FC2ブログ

2018夏休み

2018年夏休み。
実家に帰るのはお盆と正月。

今回も?
娘二人と帰省。

初日、夕マズメ・・・
20180815-1.jpg

20180815-2.jpg

大漁とはいかず

翌日、朝マズメ・・・
20180815-6.jpg

20180815-7.jpg

ぼちぼち・・・

おかずには十分の釣果。


そして・・・
もう今年が最後かな?
恒例の磯遊び。

20180815-9.jpg

今年は潮もよく・・・

そして一人前になり・・・
20180815-8.jpg

大漁!!
20180815-10.jpg

嘘のように捕れる捕れる・・・

20180815-11.jpg

20180815-12.jpg

やっぱり・・・潮・・・だな・・

タコ刺し、タコ天、そしてタコ飯・・・
20180815-14.jpg

アジ子のから揚げも・・・

最高の夏休み?
娘二人も頼もしくなり、少し成長を感じた夏休みでした。



次男・・・
野球漬け・・・
20180815-3.jpg

20180815-4.jpg

20180815-5.jpg

ピッチャーができる喜びから、どうやら次のステップに進んだようだ。
入門編終了、これから基礎、基本の繰り返し、積み重ね
そしてたゆまぬ努力。
一球でも多くマウンドで投げれるように頑張れ。


今年の夏休みも終わり、仕事にソフトに頑張りますか。


スポンサーサイト



3人で出席。

親子での出来事。

6月10日 日曜日
交流頂いている隣町のチームにお願いして
終日練習試合。
充実した一日を過ごした後、親子3人で出かけました。

出かけた先は
20180611-6.jpg

春日市長杯開会式・抽選会
20180611-5.jpg

この大会偶然にも長男、次男の時も参加。
長男の時は南帆と翔太で行って終了後、サーティーワンでアイスを食べた記憶が・・・
次男の時は雄大と寛太と行って終了後、びっくりドンキーで腹いっぱい食べた記憶が・・・

そして娘二人と最後の年も参加することができました。

立場は監督と選手。
でも今年は不思議なもんで気持ちは親と子。

開会式、長女はキャプテン席。
20180611-8.jpg

同じ太宰府リーグの・・・そして同じ小学校の友達と同じ席に・・・

どこのチームが予備抽選でどのパートだとか?
壇上で何を言おうか?などそれなりに楽しそうにしていた。

同じ小学校でそれぞれライバル。
・・・年末の学校対抗、楽しくできればいいな・・・
20180611-4.jpg


さてこちら・・・
20180611-7.jpg

保護者席に座って独特の感性でよくしゃべる。
・・・でもよく知ってるんだな~ってことも・・・
だてに長くソフトボールチームいるわけではなかった。

そして抽選会。
抽選後の壇上で長女、しっかり本大会の目標を言えるかな~
なんて少し心配でハラハラしていたが・・・
いや~驚いた。
思いの他しっかりとはっきりと自分の言葉で発表していた。

20180611-3.jpg

20180611-2.jpg

そして本抽選が終わった後、トーナメント表作成中のお楽しみ抽選会。
なんと都府楼も抽選に当たりアクエリゲット。

そしてまたまた長女が壇上に・・・
ちょっとだけ監督をやっていることもあり
娘に対する質問も答えにくい事が・・・
『誰ときましたか?』
『監督は優しいですか?』
娘『・・・・』
『最後に監督に感謝の言葉を・・・』
娘『ありがとうございます』・・・
思わず席を立って壇上に一礼。
まあ、その前に野次馬のごとく
『大きな声で~』なんて言ってしまったが・・・

春日市〇○チームの○○監督本当にありがとうございました。
最高の思い出となりました。

さて、ちょっとだけ真面目な感想を・・・
この開会式、各チームのキャプテンは決められた席に座っていたが
さすがは6年生、そしてキャプテン。
開会式の来賓等々の長い話の中でもしっかり話を聞いて
お喋りやざわつくこともなくきちんとしていました。
6年生だから?
キャプテンだから?
ではなく、今の都府楼ファイターズの選手全員このような場に行っても
しっかりできるようにしたいと心底思った。
それもチーム力。


今年はなかなか成績残せず、まわりは地区大会や県大会。
そんな日程さえ忘れ、例年よりも随分早く新チームのことを考えている。
礼節、規律においては上級生、下級生、先輩、後輩は当たり前。
しかし真剣勝負の世界においてはそれは別物。
その全てを含め厳しい世界、競争社会をスポーツをやる上で
指導していかなければと思っている。
チームを率いる監督としては現状も考え、先も考えるのは当たり前。
幸いに今年の6年生は娘二人のみ。
余計なことを考えることも少ない。

あの鈍くさい二人がなんとかかんとかソフトボールができ
そしてなんとかかんとか試合ができるのも後輩にそして先輩に恵まれたからだ。
いよいよ息子娘とやってきたソフトボールも最後を迎えるにあたり
初めてかな?
親としての感情が出てきたのは・・・
(長男、次男との時は違った感情が爆発しまくっていたが・・・)

この日結構な一日だったが、同じユニフォームを着て
周りから見る立場は監督と選手だが
出席したのは親子3人。
ほんの少しチームに携わってきたご褒美と思える一日でした。

成績は厳しいが娘二人が例年同様なにか?
後輩たちに次年度に残せるものができるよう親としても頑張ろうと思った一日でした。


・・・もう一つのご褒美・・・
さっきOBコーチから一枚の写真と報告がありました。
もう3年前になる。
リーグ戦全敗。
必死になってもがき苦しみ戦い、苦い思い出が多かった当時の自慢の6年生3人。
中学生になって野球を続け、頑張っていることはチラホラ耳にしてました。
そんな3人、中学野球最後の年、中体連を前に優勝の報告がありました。

20180611-1.jpg

都府楼ファイターズ時代には味わえなかった経験をしただろう。

心南、愁冶、温人おめでとう。
残りあとわずか頑張れ~。
(甘太郎と呼ばれた1年生達も頑張っているとの事…)


自分自身ご褒美と思えることがまたあるように
頑張りますか・・・
野球の勉強とバトミントンの勉強もしなければ…






GW最終日

2018年のゴールデンウィークも4日まではソフトボール三昧。
5日と6日は盆、正月を除いて初めての連休。

5日は快晴。
娘二人は午前中に次男の練習試合をほんの少しだけ観戦して
母さんと海ノ中道海浜公園。
昨年は僕と3人でマリンワールドだった。
早いものだ・・・
子供の日、夜は皆で美味しいものをと考えていたが、
次男、練習疲れで娘二人と僕の3人で食べたい物のはしご・・・
いろんな会話が弾む。

そして6日GW最終日。
出かけた先は雁ノ巣レクレーションセンター。
娘と同じ学校の同級生二人とそのお父さんたちと7人で雁ノ巣。
ソフトボールがもたらしてくれた縁。
・・・
ソフトボール馬鹿とは言わないが、皆ソフトボールが好きなのだろう。
若干一名次女を除いては・・・

同じ小学校、運命のいたずらか?
何故かそれぞれ違うチーム。
この子達が同じチームだったら?
なんて一度か二度は考えたことがある。
少しは強くなるとかそんなことではなく、子供達がもっと楽しくできたのかな~なんて・・・
しかし、今の状況があるからこの立ち位置もある。
不思議な感覚だ。
まあ~今年は学校対抗があるからその時まで楽しみはとっておこう。

さて、この日雁ノ巣。
全日本小学生福岡県大会。
・・・私服ではなくやはりユニフォームを着ていくものだ・・・
同じ太宰府リーグの2チームの応援と
北九州のスーパーエース、スーパー女子を見るのが目的だった。

小雨の降る中、東ヶ丘さん、太宰府西さん頑張ってました。
大きな声は出せませんが、太宰府の代表を応援しました。
グランドを移して第2試合でいよいよスーパー女子の登場。
昨年見た時よりもさらにスケールアップしてました。
ところが雨が激しくなり1回途中で中断、中止。
残念。
でも大雨の中オーラありありでわずかではあるが見ることができました。
長女は何を思っただろうか・・・
なんでもいいんだけどな・・・
ほんとに何でもいい・・・

この日雁ノ巣へ行って
県大会常連チーム。
そして本大会に進出してきているチーム。
同じ大宰府のチーム。
いろんなチームを見て
都府楼は何が足りないのだろうか?
なんとなくヒントになるものがやっぱりあった。
その差は大きな~
一年間挨拶の練習のみにするか・・・
(都府楼のことを書きだすとボヤキになるので・・・やめよう)

大雨で中止の後は
予定通り志賀島まで行き
海鮮丼の有名な店で昼食。
地魚が美味しい店。
7名中6名は刺身定食や海鮮丼。
若干一名、次女は天丼・・・
あいつらしい・・・

小学生最後のGW、最終日もソフトボール。
一緒に何かを一生懸命、二人三脚、三人四脚でやるのも小学生まで。
もっと違った休みの過ごし方もあっただろうが、これもこれで良し。
娘二人にはずっと先、思い出となった時に言われるだろうな。
でもそれも思い出の一つ・・・
親のエゴか・・・

この日一緒に行動した同じ小学校の四人。
ソフトボールが縁で行動した四人。
対戦時は敵味方だけどいつまでも仲良くね。

子供達の成長と時の経過を感じたGW最終日でした。

戻りつつある笑顔・・・

小さい時から何かない限り、兄ちゃんがやっていたソフトボールに
付いて行ってた娘二人。
歴スポでは虫取りや一生懸命遊ぶことを楽しくやっていた。
小学生になってから、とりあえずグローブ。
一緒にキャッチボールをしたいが故の親のエゴ。
時間があれば歴スポでたまにキャッチボールをしたことも・・・
そして少しずつ・・・道具がそろって・・・
決してゴリ押ししたこともなく、自然の流れのまま
都府楼ファイターズの一員に。
ただ体力をつけてほしいとか、健康になってほしいとか
スポーツを通していろんなことを学んでほしいという想いだった。

いろいろあって長女の方が次女より何事において
先行していた。

遊びでやっていたピッチャーごっこでも
あれっ?て思うボールを投げていた。

その頃から少しずつ試合の出場機会もあり
結果はそりゃ出ないが、家に帰ってくると
楽しそうに話をしていた。
5年生になった4月ぐらいまではたまに出場する公式戦、
ジュニアチームの練習試合も結果はともかく
今できることをやって、少なくとも嫌でしょうがないといことはなかった。

ところがその後、どうも様子がおかしくなった。
5年生2人。
どこもそうだが、間もなく迎える新人戦に向けてのチームつくりも進む中、
プレッシャーを感じ始めたのか???
次女との練習量の違いに彼女なりの不満があるのか?
(甘えたことだが双子ならではなのだろうか?)
いすれにせよ春先までの感じとは180℃反対の雰囲気になってしまった。
家でやる練習も嫌々。
都府楼の練習も嫌々。
よかクラブも辞めたい。と・・・

その変化に気づきつつもグランドでは監督と選手。
甘やかすことはできないし、来年最上級生としての
自覚を則することをしっかり教えていかなければならない。

グランドでは監督と選手。
やはり厳しく・・・
でも家に帰ってユニフォームを脱げば親と子。
親としてのフォローができてなかった。
その娘の変化にありがたいことに他チームのコーチや
審判団の方からいろんなアドバイスを頂いた。
グランドでの接し方、家での接し方・・・
試行錯誤・・・
(息子達とは違い、やはり難しい…)


そんな日々が続いたが、先週の日曜日
ようやく練習中に少し笑顔が出てきた。
思うように投げられなくとも『嫌でしょうがない。』という露骨な顔ばかりではなかった。
そして今日、コミュニケーションを兼ねたボール遊び。
いい顔して投げていた。
『笑顔』がでてきた。
グランドでは監督と選手。
そこは変えられないが、親としてのフォローが足りなかった。
これから先もグランドでは他の選手同様に
なんちゃって監督として理不尽な事ばかり言ってしまうが
親としてもしっかりフォローしていこう。

残り1年半、長いようで『あっ』という間。
一緒に『笑顔』でゴールを切りたい。

今日は家に帰ってきてからも楽しく野球談話。
グローブについてもあれこれ・・・
20170803-1.jpg

20170803.jpg


笑顔で会話ができて嬉しかった。

焼酎がうまい・・・すすむ・・・

よかった・・・

頑張れ娘達。


今日、次女にギャンブル覚悟でグローブを購入。
僕もキャッチャーミット買っちゃおうかな。

今回は『お笑担当』ではありません??

ソフトボールに関しては大抵長女の方が目立ってしまうが、
実は勘の良さでは次女だ。
体力、体感で長女が先行しているが、
何かをつかむ勘の良さは次女も負けていない。

20160817-1.jpg

20160817.jpg

フォロースイングの腕の使い方はまだまだだが、
上半身の力がない分下半身の使い方は随分良くなってきた。

天真爛漫、我が道をゆく次女。
その気にさせれば伸びるだろう。
(それは随分先になるだろうが・・・)

こうしたら?
こうしたほうが?
と言うとその気になって張切って少しずつ前進。

グランドとは違い家では親と娘。
せっかくだから少しは上手になってほしい。
頑張れ、お笑担当!!

長女はというと・・・
この子は次男坊とそっくり。

次男坊・・・
ブッツ、ブッツ、ブッツ、ブッツ言いながらやっていた。
長女・・・
泣きながら黙々と会話することなくやる。
だから、教えることはできないが
『やめていいよ。』というまで泣きながらやっている。
これはこれでいいか???


グランドでは監督と選手だから甘い目では見れないが、
家では親と娘。
せっかくだから少しは上手になって活躍してほしいし
何より、スポーツをやっていて良かった。と
遠い先に思ってくれればなあ~

今日は焼酎が美味しかった。

プロフィール

4人の父さん

Author:4人の父さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR