。
少しずつチームワークもよくなってる。
少しずつ『思いやり』をもてるようになってきている。
嬉しい発言だった。

本当に僕も疲れた1日だったが充実した1日となりました。

…番外編…
1.4試合レフトで先発出場した弘美。
  今までは先発がわかると緊張で涙したこともあったが、この日はよく頑張りました。
  でも、これからはもう当たり前として考えますよ。
  抜き打ちでサインのテストします。
  弘美が打席でサインに頭をひねると僕も頭をひねらなきゃならないから…
  しっかりサインをおぼえてね。

2.体験中で助っ人として試合に出てくれたS君。
  いきなりの試合。しかも朝早くから夕方まで。
  三位決定戦でのアクシデント。君がいなかったら、そこで没収試合でした。
  1日疲れたと思うけどありがとう。
  そして6年生ピッチャーのボールを怖がらずにバットに当てたのはすごかったよ。
  そしてセンターの守備についてボールを捕ったのはすごかったよ。
  またグランドで待ってるね。

3.N山スコアラーいつもありがとうございます。
  試合がはじまってからオーダー表のミス…
  びっくりしました。
  3番ピッチャー寛太。
  ではなく…
  3番ピッチャー監督。
  上位大会では指摘された時点で即終わり???
  これからは僕も気を付けます。
  でも、オーダー表に自分の名前があるのを見ると悪い気はしませんね。
  だって3番ピッチャーですから…

最後に…
メモリアルパーク杯恒例の豚汁。美味しかったなあ~。
2杯いただいて…もう1杯を悩んだ。
食べたい。でも。…

そこで…
ソフトボールと同じで後悔はしないようにしよう。
という思いで、もう1杯。満腹、満腹。
メモリアルパーク様毎年ありがとうございます。


秋晴れの中、ソフト、ソフト、ソフトの3日間  2

10月14日(月)
二瀬地区オープン大会に出場しました。
福岡県各地はもとより県外からも出場してくる大会。是非とも参加したい大会の一つ。

2年前、参加した時はぎりぎり開会式に間に合ったのでこの日は都府楼を早く出たつもりが、
やっぱり出遅れ気味。同じ大宰府のチームに聞いてみると出発がもっと早かった。
来年からはもっと早く出よう。

試合のことを書く前に…
この大会は監督1年目の時に出場した大会の中でも記憶に残る大会。
なかなか勝つことが難しい状況で(今も変わらないが)公式戦の貴重な1勝をした大会。
当時3年生の寛太が満塁から逆転の走者一掃のヒットを打った大会。
2戦目、長男が全くストライクが入らず四球の連続で試合後みんなの前でけつを蹴っ飛ばした
監督として最低の振る舞いをした大会。
そんな記憶に残る大会。

さて、試合は…昨日のいい雰囲気を引き継いで…

第1試合 草野クーガーズさん
初回1死2,3塁のピンチ!!
そこをなんとか凌いだの大きかった。
攻撃では相手投手の速球に押されて力負けの打球が続く。
しかし、ミスにも助けられたが、ストライク・ボールの見極め。
そして全力疾走が虎の子の1点につながった。
それを守り切って0-1の勝利。

第2試合 伊岐須少ソフトボールクラブさん
またまた初回ノーアウト満塁のピンチ!!
そこから1-2-3のダブルプレーと三振でなんとか無失点。
その裏1点取ったあと満塁で望夢の走者一掃のタイムリーヒット。
日頃の努力が結果として出た嬉しいヒット。ナイスバッティング。
その後も寛太、雄也の連続ホームランも飛び出し0-10で勝利。

リンク2勝。

決勝トーナメントに進むにはタイブレーカーを勝ち抜かなければ…

タイブレーカーの勝敗は監督の責任。
タイブレーカーは数少ない選択肢の中でどの作戦をとるのか…

決勝トーナメントをかけた試合は槻田ファイターズさん。

試合前
ランナーに指名したのは飛翼。
『暴走気味でもいい。積極的に行け』と指示をした。
先頭打者に指名したのは真郷。
『必ずバントで行くぞ』と指示をした。
オーダー発表後、即バント練習を志願してきた。
今のチョイ悪わんぱく軍団は作戦の意味を十分理解している。
自分の役目をわかっている。

先攻…
2球目で作戦を変えた。
真郷には、打て。のサイン。
なんとかランナーを進めようと。ボールを上から強くたたいた。
芯で捉えた痛烈なライナーがサードのグラブの中へ…
リードをとり打った瞬間に飛び出した飛翼も懸命に戻るが…

次の打者、雄大もライト前に打ち返すがライトゴロに…

その裏の守り…
結果満塁策をとりワンアウトまでいくが前進守備の二遊間をぬかれ
0-1で敗戦。
決勝トーナメント進出ならず…


作戦変更に迷いはなかった… が、負けた…
監督の責任。

試合終了後のミーティングで飛翼、真郷の表情を見ると…つらい思いをさせてしまった。

これから先、チョイ悪わんぱく軍団がもっと力をつけると
こんなことが出てくるだろう。
チームの目標の一つにリンク抜けする。ということがある。
リンクで2勝することは難しい。
リンク抜けすることはもっと難しい。
この目標に向かってみんなで頑張っていこう。

また
記憶に残る大会となった。

秋晴れの中、ソフト、ソフト、ソフトの3日間

10月12日(土)
午前中は筑紫地区Jr選手権の開会式・抽選会。
筑紫地区全チームによるトーナメント大会。

昨年は抽選会前に冗談で『せっかくだから〇〇チームとやりたいね。』と
言っていたら本当に対戦することに…

今年も行の車での中で『どうせなら、〇〇か、〇〇とやってみたいね。』と
言っていたら抽選結果はその通りに…

やる前からあきらめムードで下を向くのか…
それとも巨人の星・星飛雄馬のように目ん玉燃やして頑張るのか…
僕の役目は後者のようにやる気を持たせてチームスローガンにあるチャレンジさせることだ…

筑紫地区Jr選手権の抽選結果は

20131014-1.jpg


午後は歴スポに行って水城西さん、太宰府西さんと合同練習と合同練習試合。
3チームでランニング、アップ、キャッチボール。
いつになく大きな声で、ちょっと緊張気味に…

その後は5,6年生はごちゃまぜで練習試合。
普段それぞれのチームでは守らないポジションもやっていた。
4年生以下は太宰府西さんVS水城西オールスター(バッテリーは5,6年生)

僕はリラックスして見れるようにと、4年生以下を。
水城西オールスターって書くと、とてもかっこよく強そうだが…

元気がない。
打ったり守ったりミスなんかどうでもいい。
とにかく元気良く試合を楽しんでほしい。って思いで見ていたが…
だんだん僕も大きな声で『声を出さんか~』っていうことが多くなった。
都府楼からも心南、弘美が出場。ピッチャーは真郷。
太宰府西さんに完敗。
個々の技術うんぬんよりも、やるぞ。やるぞ。って気持ちの差が大きかった。
校風の違いか??? それともやさしい子ばっかりなのか???
2年後は君達の時代だぞ!!

対戦いただいた太宰府西さん。一ファンとしては楽しみな選手がいっぱいでした。
都府楼の監督としては『こりゃどうしたもんか…』が本音。

あっ。湧心も都府楼から出場してました。

監督というよりも学校の先生か?幼稚園の先生か?
この日一番叫んだ言葉は『ゆ~し~ん』だった。
次男坊・湧心の成長…楽しみ、楽しみ…


10月13日(日)
久しぶりに都府楼グランドでみっちり練習。
午前中は3年生、4年生が体験にきてくれた。
体験に来てくれて僕も嬉しかったが、一番嬉しそうにしていたのが心南と弘美だった。
普段は5年生ばっかりの中、やっぱり同級生がいると楽しそうだった。
二人は練習メニューを変えて体験の友達と一緒に楽しく一生懸命練習しました。
同級生が増えるといいね。

5年生もいい感じで練習してました。
それが翌日の結果に…




藤本索子杯とその翌日・・・

10月6日(日)は歴スポで藤本索子杯がありました。
都府楼を出発する前は…
第一試合前までは…
まだ一度も手にしたことがないメダルを目標にいい雰囲気で
選手たちもその気になっていたが…

第一試合。
出てきやがった。
最悪のあいつが…
スポーツマンとしてあるまじき態度…
敗戦の一つによく『自滅』ということがあるが
あいつがでてくるとチームを、試合を『崩壊』させる。
それぐらい手におえない。あいつが…

対戦いただいたチームに…審判をしていただいた皆様に本当に申し訳なかった。
そしてチームメイトにも…

試合後、監督として親として覚悟を決めて話をした。
ああいう態度をとる選手にしたのは監督の指導責任。
ああいう態度をとる子供にしたのは親の教育責任。

普段の生活の中のソフトボールの会話では考えられない態度。
なぜ???

第二試合。
第一試合とは180度違うあいつに戻っていた。
黙々と全力で投げ込む。
ベストピッチに近い内容だった。
特に言うこともなかった。

なぜ???こうも違うのか???

頭を悩ます1日。

そんな沈んだ気持ちを忘れさせてくれたのがチョイ悪わんぱく軍団でした。
大会終了後、広いグランドでみんなに外野ノック。
(もちろんあいつも)
一生懸命にボールを追いかける。時にはファインプレー。
『難しいのを打ってくださ~い』と大声で言ってくる。
そういえば『かかってこーい!!』って小声で言った選手もいた。
とにかく選手も僕も大声で楽しい練習をした。
選手に感謝。


その翌日…
夕方、同じマンションの#7がカチカチバットを貸してください。と家にやってきた。
只今絶不調。不調が長引いて自信すらも失いつつある。
でも努力は人一倍。
そんな#7が素振りのためにバットを借りに来た。
#7が一人でよく素振りをしているのを知っていたので
ちょっとだけだが指導した。
その間黙々とバットを振る。額から汗が流れ落ちるまで…
友達のお父さんというよりも監督と選手って感じで。
あの表情とバットを振る姿を見るとなんとかしてやりたい。
頑張れ#7。

その#7が200回以上バットを振り終わった後にあいつが帰ってきた。
あいつに#7の話をすると黙って外に出て素振りを始めた。
いやいや感は全く無し。
いい感じ…
そこで先日の試合のことをいろいろ聞いた。
なんで全力で投げない。
なんで腕を思いっきり振らない。
なんで打席でフルスイングしない。

すると…
ニコニコしながら…
思いもよらぬことを淡々と話し出した。
それを聞いて今までの悪態ついた試合を思い出すと
いくつか条件が重なる。

もっともそんなことで許されるわけはないが…
『これはやばい!!』ってことだった。
あの悪態の原因をそんな風に考えたことはなかった。

また一つ良いことを聞けた。
これを聞けたのも成ちゃんのおかげだ。
成ちゃん。ありがとね。
そしてソフトボール頑張ろうね。

大会よりも何気ない時間だったが
努力を惜しまない選手のおかげで貴重な時間をもらいました。

ちなみに藤本索子杯
第一試合 太宰府西さん 2-1敗戦
第二試合 通古賀さん 1-0敗戦

ヤル気のあるうちに・・・

ヤル気のあるうちに…

興味を持った時に…

絵を描きたいと思った時には

色鉛筆やクレヨンを…

自転車に乗ってみたいと思った時には

自転車を…

お勉強に興味を持った時には

問題集を…



そしてキャッチボールに興味を持った時には
20131005.jpg


決して無理やりではない。
自分でほしいと言った。
ほしいと言ったものがおもちゃだったら、どうだったか???
今日どうしてもほしいと言ったので…
20131005-1.jpg


早速家の中でキャッチボール。

すぐに飽きるかもしれないが、

自分からほしいと言って手に入れたもの。

だから遊び程度でいいから興味を持ち続けてくれればなあ~。

青の帽子はかぶらなくてもいい。

一緒にキャッチボールができればいいな。
20131005-2.jpg

このグローブ。

すぐにほこりをかぶるのか?

それともボールの形が付いていくのか?

黙って見届けよう。



もう一人の娘は…
全く興味はないが、いざ姉ちゃんが買うとなるととんでもない駄々をこねる。
仕方なくもう一つ…



ヤル気のあるうちに…

兄ちゃんも勉強にやる気を持ってくれれば…
それが一番なんだけど…
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR