FC2ブログ

2013リーグ最終戦・閉幕式

9月29日(日)
2013太宰府リーグの最終節、都府楼ファイターズのリーグ戦最終戦がありました。

毎年最終戦は気合が入る。
半年以上にわたる長期戦の最後。
6年生後最後のリーグ戦。
場合によっては太宰府リーグの主戦場の歴スポで最後の試合。
戦績はどうであれ最後は勝利で終わりたい。
そんな思いが重なり毎年僕も気合が入る。

今年は6年生不在で例年と違う感覚だったが、違う意味で相当気合を入れて試合に臨んだ。
それは、やっぱり前日の県大会初戦敗退。という結果が大きな原因だった。

実力不足とはいえ不完全燃焼で終わった県大会。
あれよあれよの間に終わった県大会。

せっかく今、チームの良いところが芽を出そうとしている時に
選手は良いも悪いも明確にわからず終わってしまった敗戦後のリーグ戦。
先日を引きづって不完全燃焼のまま試合を消化させたくなかった。
ずるずると、ただただ試合を消化させたくなかった。

試合はというと…
一言…  ナイスゲーム…
細かい指示は別としてとにかく一生懸命に…

対戦いただいた通古賀さん。
6年生主体でリーグ戦も上位で2位も可能な位置につける強豪。
スピード、パワーではどんなに頑張ってもかなわない。
たった一つ互角に戦えるとしたら、気持ちだけ。気迫だけ。
その部分だけを重視して、そして選手がその部分を十分に発揮したナイスゲーム。
70分一生懸命。
一生懸命でもミスは出るが、そのミスで転がるボールを全力で追いかける。
一生懸命だから、全力だから決して下を向かない。
その姿に感心した。
好不調の波が大きい寛太も死球一つだけで失点後も何とか立ち直り、痛烈な打球を浴びても最後まで全力投球。
2-4でリードした最終回。守り切れば、勝利の場面で2点タイムリーヒットを打たれ同点。
そこで崩れる雰囲気もなく同点で迎えた最終回の攻撃。
2アウトになったがあきらめることなく声を出し続けるベンチ。
2アウトから子猿コンビの飛翼、望夢で1点をもぎ取りサヨナラ勝ち。
本当にナイスゲーム。
前日の敗戦を払拭する完全燃焼のゲームでした。

強烈なサードライナーを捕った飛翼。
痛烈なセンター前の打球をセンターゴロにとった賢志。
ライトフライでタッチアップを見事にホームで刺した心南。
緊張の場面できちんとバントを決めた成梧。(2ストライクからサインは大声で『バント~。』)
そして『ホームランを狙って来い』と送り出して見事にとんでもないセンターオーバーを放った雄也。
『試合に出たい。』と言ってきた弘美と湧心。
みんなが一生懸命に70分戦い、リーグ3勝目を勝ち取りました。


試合後の挨拶で通古賀さんのキャプテン副キャプテンが涙ながらに僕のところに来た。
かける言葉が見当たらなった。
結果は1点差だったが、この試合にかける気持ちは引分けでした。
素晴らしい試合をさせていただきありがとうございました。

閉幕式
今年は送り出す6年生がいないとはいえ半年切磋琢磨させていただいた他チームの6年生が
それぞれの監督さんからメダルをかけてもらう姿を見ると胸が熱くなった。
6年生はみんないい表情でした。
今年の太宰府リーグの主役の6年生、お疲れ様でした。

チョイ悪わんぱく軍団。
リーグ戦、3勝11敗。(前期7敗、後期3勝4敗)
勝敗はどうであれみんなが頑張った結果。
リーグ戦大変良く戦いました。 \(^o^)/
またキャッチボールから…いやいや、ランニングから?それとも挨拶から?
とにかく一から頑張っていこう。

スポンサーサイト



第24回九州小学生選抜男子福岡県大会

9月28日(土)北九州のひびきコスモス運動場で行われた
第24回九州小学生選抜男子福岡県大会に出場しました。

県大会のことを書く前に…

9月8日に県大会出場を決めてからOBの皆様、OBの保護者の皆様より
プレゼントや記念品、そして応援メッセージをいただきこの場を借りてですが
お礼申し上げます。
未知の舞台に挑む都府楼ファイターズにとって力強い後ろ盾となりました。
本当にありがとうございました。

さて県大会の方は…
チームの経験値が大きく出た大会となりました。

選手レベルだけでなく…
チームとしても…

もし近年に県大会を経験していたらもう少し違ったかもしれない。
それだけ都府楼ファイターズにとっては新しい扉を開き、
一つ上の世界を目の当たりにした。
一つ上の世界を知る機会を得た貴重な経験でした。

試合も一方的に押され、途中まで完全試合。
投手力。
守備力。
打撃力。
全てにおいて完敗。
『たられば』言ってるようでは変わらない。
今日の試合が都府楼ファイターズの実力。

幸い、まだ時間がある。
一からやり直さなきゃって気づかせてもらったことも収穫。
技術の向上の源には普段の行動、練習に取り組む姿勢が大きく左右することも確信した。
楽しく、厳しくって本当に難しいが、選手に今以上を期待する以上
僕も勉強しなきゃならないし、そこに挑戦していこうと思った。

選手には今年に入ってから県大会で一勝するためには…
3つのことを口酸っぱく言ってきた。
経験したことのない選手に言ってもいまいちだったかもしれないが
今日の敗戦で少しは感じてくれただろうか…わかってくれただろうか…
実感するにはあまりもあっけなく、短い時間だったかもしれないが
今日の経験を次に生かすのか、ただただ県大会に行けてよかったね。で終わるのか…
ここからもチーム力が出るんだろうな…
自分で書いててプレッシャーになりつつあるが、過去にも書いたように
選手に期待する以上、そして選手と共にがんばっていく以上
10のつらいことよりも一つの勝利を喜びたい。

雄大、寛太、雄也、真郷、成梧、飛翼、賢志、望夢、心南、弘美、そして湧心とそして青空。
都府楼ファイターズはまだまだ発展途上。
もう一度みんなで頑張って、もう一度この舞台に帰ってこよう。
都府楼ファイターズには可能性がある。

未知の舞台だから力を出せなかったのではない。
これが実力だ。
そして指導者の実力だった。
敗戦の将が…みっともないが…
大の大人が…みっともないが…
悔しいな。
(時間が経てば経つほど悔しさばかり)

おい!!チョイ悪わんぱく軍団よ。
もう一度挑戦していこうぜ。
この機会を良い経験として来年みんなで喜べるよう頑張っていこうぜ。


最後に…
この日を楽しみに、そして期待に胸を膨らませた保護者の皆様、OBの皆様、OB保護者の皆様
選手たちは今できること、今持っている力を精いっぱい発揮しました。
選手たちが新しい世界を我々に見せてくれました。伸びしろいっぱいの選手達です。

応援ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

悠悠ホーム旗争奪ソフトボール大会と練習試合

9月15日(日)悠悠ホーム旗争奪ソフトボール大会に出場しました。
先週の地区大会が今年ベストだっただけに『5割引き』のつもりで
選手を見ようと自分に言い聞かせて…

第一試合前の練習、特に目につくところもなくまあ普通かな?
寛太のピッチィングもボールが走っていて問題なし。
ところが…
2回の守りで突然の乱調(気持ちの乱調)
思うようにいかないのか?ふてくされる。
自滅のパターン。
ぐっと。ぐっと。こらえて続投。
替えるのは簡単。
交代させて育てるのか?続投させて育てるのか?
7月のリーグ戦第6節でこっちがカッカ・カッカきて勝ちゲームを負けゲームした。
試合後もとんでもない言葉を浴びせかけた。
こっちが同じことを繰り返しては選手は成長しない。
この日はこれから先のことを考えて続投。
(試合が終わってから教えればいい。と半分開き直った)

敗戦色濃厚の最終回。
逆転するぞ~って最高の雰囲気には程遠かったが、とにかく打上げることなく
みんなゴロをたたいた。
相手のミスも重なりなんと4点取ってサヨナラ勝ち。
ベンチで見ていてひっくり返す雰囲気はあまり感じなかったが、ひっくり返した。
この勝利は大きい。
今まで寛太が乱調になるとそのまま敗戦。仲間も雰囲気を変えられなかった。
ひっくり返した内容はともかくあの流れの中で『勝った』という結果が今後に生きてくるだろう。

勝利が一番の薬。
もちろん試合後のミーティングでは大きく反省を促したが、選手は下を向くことなく
次の試合へのモチベーションを高めていた。

第2試合
まあ普段通りに試合を進めたが、相手投手のスピードとコントロールに手がでず、完封負け。
やっぱり打線は水物…
3失点も失策が絡んだ。
少しずつ良くなってきているが守りきれないのが現実。
守りを鍛えなきゃ…

予選敗退後審判が残っていたので選手には体力つくりの一環として、階段ダッシュ。(決してしごきではない)
15,6本やったかな。できるだけ楽しくさせようとしていたが、さすがに最後の方は
選手から笑顔が消えた…そこで終了。
最後は選手だけでは。と思い僕も一緒に階段ダッシュ。
たった1本。なのに息は上がるし、足パンパン。情けない…

9月16日(月)は志免の方に出かけて
志免フレンズさん
亀山リトルファイターズさん
湯町ライオンズさん
シャークスさん
永岡ジュニアーズさんと6チームで練習試合。
最近公式戦が続き練習試合ができていなかったので課題を持って4試合させてもらいました。
公式戦ではイチかバチかの勝負はかけにくいが練習試合だとある程度気楽に試せる。
(なかなかうまくいかなかった… やっぱりまだまだ甘い(怒)…)

そして、いるわ。いるわ。
いい選手がいっぱい。

そしていろんなチームカラーがあって、しっかりしている。
ほんの少し都府楼もいいところが芽生えつつあるが、やっぱりあまちゃん。
昼食後鉄棒で遊んでたのは…全く体操チームか(怒)

4試合の中でいろいろ学ぶべきところが盛りだくさんだったが、
やっぱり基本。それはキャッチボール。キャッチボールが上手なのか下手なのか?
それがアウト・セーフをわけた。
あっ、それとバントもね。

選手にはいつも言っているがこの日はいつも以上に頭に残ったように感じた。
多分変わりつつある傾向だろう…(そう願いたい)
それだけ充実した4試合でした。
それと真郷、初めて2試合に登板。最後はバテバテでしたが、よく投げました。

2日間で2勝2敗2分。
24失点・19得点・失策数:多数。
どうすれば勝ち数が多くなるか?
真っ先にやらなきゃならないことは一目瞭然。

頑張れチョイ悪わんぱく軍団。




笑いの絶えない夕食

9月15日(日曜日)
長男坊は6:20には野球部の練習へ。
次男坊は6:40はソフトボールの試合へ。
当然僕も母さんもツインズも…
次男坊以下は大会にもかかわらず早めの帰宅・・・
皆、風呂入って仮眠…
長男坊も帰って速攻お風呂…

そして夕食

今日の夕食は笑いが絶えなかった。

いつもは騒がしいとか…
うっせー。と思いがちだが、今日はみんなの笑い顔が酒を進ませた。

長男坊の野球部での話。
次男坊の今日の対戦相手に対する長男坊のちょっと前の記憶の話。
ツインズのどうでもいい話。

とにかく笑いが絶えなかった。

平日はそんな話にも笑えることは少ないがとにかく今日は笑えたな~。
やっぱり家族っていいなあ~。

そうそう都府楼さんは、都府楼カラー全開。
毎回全力って難しいようで…

これも経験、経験…
ある程度想定内。

ここからが指導者としての力量が出るのかな・・・
選手と共に僕もチームも一つずつ一つずつ…
明日が楽しみ…

しっかし大騒ぎの夕食。
笑うっていいね。


祝・県大会出場

9月7日 九州小学生選抜太宰府市予選
9月8日 九州小学生選抜筑紫地区大会

何から書こう。
何を書こう。

この2日間とんでもないことが起きた。
チョイ悪わんぱく軍団に感動させられた。

順番に…

太宰府市予選 優勝!!

地区大会へはリーグ事情により出場権はもらっていた。
その順位決定戦。
あいつらにはガンガンプレッシャーをかけた。
今まで試合前にプレッシャーになるようなことは一度も言ったことはないが、
そのプレッシャーの中でどんなプレーをするのか?
見てみたかったし、試してみたかった。

太宰府西レッドファイヤーズ戦 2-3 サヨナラ勝ち

初の決勝の舞台
東ヶ丘ジュニアソフトボール戦 2-10 コールド勝ち

そして
優 勝!!
20130908-1.jpg
おめでとう


20130908-2.jpg
キャプテン、副キャプテンの優勝バッテリー

20130908-3.jpg
はじめてもらった優勝の賞状とカップに群がるチョイ悪わんぱく軍団

本当はこの日、最大級の賛辞を言ってあげたかったが、翌日が試練の地区大会だったのでそのまま解散…
飲んだくれたのはコーチ陣…
いやいや僕だけ???

8日は今年3回目の地区大会。
どこまでやれるのか???

監督1年目…右も左もわからず漠然と終わったような…
監督2年目…初めて県大会という目標を持って選手といろんなことにチャレンジした。
        選手にいろんなことを教えてもらった。
監督3年目…初めて県大会に連れて行ってもらえる。

若葉台ブルーサンダース戦 0-10 コールド勝ち
シャークス戦       0-1 サヨナラ勝ち

祝・県大会出場

この日はチョイ悪わんぱく軍団がちょっとだけ頼もしく見えた。
客観的にみると別チームのような…
たった10人。
でも今日の2試合は20人いるかのように大声を出し続けてた。
今持てる力を100%出し切った。
このチームはもしかするとプレッシャーを力に変えることができるチーム???
(褒めすぎか…)

みんなが雰囲気を作って
みんながヒーロー。
みんながMVP。

おめでとう!!
感動をありがとう!!
やっぱり嬉しいね!!

チョイ悪わんぱく軍団
自信を持っていいぞ。
もっと言えば天狗になってもいい。
天狗の鼻を折られてまた成長すればいい。

最高の2日間でした。

20130908-4.jpg


20130908-5.jpg


反省点は今度の練習からしっかり取り組んでいこうっと。

無駄なことはない

今日(9月1日)の午後
いいなあ~と思っていていつか近くで見てみたい。と思っていた
女の子のスーパーエースとうちの次男坊が並んでピッチィング練習をさせてもらった。
姉御肌のお姉ちゃんがいろいろ教えてくれる中、はじめのうちはいつものように
ふて腐れ気味の寛太。僕にぶつぶつ言ってくる。
でも時間がたつと聞く耳を持ち、時より笑顔。
いい機会でした。
本当にいろんなことを言ってくれて、教えてくれた中で
『ピッチャーはやる気と根性。そして笑顔。ピッチャーは楽しまなきゃ』って言葉が印象に残った。
『ピッチャーって大変だけど三振取ると楽しいでしょ。試合に勝つと嬉しいでしょ。』って
『頑張ればいいピッチャーになるよ。』って笑顔満点で話をしてくれてた。
もちろんあいつはにやけた…
いい時間でした。
機会があれば年内に対戦したいな~

都府楼さんはというと…
いまいち…
リーグ戦前のキャッチボール、雨の中ボールが滑る。思うように投げれない。
それは仕方がないとしても…

多分晴天であっても同じだったんだろうな。
元気もない、声も出ない。
いい時の声、表情、目。それとは大きくかけ離れていた。
難しいなあ~
褒めて伸ばす。と甘やかせる。は大きく違う。
難しいなあ~。

今度の地区大会。来年どこまでやれるか?試金石となる。
技術面の差はあまり気にしないが、メンタル面がどこまで強豪チームに通用するか???
期待や楽しみ。と心配と不安が入り混じる。
さてさて、どうなることやら・・・

しかし、週末のたびに雨とは…(涙)
プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR